マケイン氏告別式でトランプ氏批判

2018.09.07 Vol.web original
 8月25日に脳腫瘍で死去した共和党の重鎮マケイン上院議員の告別式が9月1日、米ワシントン市内のワシントン大聖堂で行われた。オバマ前大統領やブッシュ元大統領らが弔辞を読み上げマケイン氏の業績を称える一方で、生前の同氏を中傷し続けたトランプ大統領について、名指しを避けながらも批判した。  トランプ氏はこの日は告別式には招かれずゴルフに出かけた。

過激発言が止まらない

2016.10.07 Vol.676
 米大統領選の共和党候補トランプ氏に負けず劣らず…いやトランプ氏以上の過激発言を続けるのがフィリピンのドゥテルテ大統領。容疑者の射殺も辞さない薬物犯罪取り締まりが、欧米や国連から非難されていることに反論し、9月30日にはダバオでの演説で「ヒトラーは300万人のユダヤ人を虐殺した。(フィリピンには)現在300万人の麻薬中毒者がいる。私は喜んで彼らを虐殺しよう」と発言。4日にはマニラでの演説でオバマ米大統領に対し「地獄に落ちろ」とも発言した。

オバマ米大統領が広島訪問

2016.06.10 Vol.668
 主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)のため訪日したオバマ米大統領は5月27日夕、広島市の平和記念公園を訪れ、原爆死没者慰霊碑に献花した。広島、長崎に原爆を投下した米国の現職大統領が被爆地を訪問するのは初めて。  オバマ氏は、慰霊碑前での演説で「悲惨な戦争で罪のない人々が殺された。私たちは歴史を直視する責任を共有している」と述べ、大戦の全犠牲者を追悼する考えを強調した。オバマ氏は献花に先立って、原爆資料館を見学した。

Copyrighted Image