SearchSearch

公開から4年越えの超ロングラン 草彅剛主演『ミッドナイトスワン』が26日に最終上映決定

2024.06.11 Vol.web original

 草彅剛主演の映画『ミッドナイトスワン』が、6月26日に最終上映。最終日には草彅らが登壇する舞台挨拶も決定した。

 草彅が母性に目覚めるトランスジェンダーの女性を演じ、第44回日本アカデミー賞最優秀作品賞と最優秀主演男優賞を受賞した作品。

 2020年に公開されてから4年以上、現在も毎週水曜日にTOHOシネマズ日比谷にて上映が続いており、公開から185週目を迎える6月26日に、ついに最終上映となる。

 合わせて、26日の最終日、14時の回の本編上映前に草彅剛と一果役の服部樹咲が登壇する舞台挨拶の開催が決定した。

 残る上映は、6月12日、19日、そして26日の3回。邦画史上類を見ないロングラン作品をもう一度スクリーンで楽しんでみては。

ロングラン上演中の『ミッドナイトスワン』公開3周年で草彅剛の舞台挨拶つき上映決定 

2023.09.15 Vol.Web Original

 草彅剛がトランスジェンダーの主人公を演じて話題と注目、感動と涙も集めた映画『ミッドナイトスワン』が公開から3周年を迎えるにあたり、9月25日に、TOHOシネマズ日比谷で公開3周年記念舞台挨拶つき上映が決定した。本作は、2020年に公開され、現在も毎週水曜日にTOHOシネマズ日比谷にて上映が続いている。

 映画は、草彅演じるトランスジェンダーの凪沙と母親の愛を知らずに生きてきた少女の一果が心を寄せ合っていく姿が描かれる。ある事情から一緒に暮らすことになったことで、重なるはずがなかった二人の人生が重なり、互いに欠くことができない存在になっていく。凪沙の生き様や無償の愛に多くの観客が心を揺さぶられた。本作は第44回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞、草彅は最優秀主演男優賞を受賞している。
 
 当日は、草彅が登壇し、類を見ないロングラン上映への喜びと共に、当時を語る。さらに、2024年公開の最新主演映画『碁盤斬り』(白石和彌監督)の新たな発表も予定しているという。
 
 登壇は、9月25日の13時40分の回の上映後。料金は一律2200円。チケットは、チケットぴあで購入できる。先行抽選販売(プレリザーブ)の申し込みは16日11時から。抽選結果は22日の18時ごろ発表。一般発売は23日10時から。

Copyrighted Image