スキマスイッチが自身初の海外公演! 台北公演概要を発表

2019.12.06 Vol.Web Original
 スキマスイッチが6日、2020年3月に行う初の海外ワンマンライブの台北公演の概要を発表した。台北公演は3月22日で、CLAPPER STUDIOで行われる。VIP席(特典付き)NT$ 2,800元、一般席 NT$ 2,200元。チケットの発売は12月21日の台湾時間午前11時。アジアでの日程は、台北のほか、ジャカルタ(3月20日)もある。  スキマスイッチは現在、全国30カ所38公演を巡る全国ツアー「SUKIMASWITCH TOUR 2019-2020 POPMAN'S CARNIVAL vol.2」を敢行中。今回のツアーは、ヒット曲、定番曲はもちろん、あまりライブで演奏されなかったレアな曲まで、キャリアの中から満遍なくセレクトされた楽曲を 、存分にアレンジを加えながら披露していくもので、公演のたびに大きな歓声を集めている。  スキマスイッチは今月で結成20周年を迎える。

海外からのお客さん、いらっしゃい! 羽田空港で銭湯文化をPR

2017.02.20 Vol.684

 イベント『羽田空港から銭湯文化を世界に発信!2017 ~みんなでSENTOをもりあげよう!~』が18、19日の2日間、羽田空港国際線旅客ターミナルで開催された。  訪日観光客を中心に、より多くの人に銭湯の利用をPRするイベント。日本語と英語をミックスしたバイリンガルの銭湯紙芝居や銭湯画家の丸山清人氏を招いての銭湯画教室、銭湯トークショーなどが行われ、子供から大人まで多くの人が、さまざまな角度から銭湯文化を味わった。  銭湯業界では、2020年に東京五輪を控え、訪日観光客に対して積極的にアピールを行っている。英語をはじめとした多言語のポスターを掲出して銭湯のマナーを分かりやすく紹介したり、各銭湯に指を指すことでコミュニケーションが取れるツールが配布され、対応できるようにしているという。  全国公衆浴場業生活衛生同業組合連合会の近藤和幸理事長によれば、銭湯側が訪日外国客へのコミュニケーション上の不安を感じて戸惑う時期は「もう過ぎた」。訪日観光客をもてなす用意はできているといい、各銭湯に英語でのメッセージを記したシールを配布するなど、海外からの観光客に対して銭湯の敷居を低くしていくという。

Copyrighted Image