不毛の土地を究極の自然派農場に変えた男『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』

2020.03.13 Vol.728

「今は冬なのでそこまで忙しくはないんだけど、ここは南カリフォルニアなので、ウチの農場でも年中何かしら育っていてね。今はアボカドやニンジン、レタスやかんきつ類なんかを収穫していて、あと少ししたら果物の植え付けが始まるのでその準備とか、やることはいくらでもあるよ(笑)」と、スカイプインタビューを受けてくれたジョン・チェスター。  殺処分寸前のところを保護した愛犬のため、夫婦で大都会ロサンゼルスのアパート暮らしから郊外へと移り住むことを決意し、以前からあこがれていた再生的農業に挑戦。東京ドーム約17個分もの荒れ果てた農地を“奇跡の農場”を作り上げた。その奮闘の8年を自ら映像化したドキュメンタリー映画『ビッグ・リトル・ファーム』が、いま世界各国で大きな注目を集めている。 「僕はもともとドキュメンタリー制作者で、当時は世界中をめぐりながら分刻みで仕事をしているか、家でぼーっと次の仕事が来るか心配しているかのどちらかだった。今はオフの日がまったく無くなったけど何倍も充実しているよ(笑)。朝は5時半に起きて、午前中は各チームを回り必要事項の確認、昼は彼らとランチをし、午後は作業やトラブルシューティング。夜は10時前に就寝といった日々を送ってるよ」

『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』試写会に10組20名

2020.01.15 Vol.726
 息をのむほど美しい“究極のオーガニック農場”ができるまでを美しい映像でつづった、奇跡のドキュメンタリー。米レビューサイトRottenTomatoesでは驚異の96%(2019年11月1日現在)という数字を叩き出し、数々の映画祭で観客賞を受賞。SNSやメディア評で絶賛相次ぎ、本年度アカデミー賞ドキュメンタリー部門でも最有力候補として大注目の1本。  殺処分寸前で保護した愛犬トッドの鳴き声が原因で大都会ロサンゼルスのアパートを追い出されたジョンとモリー夫妻。料理家の妻は、本当に体にいい食べ物を育てるため、トッドを連れて夫婦で郊外の荒れ果てた農地へと移り住む。しかし、そこに広がっていたのは200エーカー(東京ドーム約17個分)もの荒れ果てた農地。2人は、自然の厳しさに翻弄されながらも、命のサイクルを学び、動物や植物たちとともに、息をのむほど美しいオーガニック農場をつくりあげようとする…!  自然を愛する夫婦が“夢”を追った8年間の奮闘。本当の幸せとは何かを模索する誰もが共感必至のドキュメンタリー。  2020年3月、シネスイッチ銀座他にて公開。
<試写会の応募について> 【日時】2月27日(木)19時~ 【会場】よみうりホール(有楽町) 以下のリンクのフォームからご応募ください。 http://www.campaign-kenshou.com/campaign.php?id=3905

Copyrighted Image