のんがLINE NEWSのオリジナル連続ドラマで主演「今までで一番クズ」



 メッセンジャーアプリ「LINE」のニュースサービス「LINE NEWS」がオリジナル連続ドラマ第1弾『ミライさん』を配信することになり、主演を務める女優ののん、本郷奏多、堀内敬子が22日、都内で会見した。

 ささやかな日常を描くホームドラマ。のんは、ニートだが自称革命家で「人間が働かなくてもいい未来」のために働かず毎日ジャージ姿でゲームばかりしているヒロイン、ミライさんを演じる。

 のんは役に合わせて赤いジャージ風のドレスで登壇。ミライという役どころについて聞かれると「今まで演じさせていただいた役のなかで一番クズだなあと思う役だった。どうやったらおもしろくなるんだろうと考えるのが楽しかったです」。

 本郷は妹をサポートする妹に弱い兄、堀内は優しく家族を見守る母親を演じている。

へごどん、ななな何ですか、それ
 家でゴロゴロしているミライに怒る父はマキタスポーツが演じるが、都合が合わず欠席。「まさか恋人役をできるとは思ってなかったです、ねえ、のんさんと…」と始めたビデオメッセージでは、現場では「ミライにはかなり振り回された……」とポロリ。

 会見でも、のんが原始人になったシーンで食べた「肉がおいしかった」ことでプチ盛り上がりしたり、本郷を大河ドラマ『西郷どん』にちなんで「へごどん」と呼ぼうとしていたエピソードで本郷と堀内を翻弄。本郷は笑いながら「へごどん?うん?……おっしゃることが良く分からないですが」などとぴしゃりとやっていた。

 テーマは「明るい未来」と谷口チーフプロデューサー。「アホみたいなミライの家族を見てね、もうちょっと生きてみようと思ってもらえたら成功かなと思っています」。

 本郷は「すごく気楽にみられるドラマ。何も考えずに見たいただけたら」と、PRしていた。

 ドラマの配信はLINE NEWSのニュースタブ上で行う。初回は9月8日20時で、その後も毎週土曜20時に最新回が配信される。全5回。

倍率200倍!『Fukushima 50』プレミアで佐藤浩市、渡辺謙ら「明日への遺産に」
HIRO「日本代表としてのパフォーマンスを」。五輪聖火引継式リハーサルが公開
新田真剣佑、舞台挨拶で30秒小走りチャレンジに「無理無理…面白すぎ!」
新田真剣佑が北村匠海に「きれいな顔してたね」映画『サヨまで』舞台挨拶
モトーラ世理奈のびっくり発言に監督が「来てくれてよかった」映画『風の電話』舞台挨拶
佐藤大樹「気づいたら裸になってた」ファースト写真集『STEP BY STEP』発売