一度は見に来て!ハウススタジオ【腕利き宣伝マンが猛プッシュ「コレよ、コレ!」】

2020.01.19 Vol.726
 大西さんが番頭として活躍する「つつじヶ丘キッチン&ハウススタジオ」は、CMやスチールの撮影などに使われる貸しハウススタジオ。特長は? 「一軒家をハウススタジオとして利用しているタイプではなく、撮影のために建てられたハウススタジオというのが一番のポイントですね。30年くらいの歴史があるんですけど、撮影用語で“引きじりがある”といって、カメラを引ける空間があるので監督さんやカメラマンの方に好評です。撮影スタッフのリクエストに対応してリフォームを重ねていて、たとえばトイレの撮影がしやすいようにドアや壁が外せるようになっていたり、移動壁があって部屋のイメージが変えられるようになっていたり」  ふむふむ、便利な作りなんですね。 「キッチン&ハウススタジオという名前の通り、キッチンの撮影にも特化しています。可動式のアイランドキッチンがあってガスコンロとIHを入れ替えたり、シンクの場所を変えたり、自由自在に組み合わせられるため、さまざまな撮影を1カ所でできるところも大きな魅力です」  どんなお客さんが利用されているんですか? 「クチコミやリピーターのお客さんが多いです。とはいえ、ロケハンなしで撮影できるのはリピーターの人だけ。僕は“撮影隊一度見に来て、二度目は仕事で”って言っていて、使い勝手がいいなとか、引きじりがあるなというのは見学すれば分かっていただけると思います。映像関係の人はぜひ!」

これが本当の“最強のふたり”!【腕利き宣伝マンが猛プッシュ コレよ、コレ!】

2017.11.02 Vol.699
「日本でも“ロック様”として知られているドウェイン・ジョンソンと、アメリカの人気コメディアン、ケヴィン・ハートが共演する、痛快なバディームービーなんですが、本作、全米興行収入1億2000万ドルというメガヒット作なんです。」  1億超えって…トム・クルーズも出てないのに!? 「実はこの2人それぞれとある“世界一”記録を持っているんです。ドウェインは“世界で最も稼いだ俳優2016”第1位。ケヴィンは“世界で最も稼いだコメディアン2016”第1位。そんな2人の共演作とあって、アメリカでも大ヒットしたわけなんです」  まさに、これぞ本当の“最強のふたり”。 「高校時代に太っていていじめられっ子だったボブ(ドウェイン)と、高校の人気者だったカルヴィン(ケヴィン)が20年ぶりに再会するんですが、ボブはすっかりマッチョに、カルヴィンはさえない中年会計士に。立場が逆転しているのも笑えるんですが、マッチョになりはしたものの、いまだいじめられっ子気質が抜けきれないロック様の姿も必見です。劇中、ロック様がいかにもなウエストポーチを身に着けているんですが実はこれ、実際にウエストポーチをつけた昔の写真が発掘され、ネットのネタになったのをイジられているんです。プロのコメディアンであるケヴィンが参加しているだけあって笑いもキレッキレです!」  ウエストポーチネタは確かに笑える。

ニンニク好き集まれ! 『シン・ガーリックパラダイス』でスタミナ料理を堪能【腕利き宣伝マンが猛プッシュ コレよ、コレ!】

2017.09.12 Vol.698
 人気のガーリック料理が一堂に会するフードイベント『シン・ガーリックパラダイス』が9月12日から開催。本イベントの広報スタッフ・谷本千晃さんは「私もそうなんですが、ニンニク好きにとって会場はまさに天国ですよ」と語る。  そんな谷本さんが気になるメニューは? 「どれもこれも食べたいんですけど、メニュー名からしてすごく気になるのが、お店では4年に1度“2月29日=にんにくの日”にしか登場しないというラーメン〈千里眼〉さんの『ニンニクザンマイコレデモカ!!』。高級ブランドニンニク“青森県産 福地ホワイト六片”を使った〈はじめの一っぽ〉さん の『青森県産特大にんにくの丸揚げ』も食べたいです。麺やライスなどの主食系、肉系、おつまみ系など“コース”でいろいろなニンニク料理を楽しめると思います。ニンニクが足りない!という方はメニューによって“ガリマシ”でガーリックを追加することもできますよ」  しかも今回はニンニクだけでは終わらない! 「ウナギやすっぽん、肉などのスタミナ料理も登場します。ニンニクと合わせて召し上がって、しっかりスタミナを付けていただければ。会場では口臭対策用の清涼カプセルアイテムも無料配布しますし、来た人と一緒にニオえば怖くないですよ! また9月20日からは同じく大久保公園で姉妹イベント『東京パクチーPARTY』も開催するのでこちらもお楽しみください」

カスタマイズできるケータイマグ【腕利き宣伝マンが猛プッシュ コレよ、コレ!】

2017.09.07 Vol.697
「サーモスのケータイマグの定番『サーモス 真空断熱ケータイマグ JNLシリーズ』は、発売5年で1200万本以上出荷している人気アイテム。魔法びん構造により、優れた保冷力、保温力を持つ、持ち運びに便利な水分補給アイテムです。さらに、ワンタッチでふたが開けやすい手軽さと、飲み口が簡単に外せとても洗いやすいのも、人気の秘訣です」と笹渕さん。  サーモスならではのこだわりがいっぱい。さらに、この秋には新製品が発売。 「9月に発売される『サーモス 真空断熱ケータイマグ JNRシリーズ』は、自分なりにカスタマイズできるボトル。ケータイマグの愛用者が増え、ボトルがかぶってしまうという声も多く聞かれ、また毎日持つものなので、ボトルに愛着を持っていただいている方も多く、発売することになりました。具体的には、別売りのプレートとシールがセットになったものを購入いただき、プレートにお好きなシールを張り、ボトルの天面にセットしていただきます。また、その他にもボトルに直接張れるタイプもご用意。シールは、洗ってもはがれにくいものを採用しています。それらを使い自分好みにカスタマイズすることで、より愛着を持っていただけると思います」  カスタマイズ以外にも工夫が。 「ボトル本体のデザインも、丸くてかわいいものになっていますし、リングやボタンをこれまでより大きくすることで、より簡単にふたを開けられるようになりました。また、飲み口の裏の凹凸を減らすことで、洗いやすさも向上。他の製品もそうですが、新しいアイテムを出すたびに、より使いやすいように改善をしています。ケータイマグは、エコで経済的。さらに、ペットボトルに比べ、冷たいものは冷たく、温かいものは温かい状態で飲むことができ、結露もしません。いつでも自分の好きなドリンクを持ち運べる楽しさを感じていただける製品です」

JOYSOUNDから業界初の「ハイレゾカラオケ」が誕生!【腕利き宣伝マンが猛プッシュ】

2017.08.22 Vol.696
 ジョイサウンドに歌ウマ気分が味わえる新機種が登場したとか…。 「7月に発売したJOYSOUND MAX2です」と島村さん。「ヨーロッパ音楽ソフトシェア№1のドイツのMAGIX SOFTWARE社と楽器の音をひとつひとつ録音して、丁寧にチューニング。まるで生演奏を聞いているかのような音質を実現した従来機のサウンドをそのままに、業界初のハイレゾカラオケが誕生しました」  それが歌がうまく聞こえる秘密? 「はい。CDでハイレゾというと約6.5倍厚く音を再現しますが、JOYSOUND MAX2では、歌っている歌声をハイレゾとして処理することで、奥行きや圧力、表現力がグンと豊かになります。また、従来機に比べ、マイクに入った音が今までより早く自分の耳に返ってきます。それにより、歌いやすく、声も繊細で聞こえやすくなるので、自分がすごくうまく歌えているように感じます。これは自分だけではなく、聞いている人にもはっきりと違いが分かります」  うまく歌えるというのは魅力ですよね。 「今のカラオケは、採点機能やいろいろなスペックが充実していますが、気持ちよく歌いたいという原点に返り注力したのが、今回のJOYSOUND MAX2です。そのほか、360度包み込まれるように音が聞こえるアリーナサウンドも搭載しており、まるで自分がライブ会場で歌っているかのような広がりを感じることができます。観客の声援が最適なタイミングで入るなど、一人カラオケでも盛り上がっている感が出せますし、ほどよいエフェクトが効くので、大人数の時にはちょっと自信がなくても、歌いやすいと人気です。JOYSOUND MAX2では、とにかく音源にこだわりました。実際に聞いていただくと、そのすごさを実感していただけると思いますので、ぜひ試してみて、音の良さを体感して下さい!」

横浜赤レンガ倉庫で“アフリカ”満喫 【腕利き宣伝マンが猛プッシュ コレよ、コレ!】

2017.08.13 Vol.695
 毎年、東南アジアやアメリカ西海岸、中南米など、その年ごとにテーマを決め海外リゾートの雰囲気を再現する横浜赤レンガ倉庫の夏のイベント。今年のテーマは…? 「昨年、大好評だった南米に続きまして、今年はアフリカをテーマに開催します。会場は、アフリカの集落をイメージしたエリア、敷き詰められた白い砂の上を歩くことができる砂漠エリア、シンボリックなやぐらの下に水辺を用意した水辺エリアという、3つのエリアで構成。植物プロデュース集団SOLSOさんに、会場デザインを手掛けていただき、空間全体でアフリカを演出します」  毎年、会場の演出にこだわりが感じられますよね! 「集落エリアと水辺エリアには飲食ブースもあって、そこではアフリカの本場感あふれるメニューを楽しんでいただけます。オススメは『ローストクロコダイル』(1本1200円)。ワニの足をアフリカの調味料アリッサと一緒にローストした一品です。僕も試食しましたがトリ肉っぽくておいしかったですよ。見た目もインパクト満点なので写真映えすること請け合いです(笑)。他にもバオバブの粉を使ったおしゃれなドリンクなど、現地を体感できるメニューを楽しんでいただけます」  手づかみでワニの足にかぶりつく1ショット…人生で1度は撮っておくべきかも。 「7月28日のオープニングセレモニーでは、西アフリカの伝統打楽器ジャンベのパフォーマンスなども行うので生演奏を聴きたいかたはぜひいらしてください。ただでさえ暑いので、この際、この暑さを楽しんでいただければ(笑)」  海風を受けながら陽気なアフリカンリゾートを楽しんじゃおう!

Copyrighted Image