25周年の1作目にふさわしい存在『百年の秘密』ナイロン100℃ 45th SESSION

2018.04.04 Vol.704

 ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)率いるナイロン100℃が今年、劇団結成25周年を迎えた。25年=四半世紀と聞くとその長さに驚くが、その間、色あせることなく常に日本の演劇界を引っ張ってきたナイロン100℃。作・演出のKERAはもちろん、その作品を深く理解し舞台上で表現する俳優たちも含めた“劇団力”は驚異的だ。  本作は友情を結んだ2人の女性の半世紀にわたるそれぞれの人生を繊細な心理描写を交え描いたもの。2012年に初演され、再演を望む声が高かった作品だ。  主軸となる2人の女性を犬山イヌコと峯村リエが演じる。  この2人はみのすけ、三宅弘城らとともにナイロン100℃の前身である「劇団健康」のころからKERAとともに作品を作ってきた。まさに25周年の1作目にふさわしい存在。  今年は本作に続き、7月には新作『睾丸』(仮題)が予定されている。2公演とも劇団員が一堂に会する。ナイロン100℃ファンには見逃せない2公演。
ナイロン100℃ 45th SESSION『百年の秘密』 【日時】4月7日(土)〜30日(月・休)(開演は火金18時30分、水14時、木19時。土は7日18時30分、14・21日・28日13時/18時30分。日は8日17時、15・22・29日13時。月は9・16・23日休演、30日13時開演。開場は開演30分前。当日券は開演1時間前) 【会場】本多劇場(下北沢) 【料金】全席指定 前売・当日共6900円/学生割引券3400円(チケットぴあ前売のみ取り扱い。当日受付にて学生証提示) 【問い合わせ】キューブ(TEL:03-5485-2252=平日12〜18時 [HP] http://www.cubeinc.co.jp/ ) 【作・演出】ケラリーノ・サンドロヴィッチ 【出演】犬山イヌコ、峯村リエ、みのすけ、大倉孝二、松永玲子、村岡希美、長田奈麻、廣川三憲、安澤千草、藤田秀世、猪俣三四郎、菊池明明、小園茉奈、木乃江祐希、伊与勢我無/萩原聖人、泉澤祐希、伊藤梨沙子、山西惇

2年ぶりの劇団公演 ナイロン100℃ 44th SESSION『ちょっと、まってください』

2017.11.15 Vol.700

 プロデュース公演でも引っ張りだこで、毎年コンスタントに作品を発表し続けているケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)。その名前を頻繁に目にすることからうっかりしていたが、ふと気が付くと、劇団公演は2年ぶり、劇団への新作書き下ろしは3年ぶりというからちょっとびっくり。  今回は“乞食と金持ちの家族が入れ替わる”という奇想天外な“不条理喜劇”になるという。こう聞くと『王子と乞食』を連想する人も多いだろうが、それとは一線を画した物語になるらしい。  KERA自身がやりたいことをやりたいだけやり、KERA作品を知り尽くした劇団員たちが自由自在に動き回る。そして客演の俳優たちはナイロン100℃という独特の世界の中で、よそでは見せたことのない顔を見せ——というのが劇団公演の醍醐味。ホームグラウンド“ならでは”の作品となりそうだ。  客演の水野美紀はナイロン100℃には2度目の出演。出産もあり舞台は約1年ぶりで、今年初めての出演となる。

ナイロン100℃が20周年 ケラリーノ・サンドロヴィッチ「積み重ねの力って凄い」

2013.05.27 Vol.592
 劇作家で演出家、そしてミュージシャンでもあるケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)が主宰を務める劇団、ナイロン100℃が今年で20周年を迎えた。記念企画として、これまで『デカメロン21〜或いは、男性の好きなスポーツ外伝〜』、side SESSIONとして大倉孝二の一人芝居『ゴドーは待たれながら』の2作品が上演され、6月からその第3弾となる『わが闇』が下北沢の本多劇場で再演される。

STAGE 演劇の幅広い可能性を感じさせる作品たち

2013.04.22 Vol.590
 ナイロン100℃の看板役者である村岡希美と、さまざまな作品に出演しては強烈な印象を残していくフリーの池谷のぶえという演劇界を代表する個性派女優が新ユニットを組んだという。  その名も「酒とつまみ」……。お酒飲みのバイブルともいわれる雑誌と同じ名前。差し入れに悩まなくてすむ、ありがたい名前だ。  記念すべき第1回にはペンギンプルペイルパイルズの倉持裕をゲスト作家として迎えた。倉持は2人のために新作を書き下ろし。  都内の閑静な住宅街にある平屋に住む2人の女の物語。2人は他人なのだが、家主の桐江がバーで知り合った浜子を誘ったことから同居が始まった。周囲は浜子に出ていってもらうよう桐江に働きかけるのだが…。  最近の小劇場界隈は「前評判を聞いてから…」といって前半はなかなかお客さんが来ないという。それで「安ければ来るのかい?」と前半のチケット代を半額にしたところ、すでに完売になってしまったとか。なのでこれからチケットを買う人はじっくり発酵・熟成された後半の舞台を見ることになる。  13日は公演後、「酒とせんぱい」という謎のイベントあり。

Copyrighted Image