1年の終わりと始まりに「自分」と「世界」を見つめてみる「EPSON teamLab Borderles」

2018.12.29 Vol.713

MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderles

 2018年6月21日にお台場にオープンし、わずか3カ月弱で来場者数50万人を突破した「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless(森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス)」。11月28日に行われた来場者100万人突破記念セレモニーではオーストラリアから来たNikky Parkerさん一家が記念すべき100万人目として何度も無料で入館できる「Borderlessパスポート(非売品)」を贈呈された。  日本全国からはもちろん海外からの観光客にも人気のスポットとなった同館。館内の作品はどれも、それぞれの世界を表現しているようでいて、実は作品それぞれの間には境界がない。ある時は作品が“部屋から出て”移動したり、他の作品とコミュニケーションして影響を受け合ったり。境界のないアートに全身を没入させて1万㎡の、複雑で立体的で変化し続ける世界に触れてみて。

チームラボが手掛ける、ボーダレスな新感覚ミュージアム誕生/6月22日(金)の東京イベント

2018.06.22 Vol.Web Original
 海外でも高い評価を得ているチームラボと森ビルによる新感覚のミュージアム「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」 が21日にオープン。早くもSNSなどで話題を呼んでいる。1万平方メートルもの巨大空間に5つの世界を構築。世界初公開作品を含む約50作品が展示される。

Copyrighted Image