向井理「武家の頭領らしく、勇ましく散りたい」大河ドラマ『麒麟がくる』で足利義輝を好演

2020.09.19 Vol.Web Original

 放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』で再び物語が大きく動く。20日放送の第24回「将軍の器」では、クーデターが勃発し、将軍・足利義輝が殺害される。そして、将軍の座を巡り、京は二分する。  義輝を演じているのは向井理だ。足利の時代という伝統、時代とともに押し寄せる新たな勢力のあいだにありながら、懸命に生きる姿、そして滅びていく儚さには胸を締めつけられた。 「新しい時代が来るということは、古い時代が終わるということです。その中心にいた人物で、自分の力や想いだけでは抗えず、時代にからめとられたような人です。ただ可哀想という気持ちは無く、その時代の中でも懸命に生きることでその生き方を踏襲する人物もいたと思うので、その功績はあったかと思います」  演じるうえで「いつまでも麒麟が来る道を模索していたように思います」と、向井。「ただ、終盤は自分の行く末をわかっているような気持ちでいました」と話す。第23回での、長谷川博己演じる十兵衛(明智光秀)とのシーンでは、向井も言うように「将軍とはいえ、一人の人間の危うさのようなもの」があった。  第24回では義輝の最期が描かれる。「武家の頭領らしく、勇ましく散ることができたらなと思います」と、向井。    義輝は剣豪将軍とも呼ばれる。 「義輝について調べる中で、史実のようなものや創作のようなものなど色々ありました。そのなかで演出の方に合理性や物語性、そいて今回の大河ドラマの目指す所を意識して殺陣を作っていただきました。今までに無い立ち回りになっていますので、細かい部分も見ていただければ幸いです」。 『麒麟がくる』は、毎週日曜、総合で午後8時、BSプレミアムで午後6時、BS4Kで午前9時。再放送もある。

向井理「いろんな義輝をお見せできれば」大河ドラマ『麒麟がくる』で魅せる、重みと儚さ

2020.09.13 Vol.Web Original

 大河ドラマ『麒麟がくる』の第23回「義輝、夏の終わりに」が13日、放送になる。新型コロナウイルスの影響による"麒麟を待つ"期間を経て8月30日に放送が再開。桶狭間の戦いの4年後から紡がれるストーリーのなかで、やはり目が行くのは将軍・足利義輝。向井理が演じている。  向井は義輝を「長く続く足利の時代にあって、その終焉の始まりにあたる人物」とし、「重んじてきた伝統と、時代と共に押し寄せる新たな勢力の狭間で揺れる難しい情勢の中で懸命に生きていたのだと想像します。争い事の無い世の中を願う所が魅力なのではないでしょうか。その姿を見て、光秀も何かを感じたのかもしれません」と、魅力を語る。  演じるうえでは「没落してゆく将軍家を感じながら、武家の棟梁であるプライドも持ち併せているところ」を大切に、「13代目まで続いてきた重みと、いずれ滅びる儚さを両立させることは意識してきました」という。  第22回放送の「京よりの使者」では、三好長慶(山路和弘)が権力を掌握し、義輝は完全な傀儡(かいらい)に。やる気を失い、"麒麟がくる国"にしたいと語っていたころとは別人のようになっていた。そこに、話し相手として光秀(長谷川博己)が呼ばれた。  長谷川とは初共演。 「役柄の立場はありますが、こちらが色々と吸収できればと思っていました。長谷川さんとのシーンは私が話すことが多く、長谷川さんはそれに対してリアクションする事が多かったです。リアクションはとても難しく、一つのリアクションでシーンが左右されます。それをとても丁寧に演じておられて、とても助かりました」  将軍奉公衆を演じている谷原章介と眞島秀和との共演シーンが多い。 「谷原さんはドラマでは初めて共演したのですが、お芝居はもちろん、普段話している会話もとても多彩で、スタッフ、キャスト分け隔てなく接する姿が印象的でした。眞島さんは10年振りの共演でしたが、相変わらず誠実な性格とお芝居で、役柄上ではありますが、とても支えられました」。  時代が大きく変わっていくなかで、見てほしいのは「足利家が失墜していく様」だと向井。「人間は移り気で、その時や周りの環境で変わります。いろんな義輝をお見せできれば幸いです」  第23回「義輝、夏の終わりに」では、義輝の文を手に、光秀は信長(染谷将太)のもとに向かうが、信長は美濃攻めに苦戦しており話もできない。代わりに取り次ぎを任された藤吉郎(佐々木蔵之介)から、京で長慶の子らによる義輝暗殺計画のうわさがあると聞いて……。 『麒麟がくる』は、毎週日曜、総合で午後8時、BSプレミアムで午後6時、BS4Kで午前9時。再放送もある。

向井理「内容のない会話の中で感情が動いていく」主演舞台『美しく青く』開幕

2019.07.11 Vol.Web Original
 東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンにて10日、舞台『美しく青く』の初日前会見および公開ゲネプロが行われ、会見に主演の俳優・向井理、田中麗奈、作・演出の赤堀雅秋が登壇した。  冒頭に初日を迎える心境を問われ、作・演出の赤堀は「優秀なスタッフとキャストの皆さんのおかげで、近年稀(まれ)に見る穏やかな心境です(笑)」と笑う。自身の役について、主人公で自警団のリーダー・保を演じる向井は「誰しもが持っている感情をちゃんと持っている人だと思います。とにかく思ったことを感じたまま演じるしかない」。保の妻で、認知症の母親の介護に追われる直子を演じる田中は「リアリティを持って、直子なのか自分なのかわからないくらいに演じられたらいい」と意気込みを語った。

向井理と原田泰造、連続共演で「同じ空気を吸いたくないほど」バチバチに

2018.11.08 Vol.Web Original

 WOWOWの「連続ドラマW パンドラⅣ AI戦争」の特別試写会イベントが7日、都内で行われ、主演の向井理、渡部篤郎、原田泰造らが登壇した。  2008年から続くWOWOWの連続ドラマ「パンドラ」シリーズの最新作。向井は医療用AIの開発者である主人公の鈴木、渡部はその医療用AIを導入したIT企業の代表、原田は向井演じる鈴木と対立する、AIを嫌う天才外科医をそれぞれ演じる。  この日は、向井、渡部、原田にほか出演者が加わり総勢7人が舞台挨拶に立った。

松山ケンイチ、影武者と恋人つなぎで新舞台をPR

2017.07.12 Vol.694
 松山ケンイチが11日、都内で行われた、劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season 風 Produced by TBSの製作発表会見に出席した。本舞台で松山は捨之介と敵役の天魔王の一人二役。そのため、松山の影武者ならぬ、そっくりな等身大の人形も登壇。松山本人が影武者と恋人つなぎをしたり、キャストも触りたい放題で、会場も壇上も大いに盛り上がった。  これまでに古田新太や市川染五郎が演じてきた役。松山は「古田さんと染五郎さんの演技が完璧なので、僕もこれ以上出ないっていうところまで自分を追い込みたい。本作のファンの方にも喜んでいただけるように、お二方のニュアンスを入れられたら面白いんじゃないかなと思ってます」と話した。  舞台は、客席が360度回転する話題の劇場、IHIステージアラウンド(豊洲)のこけら落とし公演として年間を通じて上演中の『髑髏城の七人』シリーズの第3弾。今年に限ってだけでも、第1弾の花、第2弾の鳥と、同じ役を別の役者が同じ役を演じている。  蘭兵衛を演じる向井理は「やるからには自分にしかできない蘭兵衛をやりたい。直近では山本耕史さんや早乙女太一くんがやっていて、早乙女くんは日本最高峰の殺陣なので、僕は殺陣を封印して会話ですべて進めたい」とユーモアたっぷりに独自の戦略を発表。    本作が、初めての劇団☆新感線の出演となる生瀬勝久は「全員ぶっ潰すつもりで、役者生命を賭けます!……いうのは勝手ですからね」と、声を張り上げた。  舞台は、現在上演中の『髑髏城の七人』Season 鳥の閉幕後、9月15日から11月3日まで同劇場で上演される。

向井理が3年ぶりの舞台出演 パルコ・プロデュース『星回帰線』

2016.09.25 Vol.675
 今春、自ら率いるモダンスイマーズの『嗚呼いま、だから愛。』、休館前のパルコ劇場の最後の作品となった『母と惑星について、および自転する女たちの記録』と新作の書き下ろしが続く蓬莱竜太はいま劇作家として最も脂が乗っている状態。  そんな蓬莱の今年3本目の書き下ろしとなる最新作は、ちょっとした思い違いや感情のすれ違い。嫉妬とはかない願望が交錯し徐々に崩れていく人間関係を濃密な会話劇で描いていく。  かつての恩人に呼ばれ、地方にある恩人の家を訪ねる三島。そこには天体を観測しながら、自給自足の生活を営む生活があった。三島はそこが楽園に思えた。その中に溶け込み受け入れられる三島。しかし、そのことで施設の代表である恩人からの嫉妬を受けることになる。次第にそのひずみは顕著となり、施設に集まるそれぞれの人間関係を複雑にしていく。三島はいつの間にか、かつての恩人と対立することになっていく…。  主人公の三島を演じる向井理は3年ぶりの舞台出演。かねてから蓬莱作品への出演を熱望していたという。 パルコ・プロデュース『星回帰線』 【日時】10月2日(日)?30日(日)(開演は月14時、火木金19時、水土14時/19時、日14時。※2日(日)は15時開演。3・11・17・24日休演。開場は開演30分前。当日券は開演1時間前)【会場】東京芸術劇場 シアターウエスト(池袋)【料金】全席指定 7500円、U-25チケット4000円(観劇時25歳以下対象・当日指定席券引換・要身分証明書)※U-25チケットは、チケットぴあ・前売り販売のみの取り扱い/プレビュー公演(1日19時)4000円【問い合わせ】パルコステージ・インフォメーション(TEL:03-3477-5858[HP] http://www.parco-play.com/ )【作・演出】蓬莱竜太【出演】向井理、奥貫薫、野波麻帆、高橋努、岩瀬亮、生越千晴/平田満

向井理&綾野剛「10年後はお互い”隊長”に」

2015.08.12 Vol.648
 昨年、放送された人気ドラマの続編となる、映画『S-最後の警官- 奪還』の完成披露試写会が11日、都内にて行われ、向井理、綾野剛、新垣結衣、吹石一恵、青木崇高、池内博之、平山浩行、高橋努、 大森南朋、平野俊一監督が登壇した。
警察の特殊捜査班・NPSに所属する主人公・神御蔵一號と仲間たちがテロリストに立ち向かう姿を描くアクション群像劇。一號役の向井は「映画では、ドラマより少し成長した一號の姿が見られると思います」と、キャラクター、内容ともにスケールアップした本作をアピール。そんな向井について平野監督も「(クライマックスシーンの撮影では)話しかけられないほどの迫力だった」と絶賛。一號のライバルで、SAT所属の天才スナイパー・蘇我伊織役の綾野は「向井さんとは長い付き合いになるなと思いました。10年後、互いに隊長になってたらいいですね」と、シリーズの今後にも期待を寄せた。
プライベートでも親交があり、2人でも飲みに行くという向井と綾野だが「映画の話? 全然しません(笑)」イベントでは、ハプニングでサンダルの留め金が外れた吹石を綾野が気遣ったり、キャスト同士がLINEで励まし合っていたというエピソードを新垣が披露したりと仲の良さがうかがえた『S』チーム。最後に向井は「願わくば、もう一度『S』が作れるように、応援していただけたら」と意気込みをみせた。  映画は8月29日から全国東宝系で公開。

向井理 料理上手は「イメージだけ」

2015.01.28 Vol.635
20150128b.JPG
 向井理が28日、都内で行われた全労済の新CM発表会に出席した。

 火災共済、自然災害共済がリニューアル、『住まいる共済』として新たなスタートを切るというもの。
3年超にわたって同共済のCMキャラクターを務める向井は「震災があったし、自然災害も多い。家のことをしっかりしないとって思います」と、コメント。高いところに瓶をおいたり、留守にするときはガスの元栓がしまっているかなど確認するなど気を付けているそうで、「身の回りのことをやるだけで変わってくる。小さいことからやるようにしています」と話した。

 理想の家の条件について聞かれた向井は、「使い勝手のいいキッチン。それとちょっと歩いたら公園があるとか」との答え。役作りなどで体重のコントロールのために自炊したり走ったりするためだそう。司会者が料理上手なイメージがあると伝えると、「イメージだけだと思います」と微笑んだ。

 フォトセッション中に「結婚おめでとうございます!」と報道陣が声をかけると、向井は無言だったが、にわかに笑顔を浮べて頷いていた。

衝撃を超え、浮かび上がる真実『S−最後の警官−』

2014.07.20 Vol.622
 向井理演じる、猪突猛進な元ボクサー警官・神御蔵一號と、綾野剛演じる冷静沈着な天才スナイパー・蘇我伊織、対照的な2人の特殊部隊員が仲間とともに危険な任務に立ち向かう姿を描き、人気を博したドラマ。小森陽一の人気漫画を原作に、向井、綾野をはじめ吹石一恵、大森南朋ら人気俳優が勢揃い。  崩壊寸前の日本の治安を守るための“最期の砦”と位置づけられるSATとSIT、そして新たに誕生した“第3のS”NPS。既存の“S”と異なり犯人を生かしたまま確保することを目的とするNPSに配属された神御蔵一號。“倒すための拳”ではなく“守るための手”を持つ男がいま立ち上がる!  ドラマ放送前にすでに映画化が決定しており、国際テロリスト・M役のオダギリジョーや女性狙撃手役の新垣結衣らの活躍も控えている。

スター俳優が大集合!!『劇場版SPEC〜結〜漸ノ篇』

2014.06.22 Vol.620
 世の中には、通常の人間の能力や常識では計り知れない特殊能力=SPECを持った人間が潜んでいる…。  警視庁公安部の特別捜査官が、SPECを持った犯人に立ち向かう姿を描いたドラマ『SPEC』。2010年に放送を開始するや、鬼才・堤幸彦ならではの謎に満ちたストーリー展開と斬新な映像表現で、瞬く間にファンを確立。その後も、ドラマの続編、劇場版とシリーズが生まれヒットを記録。その完結編となる、前後編がついにDVD&ブルーレイに登場。  ニノマエとの死闘に勝利した当麻と瀬文。しかし何者かは着々と世界の終息に向け準備を進め、特殊能力者たちが次々と世間を騒がせ始める。そしてついに当麻のSPECも覚醒し…。   主演の凸凹コンビ、当麻役の戸田恵梨香と瀬文役の加瀬亮らレギュラー陣に加え、向井理、大島優子、香椎由宇、KENCHI(from EXILE)など豪華キャストも参加。当麻と瀬文が暴き出す、驚愕の真実とは!?

Copyrighted Image