関ジャニ∞村上信五の1人舞台が復活 スポーツの日に一夜限りの生配信

2020.07.10 Vol.Web Orginal

 関ジャニ∞の村上信五が1人舞台『If or…』(読み:イフオア)を一夜限りの生配信で開催する。日程は、東京オリンピック2020が開幕予定だった“スポーツの日”の24日で、聖地・東京グローブ座から配信する。 「こういう世の中であっても、新しいエンターテイメントの形を模索していくのが僕らの役割だったりもするので、僕に今できることは何かな・・・と考えて『If or…』の生配信をやってみることにしました。生配信ならば、日本全国の皆さんとリアルタイムでコミュニケーションを取ることができますし、『If or…』で作ってきた舞台の空気感も表現できるのかな、と思いまして」と、村上。  舞台は、タイトルが示すように、 “もしも村上が○○だったら~”という設定のもと、さまざまなエンターテイメントの要素を用いて構成。今回は「今できることを、できる限りやってみよう」というコンセプトで、配信視聴チケットの購入者に対して村上考案のアンケートを事前に実施し、声を取り入れつつ、村上ならではのエンターテイメントに挑戦する。舞台上の村上が画面越しに掛け合うような空間をつくるという。  村上は、「せっかくなので、新しい映像システムも取り入れてみたりしながら、配信を見終わったあとに、「まぁ、なんか楽しかったな?」と言ってもらえるような作品にできればと思っています。肩に力は入ってませんので(笑)。タイムラグや回線トラブル、皆さんの通信環境も違ったりもすることで、全部が全部計算通りにはいかないかもしれませんが、それもこれも今回ならではの楽しみ方として受け入れてもらえると嬉しいです」と、コメントを寄せている。 『If or…』は、村上が・演出、出演のすべてを村上が担当するセルフプロデュースの1人舞台。2009年にスタートし、2018年まで10年にわたって上演。シリーズの通算が300回を迎えた際に、いったん幕を下ろした。  チケットの販売は7月10日12時~24日21時まで。見逃し配信はない。

三宅健が人生初の自主練 最新舞台で章平と激しいやりとり

2018.10.03 Vol.Web Original
 三宅健が主演する舞台『二十日鼠と人間』が3日、東京グローブ座で開幕した。  米小説家で劇作家のジョン・スタインベックの作品で、1930年代の世界恐慌下のアメリカを舞台に、農場を渡り歩いて働く主人公ジョージ(三宅)が直面する厳しい現実と、相棒レニー(章平)への想い、その思いゆえの葛藤と苦悩を描く。  同日、初日公演前に公開ゲネプロが行われ、主要キャストが取材に対応した。  作品について、三宅は「面白い戯曲で、追求していくと奥が深い。ジョン・スタインベックがギミックを仕掛けてある。ここはこういう解釈なのかもしれないというのがどんどん出てくる」。ただ、演じている役柄については「疲れます。この作品に感情を引っ掻き回されている感じがします。(舞台が終わった後は)どんよりします。(稽古中も)どんよりしてました」。

KAT-TUN中丸がソロアクトライブ「好きなこと詰め込む」

2017.07.20 Vol.694
 KAT-TUNの中丸雄一が9年ぶりにソロアクトライブを上演する。中丸が構成・演出するセルフプロデュース公演で、タイトルは『中丸君の楽しい時間2』。10月27日に東京公演が開幕、その後、大阪公演も行われる。  2008年に『中丸君の楽しい時間』を中丸のセルフプロデュースで上演。映像と照明を駆使し、コント、パフォーマンス、一人大喜利、質疑応答大会、パロディ番組のほか、得意のヒューマンビートボックスを披露するなど、中丸の魅力を詰め込んだ内容で、大好評だった。  今回もセルフプロデュースで行われるが、前回とは違うものになるという。コントやパフォーマンスを盛り込みつつ全編がひとつのストーリーとしてつながる展開になるという。  中丸は公式サイトで「前回の舞台を終えてから、ずっと再度行いたいと考えていましたが、なかなかタイミングが合わず、ようやく実現します」とコメント。さらに「丹精込める舞台にする予定ですので、ぜひ東京、大阪公演に足をお運びください」と、意気込んでいる。  東京公演は、10月27日~11月18日まで、東京グローブ座で。大阪公演は11月21~25日まで梅田芸術劇場シアタードラマシティで。チケット一般発売は9月10日。詳細は公式サイト(https://www.tanoshii-jikan.jp)で。

Copyrighted Image