細田守監督作品とコラボしたテーマパークがよみうりランドに3月登場!『サマーウォーズ』公開10周年で

2020.02.24 Vol.Web Original
 スタジオ地図、細田守監督作品とコラボしたテーマパークが、よみうりランドに期間限定で登場する。映画『サマーウォーズ』の劇場公開10周年を記念して行われる特別イベント「SUMMER WARS EXPERIENCE PARK in よみうりランド(SWEXP)」で、3月20日にスタートする。  園内には、『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『未来のミライ』の5作品とコラボレーションしたエリアができ、コラボアトラクションも10種類登場する。各エリアでは、イベント限定フードメニューや、ARを用いたキャラクター探しラリーなどが楽しめる。  4月3日からは、特別映像の公開を含む「サマーウォーズ公開10周年記念特別展」も開催される。  3月20日から6月7 日まで。

10周年の『サマーウォーズ』とタッグを組んだ明治安田生命の新CM公開 

2019.06.28 Vol.Web Original
 プロジェクト『サマーウォーズ』10周年とタッグを組んだ明治安田生命の新CMが28日、公開された。  新CMは、MYライフプランアドバイザー(保険営業職員)が、日々、悩み奮闘するなかで、10年前、高校生の時に見た『サマーウォーズ』の栄おばあちゃんの言葉を思い出して、勇気づけられるというもの。  CMの特設サイトでは、映画『サマーウォーズ』で作画監督を務めたスタジオ地図所属の青山浩行氏によるタイアップビジュアルも公開中。  映画『サマーウォーズ』は、細田守監督による、2009年に公開された作品。ひょんな事から巻き起こった世界の危機に、主人公と大家族が一致団結して世界の危機に立ち向かうというもの。今年公開から10年を迎え、アニバーサリーイヤーを記念したさまざまなプロジェクトを展開している。  7月6日からは、長野県上田市にある上田市立美術館、サントミューゼにて『サマーウォーズ』10周年記念 未来のミライ展~時を越える細田守の世界が開催される。

ゴールデンウイークは野外で細田作品! みなとみらいで野外シアター

2019.04.04 Vol.Web Original
 無料で映画鑑賞が楽しめる野外シアター「SEASIDE CINEMA 2019」が今年も5月1日~5日、横浜赤レンガ倉庫とMARINE & WALK YOKOHAMAに登場する。昨年は33万人が来場した人気イベントで、今年も多くの人が足を運びそうだ。  横浜赤レンガ倉庫とMARINE & WALK YOKOHAMAの2会場で行われる。  横浜赤レンガ倉庫の会場は、「米国アカデミー賞 ノミネート記念 細田守監督作品特集」と題して、スタジオ地図全面協力のもと、史上初となる細田守監督の歴代5作品の野外上映を行う。1日に『時をかける少女』でスタートし、『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』、『バケモノの子』、そして『未来のミライ』でフィナーレを飾る。  もう一つの会場のMARINE & WALK YOKOHAMAでは、近年のミニシアター映画の傑作5作品。1日から順に『君の名前で僕を呼んで』、『ムーンライズ・キングダム』、『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』、『シング・ストリート 未来ヘのうた』、『ベイビー・ドライバー』。    いずれも入場料無料で、事前予約も不要。飲食物の持ち込みもできる。

『万引き家族』『未来のミライ』米アカデミー賞にノミネート!

2019.01.23 Vol.Web original
 アメリカ最大の映画の祭典・第91回アカデミー賞のノミネーション発表が現地時間22日に行われ、日本の是枝裕和監督作『万引き家族』が外国語映画賞に、細田守監督作『未来のミライ』が長編アニメーション映画賞にノミネートされた。 『万引き家族』は昨年、第71回カンヌ国際映画祭にて最高賞のパルムドールを受賞し世界各国で高く評価。米アカデミー賞ノミネートにも期待が高まっていた。

上野公園で野外シネマ「サマーウォーズ」で #平成最後の夏 を本気で締めくくれ!

2018.09.18 Vol.Web Original
 上野の東京国立博物館は9月21、22日、恒例となった「博物館で野外シネマ」を開催する。上映するのは長編オリジナルアニメーション映画『サマーウォーズ』(細田守監督、2009年)。  当日は、博物館の敷地の中で、屋台のフードやドリンクを楽しみながら、映画を鑑賞できる。さらに、『サマーウォーズ』のオフィシャルグッズの販売、現在池袋パルコで開催中の「未来のミライカフェ」が出張オープン。さらに、劇中のキャラクターと写真が撮れるフォトスポットも登場する。また、映画の舞台になった長野県上田市のブースなどもある。  映画の上映は、21、22日とも19時から。上映時間は約120分。会場は東京国立博物館本館前。雨天時は中止。中止の際には当日朝10時までにツイッターなどで告知される。  参加には事前の申し込みは不要。映画鑑賞は無料。ただ東京国立博物館の入場料が必要になる。同博物館の総合文化展チケットとトーハクオリジナルレジャーシートつきのセット券の販売もある。セット券は一般が1000円、大学生が800円。レジャーシート(500円)は会場内での販売もある  このイベントは、東京国立博物館と移動映画館キノ・イグルーがタッグを組んで行っているもの。2016年に細田監督の『時をかける少女』を上映した際には、1回の上演に6500人を超える人が集まった。

星野源、新作映画の舞台挨拶で「大好きです!」相思相愛の相手は…

2018.06.26 Vol.Web Original
 映画『未来のミライ』のジャパンプレミアが25日、都内で行われ、声優を務めた俳優の上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子と細田守監督が登壇した。 『未来のミライ』は『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などの大ヒットアニメーション映画を生み出してきた細田監督の最新作。上白石演じる4歳の主人公の少年“くんちゃん”が、未来からやって来た成長した妹“ミライちゃん”との絆を通して、成長する姿を描く。

細田守監督作品『バケモノの子』展

2015.07.25 Vol.647
 細田守監督最新作『バケモノの子』。『時をかける少女』、『サマーウォーズ』。『おおかみこどもの雨と雪』を経て誕生した『バケモノの子』とはどのような作品なのか? 楽しい展示でその魅力が分かる『バケモノの子展』が、東京・渋谷で開催中。同展では、各作品の絵コンテや背景美術などのダイナミックな展示や、話題のクリエイター陣とコラボする体感型展示のコーナーなどを通じ、細田守監督と多くのスタッフが作り上げた映画の魅力に、イベントならではの視点で迫る。現在、ローソンチケット限定のプレミアムグッズ付チケットが発売中。数量限定の超レアグッズなのでお早めに!ローソン・ミニストップ店頭Loppiで!

Copyrighted Image