SearchSearch

【読者プレゼント】映画『ある男』原作本を読者3名にプレゼント

2022.11.17 Vol.web original

 芥川賞作家・平野啓一郎による同名ベストセラーを『愚行録』『蜜蜂と遠雷』の石川慶監督が映画化した感動のヒューマンミステリー。

“夫”として生きた男は誰だったのか。その男はなぜ別人として生きたのか。その正体を探る主人公が真実にたどり着いたときに明かされる「愛」と「過去」とは…!

“ある男”の正体を追う主人公の弁護士・城戸を演じる妻夫木聡をはじめ、城戸に亡き夫の身辺調査を依頼する里枝役の安藤サクラ、里枝の夫「大祐」として生きた“ある男”役に窪塚正孝、さらに清野菜名、眞島秀和、小藪千豊、仲野太賀、真木よう子、そして柄本明ら日本を代表するオールスターキャストが集う。

 11月18日の映画公開に合わせ平野啓一郎著の原作本を読者3名にプレゼント。

「カルテHD」の人気ハンドクリーム「モイスチュア ハンドクリーム」が大容量に!【読者プレゼント】

2022.10.30 Vol.752

 スキンケアブランド「カルテHD」の大人気のハンドクリーム「モイスチュア ハンドクリーム」に2倍サイズの100gが新登場。

 肌の角質層にあるラメラ構造を整えるヘパリン類似物質HDを配合し、乾燥によるカサつきや指先のひび割れ、繰り返す手荒れをパワフルにケア。発売1カ月半で累計出荷数30万個を突破したハンドクリームが大容量になって、毎日のお手入れはもちろん、これからの季節はスペシャルケアとしてたっぷりなじませハンドマッサージにも使える。

 無香料、税込1650円。

「カルテHD モイスチュア ハンドクリーム 100g」を3名にプレゼント。

毎日のおかずやローリングストックに!国産コンビーフ第1号「ノザキのコンビーフ」【読者プレゼント】

2022.10.29 Vol.752

 国産コンビーフ第1号として、1948年の発売開始から70年以上にわたって愛されている「ノザキのコンビーフ」。

 2020年にパッケージを「枕缶」から「アルミック缶」に変更したことで、製造日から3年6カ月常温保存できるようになった。調理せずにおいしく食べられるため、台風、高潮、津波、地震などの災害に備えて非常用の備蓄食品やローリングストックに。もちろん季節の野菜や卵などと合わせ、毎日のおかずやおつまみ、休日のつくりおきの食材にも便利。

「ノザキのコンビーフ」を6個セットで10名にプレゼント。

持続可能な社会に必要なキーワード「エシカル」とは?日本初の『エシカル白書』発売

2022.07.10 Vol.751

 新型コロナウイルス、気候変動、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻……経験したことのない困難な時代を生き抜く私たちが、持続可能な社会の実現に向けて重要な概念が「エシカル(ethical=倫理的な)」。一般社団法人エシカル協会では、「エシカル」をキーワードにまとめた日本初の白書『エシカル白書 2022-2023』(山川出版社)を発売した。

 同協会代表理事・末吉里花氏とジャーナリスト・国谷裕子氏による対談や脱炭素・海洋プラスチック・フードロス・児童労働および強制労働といった社会課題の解説、国連が発表する統計データの読み解きを網羅。さらにスウェーデン・ポートランド・バリ島・徳島県上勝町といった国内外の先進事例、IPCC主執筆者の江守正多氏、アニマルライツセンターの岡田千尋氏、『人新世の「資本論」』著者の斎藤幸平氏ら識者の論考も掲載し、私たち一人ひとりがエシカルな視点を持つことの大切さを教えてくれる。

 発売を記念して『エシカル白書 2022-2023』を3名にプレゼント。

『昆虫記』ファーブルの世界に没入!東京ドームシティで「体感する昆虫展TOKYO」

2022.07.08 Vol.751

 東京ドームシティ「Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)」にて、まもなく生誕200周年となる『昆虫記』のアンリ・ファーブルを記念し、「ファーブルに学ぶ!体感する昆虫展TOKYO」を開催。

 会場ではファーブル『昆虫記』に関連する昆虫標本やファーブルの遺品など数々の資料の他、特に有名なスカラベ、オオクジャクヤママユ、ヌリハナバチの研究を詳しく解説。

 全長約3mの巨大な昆虫ロボットが登場する「巨大昆虫の森」、人間のスケールに置き換えて昆虫視点になれる「スカラベの巨大ふん玉」「ヌリハナバチ迷路」、ヘラクレスオオカブトやコーカサスオオカブト、ギラファノコギリクワガタなど人気昆虫の生体展示や、生きたカブトムシやクワガタムシとふれあえる「昆虫ふれあいの森」など体感型の展示も盛りだくさん! 9月4日まで。

 開催を記念して同展の入場招待券を5組10名にプレゼント。

「アヴァンセ ジョリ・エ ジョリ・エ」から美眉をキープする「2Wayアイブロウ」

2022.07.07 Vol.751

 この夏おすすめの2Wayタイプのアイブロウ「アヴァンセ ジョリ・エ ジョリ・エ 2Wayアイブロウ リキッドティント&パウダー」。

 極細の筆先で眉尻や眉と眉の間をしっかり描ける「リキッドティント」と、ふんわり眉に仕上げるやわらか質感の「チップオンパウダー」が1本になった優れもの。「リキッドティント」は湿気や汗で崩れにくいセルフタンニング処方を採用、描いた6時間後に角質層を染色してターンオーバーにより約3日間で自然に薄くなる。まつ毛美容液「ラッシュセラムシリーズ」の美容液成分が配合され、眉毛をケアしながら美眉をキープ。

 これからの季節のスポーツ、海やプールなどのレジャー、忙しい朝にも便利な1本!

 同商品の「ナチュラルベージュ」を3名にプレゼント。

【ムビチケ プレゼント】高級レストランの舞台裏を90分間ワンショットで描く話題作『ボイリング・ポイント/沸騰』

2022.07.02 Vol.web Original

 落ち着いた空間で丹精込めて作られた極上の料理を味わう…そんな高級レストランの舞台裏を舞台に、崖っぷちのオーナーシェフの波乱の一夜を描き、絶賛相次ぐ注目作『ボイリング・ポイント/沸騰』がいよいよ公開。

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』『アイリッシュマン』のスティーヴン・グレアムを主演に迎え、新鋭フィリップ・バランティーニ監督が手掛けるスリリングかつ濃密な人間ドラマ。

 2022年の英国アカデミー賞4部門(英国作品賞、主演男優賞、キャスティング賞、新人賞)にノミネートされ、英国インディペンデント映画賞(BIFA)では最多11部門にノミネート、4部門(助演女優賞、キャスティング賞、撮影賞、録音賞)を受賞した。

 映画『ボイリング・ポイント/沸騰』のムビチケ前売り券(オンライン)を2組4名にプレゼント。

 7月15日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開

映画『ALIVEHOON アライブフーン』一般試写会に読者10組20名をご招待

2022.04.28 Vol.web Original

 日本が生んだ、剛・速・美を競う“ドリフトレース”をド迫力のカーアクションで見せる話題作。“ドリフトキング”土屋圭市が監修・出演し、世界のトップレーサーたちの実走出演で、CGゼロのカースタントによる迫⼒の映像が実現した。

 ゲームにだけは驚異的な才能を放つ主人公・大羽紘一を演じるのは若手実力派・野村周平。eスポーツの世界から、リアルドリフトの頂点を目指していく主人公を熱演する。ヒロイン・武藤夏実役にの吉川愛。紘一にプロレーサーとして指導をする武藤亮介役は陣内孝則。紘一と対決する現ドリフト 日本王者・小林総一郎を青柳翔。紘一のライバルとなるトップレーサー柴咲快を福山翔大。監督は『キカイダーREBOOT』の下山天。

“本物”にこだわったカースタントが放つ臨場感、ライド感を大スクリーンで体感せよ!

『ALIVEHOON アライブフーン』は6月10日より全国公開。

「N organic」より待望の美白エイジングケア 「N organic Bright」デビュー

2022.04.26 Vol.750

 ライフスタイルビューティーブランド「N organic」よりこの春、待望の美白エイジングケアシリーズ「N organic Bright」が誕生した。

 ローションとエッセンスに植物由来の美白有効成分アルブチン、クリームにビタミンC誘導体であるアスコルビン酸2−グルコシドを配合し、医薬部外品を取得。それぞれに含まれる植物由来成分は81%以上となり、大人の肌悩みをしっかりケア。シトラスハーブの爽やかな香りで使うたびに癒される。

 発売を記念して「N organic Bright」3品をセットにして2名にプレゼント。

くりぃむ上田晋也、30代を振り返る爆笑エッセイ『激変 めまぐるしく動いた30代のこと』発売

2022.04.24 Vol.750

「くりぃむしちゅー」改名後、最も多忙な10年を綴る

 レギュラー番組12本を抱え、テレビで見ない日はないお笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の上田晋也。

 芸能生活30年のうち「くりぃむしちゅー」になってからの10年間を振り返る爆笑エッセイ『激変 めまぐるしく動いた30代のこと』(ポプラ社)が発売された。

 前作『経験 この10年くらいのこと』から1年、待望の第2弾エッセイは「海砂利水魚」からの改名、結婚、第1子誕生……と変化の激しかった30代のエピソードを中心に綴る。

 好評だった突っ込みページも童話になってパワーアップ!

 発売を記念して『激変 めまぐるしく動いた30代のこと』を3名にプレゼント。

キャスト・監督登壇! 映画『生きててよかった』トークイベント付き試写会に読者5組10名をご招待

2022.04.14 Vol.web Original

 

 綾野剛主演×藤井道人監督のタッグで話題を呼んだドラマ「アバランチ」で“最狂の敵”役を演じ注目を集めた“逆輸入俳優”木幡竜の主演映画『生きててよかった』が5月13日より新宿武蔵野館ほかにて全国公開。

 長年の闘いが体を蝕みドクターストップによって強制的に引退を迫られたボクサー・楠木創太は、第二の人生を歩むため恋人との結婚を機に新たな生活を始めるも、社会に馴染めず苦しい日々を過ごす。そんなある日、創太のファンだと名乗る謎の男から、大金を賭けて戦う欲望うずまく地下格闘技へのオファーを受ける…。

 限界を超えてなお、戦い続けることでしか生きる価値を見出せない元ボクサーの主人公・創太を演じたのは、自身もプロボクサーという経歴を持つ木幡竜。プロボクサー、サラリーマンを経て一念発起で俳優を志し、中国映画『南京!南京!』(09)で高い評価を得ると、翌年にはアンドリュー・ラウ監督の『レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳』でドニ―・イェンらと並び、悪玉のトップを演じ異彩を放った。昨年放送された綾野剛主演のドラマ「アバランチ」で“最狂の敵”を演じ注目を集め、本作でついに映画初主演を果たす。

 監督・脚本を務めたのは、自身の境遇や経験をもとに手掛けた『くそガキの告白』(12)がゆうばり国際ファンタスティック映画祭で審査員特別賞ほか 4 冠を獲得した鈴木太一。アクション監督に『ベイビーわるきゅーれ』(21)の園村健介。

Copyrighted Image