“レジェンドキラー”オートンが非公認戦でクリスチャンをKO【WWE】

2020.06.16 Vol.Web Original

クリスチャンがオートンを挑発

 WWE「ロウ」(日本時間6月16日、フロリダ州オーランド/WWEパフォーマンスセンター)のオープニングにPPV「バックラッシュ」でエッジを破った“レジェンドキラー”ランディ・オートンが登場した。  オートンは「“史上最高のレスリング戦”を制して最高のレスラーになった。エッジのおかげで再び“レジェンドキラー”になれたことに感謝しているよ。エッジは復帰までまた9年かかるだろうがな」と言って試合を振り返ると、そこへエッジの盟友クリスチャンが現れた。  クリスチャンは「お前は最低な男だ。エッジはあきらめることはない」と非難すると、オートンは「お前ももう1試合したいだけだろ。試合の許可が出ていないなら俺と非公認戦はどうだ? 受けなければただの臆病者だな」と挑発してその場を後にした。

オートン “史上最高のレスリング戦”でまさかの禁止技解禁。エッジに激勝【WWE】

2020.06.15 Vol.Web Original

今年4月の「レッスルマニア36」の雪辱果たす

 WWE「バックラッシュ」(日本時間6月15日配信、フロリダ州オーランド/WWEパフォーマンスセンター)で“毒蛇”ことランディ・オートンと9年ぶりに復帰を果たしたエッジが「史上最高のレスリング戦」で再戦した。  今年4月、PPV「レッスルマニア36」のラストマン・スタンディング戦で敗れたオートンはエッジの攻撃をかわしながらアッパーカットで攻め込むとエッジも強烈なヘッドバッドで反撃。  さらにオートンはネックブリーカーを決めるとバリケードやエプロン、解説席にエッジを叩き付けるなど攻撃がエスカレート。

オートンとの再戦を前に迷えるエッジが親友クリスチャンの檄で自信回復【WWE】

2020.06.09 Vol.Web Original

「バックラッシュ」で「史上最高のレスリング戦」

 WWE「ロウ」(日本時間6月9日配信、フロリダ州オーランド/WWEパフォーマンスセンター)のクリスチャンがMCを務めるコーナー「ピープショー」にエッジがゲスト出演した。  エッジは「バックラッシュ」でランディ・オートンと「史上最高のレスリング戦」として再戦に挑むこととなっている。  エッジの長年の親友としてクリスチャンが「エッジが復帰してうれしいが、史上最高のレスリング戦で期待に応えらるのか?」と疑問を投げかけると、エッジは「俺の気持ちが分かるか? 自分を疑うこともある」と自身が抱えるプレッシャーを告白した。

6・15「バックラッシュ」でエッジとオートンの再戦が決定【WWE】

2020.05.19 Vol.Web Original

オートンの再三の挑発にエッジがついに決断

 WWE「ロウ」(日本時間5月19日配信、フロリダ州オーランド/WWEパフォーマンスセンター)のオープニングにランディ・オートンが登場した。  オートンは先週のロウで因縁のエッジに再戦を要求。この日もオートンは「レッスルマニアの対戦ではエッジが勝ったが、俺のように優れたレスラーではない。なぜエッジが俺の再戦要求を受けなかったか分かっている。それはエッジが自分への疑いと恐れを感じたからだ」と挑発すると、そこへエッジが登場した。  エッジが「これはゲームなんだろ。お前は復帰のため9年間苦しむような経験がないからな」と反論すると、オートンは遮るように「再戦を受けるか、そうでなければ黙れ」と言って再び対戦を要求。すると感情が高ぶったエッジは「再戦を受けてやる」と即答すると、無言のままリングを降りたオートンと激しくにらみ合った。  エッジとオートンがストレートアップレスリング戦で激突するPPV「バックラッシュ」は日本時間6月15日にWWEネットワークで配信される。

オートンがエッジに「バックラッシュ」での再戦を要求【WWE】

2020.05.12 Vol.Web Original

エッジは無言で即答はせず

 WWE「ロウ」(日本時間5月12日配信、フロリダ州オーランド/WWEパフォーマンスセンター)で「レッスルマニア36」でランディ・オートンとのラストマンスタンディング戦に勝利したエッジがリングに登場した。  エッジは「レッスルマニアから6週間ぶりだ。次は何だ? レッスルマニアは終わりではない。けじめをつけて前に進むぞ」と発言すると、そこへオートンが現れる。オートンは「おめでとう。レッスルマニアでは強い奴が勝ったんだ」と言って一度は立ち去ろうとするも、再びリングに戻ってくると「確かに俺は10カウントで立ち上がれなかったが、お前は9年も復帰できなかった。お前に根性と情熱があるならPPV「バックラッシュ」で俺と闘え」と再戦を要求。しかし、エッジは無言のままオートンの要求に即答しなかった。 「バックラッシュ」は現地時間6月14日に開催の予定となっている。

エッジが泣きながらパイプ椅子でオートンの頭を撃ち抜き10カウント【WWE レッスルマニア】

2020.04.06 Vol.Web Original

遺恨マッチは「ラストマン・スタンディング戦」

 WWE「レッスルマニア36」2日目(日本時間4月6日配信、フロリダ州オーランド/WWEパフォーマンスセンター)でエッジとランディ・オートンが対戦した。  今年1月の「ロイヤルランブル」で9年ぶりに現役復帰したエッジだったが、かつてのタッグパートナーだったオートンが翌日の「ロウ」で襲撃。その後、エッジの妻のベスをも襲撃するなど家族を巻き込んでの遺恨に発展している2人の試合は「ラストマン・スタンディング戦」で行われた。  これはダウンして10カウント以内に起き上がることができないと敗北という試合形式。試合前にカメラマンに扮したオートンがいきなりのRKOでエッジにダメージを与えると、試合開始直後にもオートンが2発目のRKOを放つもここはカウント8。

「レッスルマニア36」でオートンvsエッジのラストマン・スタンディング戦が決定【WWE】

2020.03.24 Vol.Web Original

オートンが襲撃の理由を明かし、エッジの対戦要求受け入れ

“毒蛇”ランディ・オートンとエッジのラストマン・スタンディング戦がWWEの年間最大の祭典「レッスルマニア36」で行われることが3月23日(米国現地時間)、決定した。  この日、オートンが「ロウ」(フロリダ州オーランド/WWEパフォーマンスセンター)のエンディングに登場した。オートンはこれまで、今年1月の「ロイヤルランブル」で9年ぶりに復帰したエッジや妻ベス・フェニックスを襲撃し、遺恨を深めているのだが「俺がやったことはすべてお前たち家族を愛してるからだ。だから父親のエッジを襲撃して家に帰した」とその理由を明かした。  そして「祭典でのラストマン・スタンディング戦! ストーリーの最終章は俺が書いて終わらせてやる」とエッジが要求していた対戦を受け入れて2人の対戦が決定した。ラストマン・スタンディング戦はダウンして10カウント以内に起き上がることができないと敗北という試合形式。ピンフォールやギブアップでの裁定はなく、凶器の使用は自由で、まさに遺恨決着にふさわしい試合形式だ。  オートンvsエッジのラストマン・スタンディング戦が行われるPPV「レッスルマニア36」(現地時間4月4、5日、フロリダ州オーランド/WWEパフォーマンスセンター)は日本では4月5、6日にWWEネットワークで配信される。

エッジがオートンに掟破りのRKOで報復【3・9 WWE】

2020.03.10 Vol.Web Original

MVPの挑発にエッジが怒り心頭

 WWE「ロイヤルランブル」(1月26日)の男子ロイヤルランブル戦で引退から9年ぶりに復帰したエッジが「ロウ」(米国現地時間3月9日、ワシントンD.C./キャピタル・ワン・アリーナ)のリングに登場し、裏切ったランディ・オートンと火花を散らした。  この日はまず先に、かつて新日本プロレスにも参戦し、ロイヤルランブルに突如姿を現したMVPがリングに登場。  そのMVPが「エッジは問題を抱えているが、俺が導いて再び王者にしてやる」と主張するとそこへいら立った表情を見せながらエッジが姿を現した。エッジは「ランディ出てこい」と因縁のオートンを呼び出すと、これにMVPは上から目線で「問題解決に集中しろ。お前の妻はどうなんだ?」とオートンに襲撃された妻ベス・フェニックスに言及。

オートンがエッジに続き、妻ベスにもRKO【3・2 WWE】

2020.03.03 Vol.Web Original

「エッジを止めるのはお前の役目だったんだ」とべスを非難

 WWE「ロウ」(米国現地時間3月2日、ニューヨーク州ブルックリン/バークレイズ・センター)のエンディングにエッジの妻ベス・フェニックスが登場した。  エッジは1月26日に行われた「ロイヤルランブル」の男子ロイヤルランブル戦で引退から9年ぶりに復帰したものの、翌日の「ロウ」でかつて「レイテッドRKO」名でタッグを組んだランディ・オートンの襲撃に遭い、再び休養に入っている。  この日、ベスがエッジの回復状況を説明しようとすると、話を遮るようにオートンが登場。ベスがハグや握手を求めるオートンを拒否すると、オートンは「エッジはもう試合をすることはできない。俺がやらなければ、いつか誰かがエッジを車椅子送りにしていただろう。俺のおかげで娘たちと遊べるんだ」と9年ぶりに復帰したエッジを襲撃した理由に関して持論を展開。  続けてオートンが「お前のせいだ。エッジを止めるのはお前の役目だったんだ」と妻のベスを非難すると、これにベスはオートンに強烈な平手打ちで返答。さらににらみ合う2人だったが、オートンがマイクを通さず小声でベスを挑発し、怒ったベスにRKOを決めてしまった。

“毒蛇”オートンが9年ぶりに復帰したエッジに裏切りのRKO【1・27 WWE】

2020.01.28 Vol.Web Original

RKO再結成を提案…したかと思いきや…

 WWE「ロウ」(米国現地時間1月27日、テキサス州サンアントニオ/AT&Tセンター)のエンディングに、前日に行われた「ロイヤルランブル」の男子ロイヤルランブル戦で引退から9年ぶりに復帰したエッジが登場した。  エッジは「みんなの歓声は俺にとって大切な意味を持つ。ありがとう」とファンに感謝を述べると、「もしも復帰できたらって2度の手術を受け、46歳の俺がベストな状態でここにいる。いつまでできるか分からないが、みんな一緒に楽しんでくれ」と復帰に関して説明した。  するとそこへ元パートナーのランディ・オートンが登場してエッジとハグを交わすと「お帰り。エッジは兄弟であり家族だ。どう思うかわからないがもう一度俺とタッグを組むのはどうだ?」とレイテッドRKO再結成を提案。  会場からは“イエス”チャントが起こってエッジも感情的になったが、突如オートンが裏切りのRKOを炸裂。会場が騒然とする中、さらにオートンは倒れ込んだエッジの頭をパイプ椅子で強打した。

男子ロイヤルランブルでマッキンタイアが優勝【1・26 WWE】

2020.01.27 Vol.Web Original

1番目のレスナーが13人抜きもマッキンタイヤがストップ

 WWE「ロイヤルランブル」(現地時間1月26日、テキサス州ヒューストン/ミニッツメイド・パーク)で30人が競い合う男子ロイヤルランブル戦が行われた。  宣言通り1番目に登場したブロック・レスナーは2番目から14番目までの13人を連続で脱落させてリングを占拠する。  11番目に登場した中邑真輔はヒザ攻撃からのスピニング・ヒールキックでレスナーをダウンさせたが、その後レスナーに捕まって場外に脱落させられた。  中盤まで相手を圧倒していたレスナーだったが、リコシェのローブローを食らって怯むと、ドリュー・マッキンタイアのクレイモアで吹き飛ばされて脱落。

Copyrighted Image