映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』スペシャル・スクリーニングに4組8名 ※本編の上映は無し 【プレゼント】

2017.11.13 Vol.700
 全世界で記録的ヒットを遂げた前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の“その後”を描く、シリーズ最新作が公開!  フォースを覚醒させたレイと、ダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レン。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの出現は何をもたらすのか? そして“光”と“闇”の間で揺れ動く2人を待ち受ける“衝撃の運命”とは? 知られざる秘密が明かされるとき、誰も見たことのない衝撃の「スター・ウォーズ」が幕を開ける!  ルーク、レイア、ハン・ソロが衝撃の登場を果たした前作。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーとめぐり会ったレイが知る、驚くべき真実とは。なぜカイロ・レンはダース・ベイダーを継ごうとするのか。そしてカイロ・レンの母親レイアが率いるレジスタンスたちの新たなミッションとは。そして、タイトルの“最後のジェダイ”が意味するものとは? 公開前に一部シーンを上映するスペシャル・スクリーニングに読者を特別招待。豪華ゲストも来場予定。12月15日(金)より全国公開。 <試写会の応募について> 【日時】12月6日(水)夕刻予定 【会場】都内某所 ※ゲスト登壇予定 【応募の〆切】2017年11月26日(日) 以下のリンクのフォームからご応募ください。 http://www.campaign-kenshou.com/campaign.php?id=3094

メルセデス・ベンツとスター・ウォーズがコラボ!

2017.05.02 Vol.690
 メルセデス・ベンツ日本株式会社は、スター・ウォーズの世界観を堪能できる特別仕様車「CLA 180 STAR WARS Edition」を東京・六本木のメルセデス・ベンツ コネクションで発表した。 会場には、メルセデス・ベンツ日本株式会社 代表取締役社長兼CEO 上野金太郎氏、ウォルト・ディズニー・ジャパンのゼネラルマネージャー ジャスティン・スカルポーネ氏、さらにサプライズゲストとして、映画に登場するドロイド、R2-D2、C-3POが登場。本コラボレーションは、スター・ウォーズが今年40周年を迎え、メルセデス・ベンツのCLAが手掛けたTV CMが過去に宇宙をテーマに展開していたことから、今回のコラボレーションが実現した。 「CLA 180 STAR WARS Edition」は、ボディカラーがホワイトとブラックの2色展開。ホワイトモデルは、スター・ウォーズのキャラクター「ストームトルーパー」をイメージし、ブラックモデルは、「ダース・ベイダー」をイメージしている。両モデルに共通している特別装置にも、スター・ウォーズのファンが喜ぶ仕様に。  ドライブレコーダーは、「R2-D2」の音声を使用。イグニッションオン/ イグニッションオフにして降車するタイミングに、それぞれのシーンに合わせた音声が流れる。車両のフロントドアをオープンすると足元には、「STAR WARS」のロゴが映し出される。作品の舞台となる宇宙のイメージと「STAR WARS」のロゴを組み合わせた専用フロアマットも敷かれている。  さらに、サンシェードは、まるで「スター・ウォーズ」のキャラクターが乗員しているかのようなデザインと、同作品のフレーズである「MAY THE FORCE BE WITH YOU. 」のデザインの2種類を用意。 その時の気分に合わせ、楽しむことができるリバーシブル仕様に仕上がっている。スター・ウォーズを愛してやまないファンにとっては、たまらないコラボレーションとなっている。

話題を呼ぶには、理由がある!『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

2017.04.27 Vol.689
 オリジナル3部作の数十年後を舞台にした新シリーズ最新作『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』の公開が今年12月と決定し、ますます目が離せないスター・ウォーズシリーズの“もう一つの物語”。第1作目『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』で、レイア姫がR2-D2に託した、帝国軍の宇宙要塞“デス・スター”の設計図が、いかにして反乱軍にもたらされたのかを明かす。主演のフェリシティ・ジョーンズをはじめ、ディエゴ・ルナ、フォレスト・ウィテカー、マッツ・ミケルセン、ドニー・イェンら国際的に活躍する実力派俳優が出演。 販売元:ウォルト・ディズニー・ジャパン 4月28日(金)発売 MovieNEX 4200円(税別)

ジェスチャーで動かすフォースバンド

2016.12.25 Vol.681
 手首につけてジェスチャーで、スフィロ社のBB?8byスフィロを動かすことが可能な「フォースバンドbyスフィロ」が発売された。同商品は、正統派のスター・ウォーズの流れを引き継いだフォースバンドを手首に装着すれば、ジェダイそのままのフォースジェスチャーによってBB-8を動かせるようになるもの。フォース・プッシュ・プル・ドライブといった手の動きをマスターすることで、自分のドロイドをコントロールすることができる。また、腕の動きや体の向きに応じて、BB-8が自分の後をついてくるようにする事も可能。運命に従い、ジェダイ・マスターになる時が遂に訪れた! 【価格】9800円(税別)【問い合わせ】グローバル製品窓口  http://gp.supportweb.jp

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』12月16日公開 チームが日本で極秘任務を完了!?

2016.12.11 Vol.680
 昨年、オリジナル3部作のその後を描いた新章がスタートした大ヒットシリーズ『スター・ウォーズ』のスピンオフ作品『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』公開に合わせ、アジアで最も早い実施となる監督・キャストによる記者会見が7日、都内にて行われた。  本作はオリジナル1作目の『エピソード4/新たなる希望』の直前までが描かれるアナザーストーリーで、銀河全体を脅かす究極兵器デス・スターの設計図を奪うという極秘任務を託された反乱軍の寄せ集めチーム“ローグ・ワン”の戦いを描く。  今回の来日会見には、主人公ジンを演じるフェリシティ・ジョーンズ、情報将校キャシアン役のディエゴ・ルナ、ギャレス・エドワーズ監督らが登壇。  冒頭、エドワーズ監督は「スター・ウォーズは日本にとても強く影響を受けているので、故郷に帰って来たような気分でこの映画をシェアできることを、とても光栄に思っています」と挨拶。さらに、オリジナルと同様に本作も日本の文化の影響を受けていると語り、「本作は『隠し砦の三悪人』をはじめ、黒澤明の作品をいろいろと参考にしているんだ。他にもいろいろ黒澤作品のスチール写真や映像を見ながらね。アイデアを盛り込むならベストな作品から頂かないとね(笑)」とニヤリ。記者からダース・ベイダーについて質問されると「映画の撮影現場はいつも騒がしかったけど、ダース・ベイダーに扮した俳優が現れると、映画の中と同じように現場が緊張感で満たされて静かになるんだ」と、絶大な人気を誇る悪役の登場を明かし「ダース・ベイダー以外にも、歴代シリーズのキャラクターが登場するということは保障するけど、それ以上は言えないな(笑)」。  またこの日は、本会見のために作られた、世界でただ一枚の豪華な襖絵(ふすまえ)がサプライズで登場。日本テイストの美しい襖絵を見た監督は「映画の撮影中に、この襖絵があればよかったのに! そうすれば映画に素晴らしいシーンを入れることができたのに」と感激。ディエゴも「この絵のように高くジャンプするシーンを撮影するために、もう1回、撮影をするべきだと思うんだ。2?3日で撮れるからぜひやろうよ」とコメントし、会場も大爆笑。その後、襖絵の製作者である柏原晋平氏の依頼で、監督、フェリシティ、ディエゴが最後に塗り残されていた部分を塗り、日本での“任務”を完遂。うれしそうな3人に会場からも大きな拍手が贈られた。 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は12月16日(金)より全国公開。

劇的エンターテインメント!『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

2016.05.09 Vol.666
 世界中のファンが待ち望んでいた『スター・ウォーズ』新3部作シリーズ第1弾! 昨年12月に劇場公開するや、全世界興行収入2000億円を史上最速で突破。世界各国で記録を打ち立てた超話題作。数奇な運命を背負うヒロイン・レイを中心に、脱走した元ストームトルーパーのフィン、そして十字型のライトセーバーを操るカイロ・レン、キュートな新型ドロイド・BB-8という魅力的な新キャラクターが誕生。さらにハン・ソロ、レイア、ルーク・スカイウォーカーら不朽のキャラクターも登場する。  砂漠の惑星で家族を待ち続けて暮らす孤独な女性・レイの運命は、謎のドロイド・BB-8、脱走兵・フィンとの出会いにより動き出す。一方、帝国軍の残党ファースト・オーダーは“最後のジェダイ”の行方を追っていた…。オリジナル3部作のラストから約30年後を舞台に、フォースによって導かれた人々の壮大なドラマが幕を空ける!

『スター・ウォーズ』最新作公開3日で100万人超

2015.12.25 Vol.657
 映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が18日公開、待ちわびた最新作に世界は熱狂。北米ではオープニング興行収入が2.38億ドルと歴代1位に、UK、ドイツなど18カ国でも歴代の記録を塗り替えた。日本でも公開から3日間で104万人超を動員。オープニング興行収入は、数々の日本映画の記録を塗り替えた『アナと雪の女王』の記録を超えた。 『スター・ウォーズ』ウィークエンドは各地で盛り上がりを見せた。初日、ファンのあいだで『スター・ウォーズ』の日本の聖地とされる有楽町の日劇には、上映時間の5時間前から、お気に入りのキャラクターのコスチュームに身を包んだファンが集結。TOHO シネマズ六本木では上映時間に合わせてカウントダウンの大合唱が始まった。  しばらく『スター・ウォーズ』の熱狂は収まりそうにない。

2015年“STAR WARS YEAR” クライマックス!!

2015.12.11 Vol.656
世代を超えて熱狂的なファンを生み出し続けるSF映画の金字塔『スター・ウォーズ』。待望の最新作公開に合わせ、今年は世界中で“SW愛”が吹き荒れた。18日の日本公開に向け、いよいよカウントダウンスタート!

スター・ウォーズ・イヤー、ゲームでも盛り上がる!「Star Wars バトルフロント 」

2015.11.22 Vol.655
 人気映画シリーズ『スター・ウォーズ』の最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開が12月18日に迫ってきた。そんななか発売されるこのゲームは、兵士となって『スター・ウォーズ』シリーズの世界を舞台に戦いを繰り広げるアクション・シューティングゲームだ。ゲームシリーズ最新版となる本作では、エンドア、ホス、タトゥイーンといった惑星、サラストが舞台。ダース・ベイダー、ボバ・フェットなど初期3部作の伝説のキャラクターでのプレイも可能。40人のマルチプレイ、ソロまたはオンラインでの2名協力プレイで遊ぶミッションなど、さまざまな戦いを体験できるようになっている。  映像はより細密に、サウンドはより臨場感たっぷりに。戦いの迫力や面白さは前作から飛躍的にアップしている。  映画公開とともに熱狂を迎えることになるであろうスターウォーズ・イヤー。ゲームでも盛り上がろう!

フォースとともにあらんこと

2015.10.23 Vol.653
 ANAが映画『スター・ウォーズ』の人気キャラクター・R2-D2をモチーフとしたボーイング787-9特別塗装機『R2-D2 ANA JET』を期間限定で就航。遊覧フライトが17日、羽田空港発着で行われ、招待客が本格的なコスプレで搭乗。「安全のためハイパードライブは行いません」「フォースとともにあらんことを」と、劇中の名セリフなどを盛り込んだ機内アナウンスに乗客も大喜び。今後、国内線では31日の鹿児島と伊丹、国際線では、成田−サンノゼ線などで運行予定。映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は12月18日公開。

新作公開カウントダウン! 『スター・ウォーズ展』開幕

2015.04.25 Vol.641
世界中に熱狂的なファンを持つ『スター・ウォーズ』シリーズ。年末には、最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開も決定し、日本のファンも心待ち状態。そんな中『スター・ウォーズ』の魅力を多彩なアート作品とともに楽しむ展覧会『スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。』が4月29日より開幕。その情報を先取りで紹介!

Copyrighted Image