マキタスポーツが9月にオトネタ配信ライブ「この単独ライブは重要至急」

2020.08.04 Vol.Web Original
 芸人、俳優、ミュージシャン、文筆家などさまざまな方面で活躍するマキタスポーツがライブプログラム「マキタスポーツのオトネタTV~中老~」 を9月1日に配信する。マキタは、「見終わったあとに、お笑いって、音楽ってホント面白いなと思ってもらえるものを発信します。ぜひご覧ください。私にとってこの単独ライブは重要至急なのです!」と意気込んでいる。  今年3月末に開催予定だった単独公演『オトネタ5』が新型コロナウイルスの影響で中止となり、そのリベンジにあたるもの。自身が培ってきた笑いと音楽の融合によるエンターテインメント「オトネタ」の代表作や、3月の公演で披露する予定だった新作をライブ配信で展開する。  マキタは、オンライン上でのライブ開催について「ナウコロナ。″不要不急″ものなど実は何もないということがはっきりと解った今日この頃。しかし、未だ次の手がハッキリと打ち出せないエンタメ界です。自分の寿命まで続く、あまりに退屈で、イラつくこの世の中をやり過ごすにはどうするのか?こんな世間を生き残るために私もライブ配信という手段を取ることにしました」と、説明している。  ネタ楽曲の一部は、6月から毎月1曲ずつ音源配信限定でリリースされている。現時点で、『雨ふれば』『ヒエラルキーPart1』『ヒエラルキーPart2』の3曲が配信中だ。  配信は9月1日20時から。Streaming+で行われる。  ライブ配信時には、3月の公演で販売予定だったグッズや、読み応えあるパンフレットも販売する予定。  視聴券は販売中。

マキタスポーツが猛省…今夜開催の“オトネタ”ライブが「宣伝失敗」

2018.03.30 Vol.Web Original

 マキタスポーツが猛省している。きょう30日朝、「完全に宣伝失敗。猛省。」とツイート。今夜開催されるライブ「マキタスポーツPresents“オトネタ”の夕べ」のチケットが「ありまくり」なのだという。 「オトネタ」ライブは、俳優、作家、ミュージシャン、芸人などなど、さまざまな肩書きで活躍しているマキタスポーツの原点。アーティストが作詞作曲するときに使いがちなフレーズやメロディー、コード進行、アーティストと特徴づける言葉づかいなどに注目する歌詞作詞作曲ものまねなど、音楽と笑いを融合したライブシリーズだ。約5年ほど休止していたが、今年、芸能生活20周年のアニバーサリーイヤーを迎えて復活。1月に丸の内のライブ・レストラン「COTTON CLUB」で2日間にわたって行われた「マキタスポーツ Presents オトネタ¥7,500」は大盛況だった。  今夜のライブは、過去のオトネタのベストともいえる傑作選的な内容になるそう。また、最近の音楽シーンをふまえた新ネタも披露されるようだ。  ライブはきょう30日、R’s アートコート(JR新大久保駅)で19時開演(18時30分開場)。料金は全席自由4000円。

Copyrighted Image