くっきー「圧倒的にお金がもらえるので、今年はMC狙います」

 野性爆弾くっきーのポップアップショップ「超くっきーランドSHOP」のオープン会見が10日に行われ、くっきーは自身の人気キャラクター・未来歌舞伎眼力丸の姿で登場した。同ショップは、くっきーが芸歴24年の中で生み出してきたさまざまな作品を公開している展示会「超くっきーランド」初のポップアップショップで、1月27日まで東京・渋谷のn_spaceで営業する。

 くっきーは、会場に入るとすぐに今年の抱負を披露。「実家に白アリをまくんだもの にくを」と書かれた掛け軸を手に「実家がだいぶへばって来てるので、いっそのこと白アリさまに食べていただいて、新たな柱を取り入れようと。心機一転という事です。遠回しな言い方しましたけど、新しい何かに取り組んでいこう!そんな年だと思います」とまくしたて、報道陣をけむに巻いた。
 今回オープンするショップについては「吉本興業でいったらNSCみたいなものですかね。お金に目がくらんだというか(笑)。僕には入ってこないです。給料の“ざる小銭”をもらってるだけなので」とチクリ。さらに「(新作の商品も)知らない間に進んでいってるんですよね。僕の知らないところでどんどん吉本さんが大きくなっていってる。承諾はないです。それでこうやって呼び出されて、広告塔のような…。いや、全然いいんです。僕は何にもしないでちょびっとでもお金をいただければ。下積みの時代ですわ。いつまで続くんですかね」と不満を口にした。

「でもこんな渋谷のオシャレな宇田川町に、期間限定とはいえショップを構えられるのはうれしいです。夢だったんです、こういうお店を開くのが」と素直に喜びつつ、「山田邦子さんのクーニーズみたいなショップを作りたいなと。次は嵐山に作りたいです」と、大成功をおさめたタレントショップの名前を挙げて野望を述べた。
 報道陣から最近はコンビでの仕事が少ないのでは?と聞かれると「ロッシーもちゃんと普通に働いてますよ。警備員のバイトかなんかして」と笑いを取り「舞台も営業も一緒です。ただロッシーは“くっきーランド”をやっていた時に、1回も来てくれていない。憎みねたんでいると思います(笑)」と言い、カメラの向こうのロッシーに「ロッシー、おいで」と語りかけた。

 また、白塗りメイクでブレイクした昨年を振り返り「楽しい仕事がいっぱいできたので良かった。ゴールデン番組にもでられたし。なんとなく、ゴールデンはこのぐらいのラインで押さえなきゃいけないというさじ加減が分かるようになってきた」と自信を見せ、「MCのほかに、実は裏で回している陣内(智則)さん的な裏回しというのがあるんですが、今年はその裏回しの裏を回したい。(裏の裏は表では?との声に)そういう事です。本当はMC狙ってます。だってお金もらえますやん。圧倒的に違うらしいです。金なんで(笑)」とMC宣言も飛び出した。
 最後に「“超くっきーランド”では売り切れのアイテムもいっぱいありましたが、そうならないようにしてますので、あきらめずに来て下さい。ここに来てすべてのアイテムをそろえたら、生きていく事ができる。無人島に行かれる方はぜひ来てください」と真面目にアピール。さらに「レアキャラのロッシーがいつか現れるかも知れないので、ロッシー君にも会いに来て下さい」と相方の来場を心待ちにしていた。

 同店では、以前発売した時にファンが殺到したソフビ「チェチェナいつ」の最新ver.を数量限定で販売するほか、メディコム・トイとコラボした「ベアブリック(BE@RBRICK)」や、パンクドランカーズとのコラボ商品も多数展開。これまで海外のみ公開していた吉田ユニ氏との新作コラボ展示も国内初披露される。くっきーの強烈な個性が反映されたぶっ飛んだ商品とアートをこの機会にぜひ見に行こう!
【会場】n_space(渋谷区宇田川町13-9 KNビル1F-3F)
【期間】1月27日(日)まで
【営業時間】 12~20時
【入場料】無料