SearchSearch

“赤血球”永野芽郁、“白血球”佐藤健「史上最少で、最も身近なヒーロー」映画『はたらく細胞』製作会見

2024.06.11 Vol.web original

 映画『はたらく細胞』(2024年12月公開)の製作発表会見が11日、都内にて行われ、W主演を務める永野芽郁、佐藤健と、武内英樹監督が登壇。大ヒット漫画の映画化に意気込みを語った。

 細胞を擬人化して描き、その斬新かつユニークな設定が大きな話題を呼んだ、清水茜による漫画『はたらく細胞』を『翔んで埼玉』シリーズの武内英樹監督が映画化。

 この日は、報道陣席にも顕微鏡が用意されており、それを覗くと…小さな小さな映画『はたらく細胞』のポスターが!

 ギネス申請予定だという、超マイクロサイズ(縦4ミリ)の世界最小映画ポスターを覗いた永野は「すごっ! 私たちって分かる」、佐藤も「でも映画のタイトルが書いてない」と大盛り上がりで「ギネスに乗るのは初めてかも」と大喜び。

 さらに小さな1ミリサイズのポスターも用意されおり、永野は「見える! でも健さんは白くて何か分からない…」。この1ミリのポスターは光学顕微鏡では分かるとのこと。

 解禁となった予告編映像を見た2人。永野芽郁は「面白そう!」と大興奮し、佐藤健は「間違いなく我々の代表作になります」。

赤血球を演じる永野は「最初、赤血球役と言われて何か分からなかった」と苦笑。一方、白血球を演じる佐藤は原作ファンだと言い「すぐ白血球役のイメージが浮かびました。これをやらないでどうするのかと。集大成です」。

 そんな佐藤の“白塗りメイク”に永野は「横を見たら真っ白な人がいて。真剣なシーンなのに笑いが止まらなかった(笑)」とまたしても笑いが込み上げてくる様子。そのメイクに佐藤は「どんどん白く塗られていくのが気持ちよかった。これがオレの本当の姿だと思いましたね。やっと出会えた、本当の自分、って」と言い、会場も大爆笑。

 武内監督は「メチャクチャ笑えてメチャクチャ泣けます。見たことない世界観、アクション、(『ゴジラ-1.0 』を手がけた)白組のCGと、てんこ盛り」と胸を張り、永野は「今日から少しずつ続報がお届けできるのでワクワクしてます。ぜひ楽しみに待っていてください」。

『るろうに剣心』スタッフと本格アクションを作り上げたと言う佐藤は「僕はこの映画のジャンルが何かと聞かれるとヒーローものと答えるんです。ヒーローものには条件があって、罪無き市民を脅かす悪がいてそれをやっつけるヒーローがいること。これは史上最少で、最も身近なヒーロー。変身してヒーローをしていた時期があるので、人一倍そういうジャンルにはうるさいと自負しているので、かなり気合を入れて演じさせていただきました」と大ヒットに期待をよせていた。

「はたらく細胞」が実写映画化決定! 監督は『翔んで埼玉』の武内英樹

2023.03.20 Vol.web original

 清水茜による大ヒット漫画「はたらく細胞」の実写映画化が決定。『翔んで埼玉』の武内英樹監督がメガホンをとることが発表された。

 人体で働く無数の細胞たちを擬人化し、彼らが病原菌と戦う姿を描き、スピンオフ漫画やアニメ化もされた人気シリーズ。2017年にはフランスの新聞『ル・モンド』が選ぶ「この夏推薦する図書リスト」に選出されて世界中で注目を集めた。

 実写映画の監督を務めるのは、映画デビュー作『のだめカンタービレ』を皮切りに、『テルマエ・ロマエ』『翔んで埼玉』と次々と話題作を手がけたヒットメーカー・武内英樹。

 武内監督は「普段見ることのできない体内の世界では日々一体どんなことが起こっているのか? 細胞たちの日常を、笑いと学びに溢れた壮大なスケールでお届けしたい」と意気込みのコメントを寄せている。

 個性豊かな細胞キャラを演じるキャストの顔ぶれや公開時期など今後の続報が楽しみだ。

 

武内英樹監督 コメント
「はたらく細胞」という原作を実写でというお話を聞いた時の驚きとワクワクは今でも鮮明に覚えています。
普段見ることのできない体内の世界では日々一体どんなことが起こっているのか?そんな細胞たちの日常を、笑いと学びに溢れた壮大なスケールでお届けしたいと思っています。
この作品を監督することが決まってからは、私自身も普段の生活で自分の体内の細胞たちのことを意識するようになりました。
たくさんのはたらく仲間たちと共に全力で作品を作ってまいります。是非、ご期待ください。

Copyrighted Image