GENERATIONS 小森隼の【小森の小言】第31弾 通り過ぎゆく1週間

2019.08.08 Vol.Web Original
こんばんは。 もしくはこんにちは。 最近の僕はというと 時間の感覚と曜日感覚が完全にぐちゃぐちゃになっている。 今月31日から始まる僕たちGENERATIONSのツアーのリハーサルの日々で 朝から始まり夜に終わる。 言葉にするととても簡単な事だが これが毎日の体感になってくると話は変わってくる。 9時ごろにスタジオに入り その日に帰ることもあれば 日をまたいで帰る事も珍しくない。 時計の数字はただの区切りでしかなく スタジオは閉ざされた空間なので 陽の光を浴びる事はなく 2019年令和初めての夏は何時に日が落ちているのかわからないまま 秋を迎えるのだろうか。。。 ただ、辛いことばかりではない。 やはり目標を持って進めて行く事は そこに近づく達成感とワクワク感 その2つで自分の心は奮い立つ。 31日の札幌ドームにたくさんの方が来てくれて 皆さんからの歓声を想像する。 まだやれる。まだ出来る。 自分自身が輝けるよう さらに全員で頑張るのみ。 そして、毎日学校のように朝起きる時間が決まっていると 朝のルーティーンも変わってくる。 僕はとにかくリハーサルに来るメンバーに 僕が淹れたコーヒーを飲んでもらう。 本当に些細な事。 むしろ意味のない事なのかも知れないが 毎朝僕が起きてキッチンで淹れるコーヒーは メンバーを想って淹れる。 メンバーは結構なコーヒー好きだから 味の変化にも気付くし、各自で好みのコーヒーの味もある。 そして美味しい珈琲屋さんのコーヒーも飲んでいる。 だから適当には淹れられない。 正直疲れて早起きしたくない日もある。 コーヒーを淹れる時間を抜けば50分以上起きる時間が変わってくる。 でも、それでも朝に起きて何があってもコーヒーを淹れたくなる。 そして人の手が加わったものは少なからず、何か変化をもたらすと思っている。 朝にそうやって真剣に向き合う事で その日のリハーサルに真剣に臨める気がしている。 さっきも言ったがこんな些細な事 きっと意味のない事なのかも知れない。 でも 朝に感じる自分の疲労感。 梅雨が明けて朝が眩しい毎日に 太陽の清々しささえも恨んでしまいたくなるほど淀んだ心。 毎朝起きて洗面所で出会う今日初めての人。 鏡に向かって伝える’おはよう’ 今日も頑張って。伝えるエールは返ってくるブーメラン。 歯を磨きながらお湯を沸かす。 お湯が沸くまでが僕の歯磨きのタイムリミット。 23度から100度になるまで駆け上がる水の音。 まるでここから何かが始まるのを告げるかのように。。。 コーヒ豆。 砕けていって変わる姿を見て まるで自分がプロのような気分になる。 部屋中に漂う豆の匂いが僕の幸福感を刺激する。 コーヒー豆たちは生きている。 その土地の空気を吸って育ったから その土地の空気を届けているのかと思えば思うほど 産地によって匂いの違いがわかる。 この豆も誰かの想いが届けたご縁の糸。 コーヒーをハンドドリップして タンブラーに淹れる。 氷を瞬間にして溶かす熱い液体。 香り立つ湯気。 淹れた後の豆をゴミ箱に捨てて揺れるゴミ箱の蓋。 一つにまとめると 一瞬のことだけど 一つひとつに目を向けると こんなにもたくさんのことが起きていて 通り過ぎて行く1日を掴みたくなるくらい この世の中は色鮮やかなんだ。

GENERATIONS 小森隼の【小森の小言】第30弾 ジレンマを抱えたエモーショナルな心

2019.07.25 Vol.Web Original
梅雨。 文字で書けば当たり障りのないただの文字。 だけど言葉として発する時は少しばかり様子が変わるのである。 つゆ↓つゆ↑ 「ゆ」のイントネーションにより 言葉の意味が変わってくるものだから 三重県出身の僕にはこの季節は なかなか天候を伝えるのが難しい。 単純に雨、曇りとそのまま伝えれば良いのだが 梅雨だから曇り空が続くねー とか 梅雨が早く抜ければ良いのにね。 なんて会話を良くする。 ただ、僕は中学から上京しているものだから かなり早い段階で イントネーションのカルチャーギャップに幾度となく悩まされてきた。 例えば、 お→やゆび おや→ゆび 文字で表すのは難しいが 親指。この発音で中学の時かなりいじられた。 挙句の果てには 親指と言うワードを使わなくなったレベル。 でも、24歳になった今 梅雨。 この言葉に悩まされるのである。 どっちのイントネーションも正しい表現なのだが 東京というコンクリートジャングルでは どの発音が正解なのか僕にはもう分からない。 そのせいか、梅雨の話を全くしなくなった。 曇りの日 どんよりとした鉛色の雲が 東京の街一面を埋め尽くす日 世界の悲しみを全て吸い尽くし 雨という形で降り注ぐ 出しても出してもとどまる事なく 関東では先日21日ぶりの日照時間4時間以上という 久しぶりの太陽を見た。 暑いのは得意ではない。 だけど陽射しは浴びたい。 このジレンマにかられながらも 東京は梅雨を抜ける事なく 1日の色彩をワントーン下げた日を繰り返している。

「HiGH&LOW」シリーズ最新作に中務裕太と小森隼! 幼なじみ役に白洲迅も

2019.07.05 Vol.Web Original
 中務裕太と小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が、10月14日公開の映画『HiGH&LOW THE WORST』に出演することが決定した。2人は本作で俳優デビューとなる。また、同じくGENERATIONSのグループの数原龍友が歌う初のソロバラード曲「Nostalgie」が劇中歌として使用されることも発表された。  映画は、男たちの友情と熱き闘いをメディアミックスで描く「HiGH&LOW」シリーズと、不良漫画の金字塔「クローズ」「WORST」(原作・髙橋ヒロシ)がクロスオーバーする作品。  中務と小森が演じるのは、マンモス団地の希望ヶ丘団地で育ち、絶大なパワーを持つ兄弟のオロチ兄弟こと、尾々地真也(中務)と尾々地正也(小森)。劇中では激しいアクションシーンにも挑戦。鬼邪高校の絶対的番長・村山(山田裕貴)との共演シーンもあるという。

FANTASTICS 世界が「BATTLE OF TOKYO」への出演を見送り 初日公演で骨折

2019.07.05 Vol.Web Original
 FANTASTICS from EXILE TRIBE の世界が幕張メッセで開催中のライブ『BATTLE OF TOKYO ~ENTER THE Jr.EXILE~』の5~7日の公演への出演を見送ることがわかった。初日公演中に骨折、5日以降の公演は十分なパフォーマンスができないと判断した。4日、所属事務所のLDH JAPANが公式サイトで発表した。 “『BATTLE OF TOKYO ~ENTER THE Jr.EXILE~』幕張メッセ公演におけるFANTASTICS from EXILE TRIBE パフォーマー世界の出演に関するご報告”として、世界が、7月4日の「BATTLE OF TOKYO ~ENTER THE Jr.EXILE~」公演中に足の甲に違和感を感じたこと、病院にて診察を受け「中足骨骨折」と診断されたことを報告。そのうえで、診断結果を受けて、残りの公演は十分なパフォーマンスができないため出演を見送るとした。  公式サイトでは、「本人も悔しく、非常につらい決断ではありますが、FANTASTICSメンバー、本公演に一緒に出演しているGENERATIONS、THE RAMPAGE、BALLISTIK BOYZ、そしてスタッフ一丸となって世界の分まで明日からの公演を盛り上げていこうと心を一つにしております」と、している。 「BATTLE OF TOKYO」は、EXILEにあこがれて夢を追ってきた、GENERATIONS、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BLLISTIK BOYZ=Jr.EXILE世代のグループによる新しいエンタテインメント・プロジェクト。3日に4組がコラボレーションするアルバム『BATTLE OF TOKYO ~ENTER THE Jr.EXILE~』をリリース。4日から4日間、幕張メッセでライブを行っている。

【ワンワードでお願いします!】 世界、RIKU、砂田将宏に聞く、Jr.EXILE世代

2019.07.03 Vol.Web Original
世界(FANTASTICS)、RIKU(THE RAMPAGE )、砂田将宏(BALLISTIK BOYZ )に、Jr.EXILE世代、それぞれのチームから連想される一言を聞きました! 写真はすべて、撮影・蔦野裕 / スタイリスト・TAKUTO NAKASE / ヘアメイク・Toshiyasu Oki(BON)、RIKUのみAYAKO UENO(KIND)AKI(KIND)

GENERATIONSら、Jr.EXILE世代グループが大集結「新世代エンターテインメントを届けたい」

2019.06.29 Vol.Web Original
 活躍するEXILEを見ながら夢を追いかけてきたJr.EXILE世代による新プロジェクト「BATTLE OF TOKYO」のスペシャルイベントが29日、都内で行われ、GENERATIONS、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BALLISTIK BOYZの4グループが登壇した。  アルバム『BATTLE OF TOKYO ~ENTER THE Jr.EXILE~』を7月3日にリリース。収録されるのは、“GENERATIONS from EXILE TRIBE vs THE RAMPAGE from EXILE TRIBE”のように2つのグループでタッグを組み、コラボレーションならぬ“バトル”する楽曲で全6曲。それぞれの楽曲にはミュージックビデオがあり全曲つなげると50分のショートフィルムになる。それが7月4日からスタートする、同名のタイトルのライブ公演への序章的な作品になっている。  スペシャルイベントは、ファンを招き、その上映会。上映後に、メンバーと、本プロジェクトを企画プロデュースするEXILE HIRO、監督らが登壇。EXILE HIROは「めちゃくちゃ期待しています。こう見ると、みんな格好いいなと思う。EXILEと三代目(J SOUL BROTHERS)は兄弟な感じだけど、Jr.EXILE世代は“EXILEっ子”“LDHっ子”て感じ。小さいころから知っている子たちが活躍していいて……」と、横に立っている関口メンディーをチラリ。「メンディー以外には活躍を期待をしている(笑)」と付け加えて、メンディーにマイクを手渡した。

Jr.EXILE集結! BATTLE OF TOKYO新聞 7月2日発売

2019.06.18 Vol.Web Original
 Jr.EXILE世代の38人が集結したオリジナル新聞 「 BATTLE OF TOKYO新聞」(日刊スポーツ新聞社)が7月2日から発売される。  千葉・幕張メッセで開催されるライブ「BATTLE OF TOKYO~ENTER THE Jr.EXILE~」(7月4~7日)を前に発行されるもので、EXILE TRIBEのGENERATIONS、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BALLISTIK BOYZの メンバー38人が総出演する。  内容は、同プロジェクトを企画プロデュースするEXILE HIROの独占インタビューや、白濱亜嵐、佐野玲於、佐藤大樹の座談会、各グループのボーカルがの対談や鼎談など、ファン垂涎の内容となっている。  タブロイド判 32ページ、オールカラー。400円(税込)。 全国のJR、私鉄、主要コンビニエンスストア、ASA(朝日新聞販売所)などで販売するほか、18日から楽天ニッカンスポーツショッピングで予約販売予定 。

GENERATIONS 小森隼の【小森の小言】第27弾 「2019年6月13日の今。」

2019.06.13 Vol.Web Original
6月13日 本日をもって 小森 隼 24歳になりました。 今年で24歳に。。。 わかりやすい話、 1995年にこの世に生を授かってから 24年経ったことになる。 今から24年前 どんな場所で どういう状況で どんな人が どんな気持ちで 僕が生まれるのを手伝ってくれたのか 家族がどんな思いでその瞬間を迎えたのか。 僕は生まれてすぐ家族になんて言われたのか。 そんなことなんて、まるっきり知らないが 自分は自分だと 自分勝手に生きてきたのである。 時には悩み 時には涙して 周りにいる友達に助けられ 遠くから見守る家族に感謝の言葉を述べ 自分の想いを伝える事ができず 今居る場所からでは何も出来ず無意味に周りのみんなを傷つけたり 自分なりに色々な事を感じながら時間を積み重ねてきたのだが、 10代の頃に思っていた24歳とは全く違う人生を歩んでいる。 唯一合ってるのはLDHに所属している事だけである。 24歳の僕が コーヒーと紅茶を趣味にしてるとは 高校生の僕は思ってなかったし。 バスソルトとアロマを入れてお風呂に浸かってるとは 中学生の自分は想像してなかったし。 今GENERATIONSとして活動してるなんて 小学生の頃の僕は夢見てもなかった。 それでも今 僕は小森隼を生きている。 昨日でも明日でもない 今 僕はここにいるのである。 自分がイメージしている3年後なんて きっとちがう3年後になってるし 未来なんてわからないから 不安になりながら 明日を迎えようと思う。 今日は昨日の続きじゃないから 毎日がnew startなのではないかと最近思う。 一言 24歳も素敵な歳にしようと思います。 僕は僕。 落ち着いていこう。 それでは前回募集した 世間の小言【小森くんに聞きたいこと言いたいこと!】にいきましょう!

ハローメンディー、サンリオキャラクターコラボ部門の頂点に!関口メンディー「どっきりかと思った」

2019.06.04 Vol.Web original
「2019年サンリオキャラクター大賞」の結果発表会が4日、サンリオピューロランドで行われ、EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBEの関口メンディーが登壇。自身をモデルにしたキャラクター「ハローメンディー」がコラボ部門1位を獲得し、「おメンディー!」と喜びを語った。  ハローメンディーは、関口とサンリオがコラボして誕生したキャラクター。昨夏の登場以降、関口のトレードマークである金髪ヘアと、キュートなストリートファッションが可愛い!と、SNSを中心に人気を集めてきた。見事、コラボ部門第1位を獲得した関口は、「1位になれると思わなかったので嬉しい。ファンの皆さんを始め、LDHの皆さんが盛り上げてくれた。感謝しかないですね」と喜びを語った。

GENERATIONS、初の5大ドームツアー決定!7月から3カ月連続で新曲リリース

2019.05.26 Vol.Web Original

 GENERATIONS from EXILE TRIBEが26日、グループ初となる5大ドームツアー「GENERATIONS LIVE TOUR 2019 “少年クロニクル”」の開催を発表した。発表は、『GENERATIONS高校TV』(AbemaTV)の生放送内で行われた。8月31日の札幌ドーム公演を皮切りに全12公演の予定で、過去最多の48万人の動員を見込む。  片寄涼太は「今年に入ってからずっとメンバーで話し合いを続けて準備をしてきたツアーなので、自分たちの中でどんなツアーにしたいのか明確だと思う。ジェネ7人が一丸となって自信を持って届けられるライブになると思うので全国のみなさん楽しみにしていてください」と、コメントした。    グループは昨年初めてドームツアーに挑戦。その際には、札幌ドームを除く4大ドームで全10公演を行い、41万5000人を動員している。番組ではメンバーが「札幌行けるねー」と笑顔を見せていた。  合わせて、7月から3カ月連続で新曲をリリースすることも発表された。7月17日リリースの第1弾シングルは「Brand New Story」で、メンバーの片寄涼太が声優に初挑戦したアニメ映画『きみと、波にのれたら』の主題歌。軽快なミディアムテンポのサウンドに、ボーカル2人のハーモニーとメロディーラインがマッチした前向きな楽曲で、「(映画の)主題歌として制作した曲。作品にもぴったりの曲なので、新しい生活だったりとか、波に乗れない人を少し波に乗せてあげられるような曲になっている」(片寄)。番組内ではまた、ミュージックビデオは同映画の制作チームが担当し、メンバーがアニメキャラになって登場することも明かされた。   7月3日には、後輩グループのTHE RAMPAGEやFANTASTICS、BALLISTIK BOYZらと、Jr.EXILE世代でのアルバムリリースを控えている。翌4日からは4日間連続で4チーム総当りのコラボライブ「BATTLE OF TOKYO ~ENTER THE Jr.EXILE~」を幕張メッセで開催する。  大みそかに福岡ヤフオク!ドームでLDHとしてカウントダウンライブを初開催することが発表されている。そのライブを幕開けに、2020年には6年に一度のエンタテインメントの祭典「LDH PERFECT YEAR」がスタートする。このツアーは、LDHにとって大事な1年に向けて、GENERATIONSをさらに成長させるはずだ。 GENERATIONS LIVE TOUR 2019 “少年クロニクル”の日程は以下の通り。 8月31日(土) 北海道・札幌ドーム 開場17:00/開演19:00 11月7日(木) 東京・東京ドーム 開場16:00/開演18:00 11月8日(金) 東京・東京ドーム 開場14:00/開演16:00 11月15日(金) 愛知・ナゴヤドーム 開場17:00/開演19:00 11月16日(土) 愛知・ナゴヤドーム 開場16:00/開演18:00 11月17日(日) 愛知・ナゴヤドーム 開場15:00/開演17:00 12月6日(金) 大阪・京セラドーム大阪 開場17:00/開演19:00 12月7日(土) 大阪・京セラドーム大阪 開場16:00/開演18:00 12月8日(日) 大阪・京セラドーム大阪 開場14:00/開演16:00 12月13日(金) 福岡・福岡ヤフオク!ドーム 開場17:00/開演19:00 12月14日(土) 福岡・福岡ヤフオク!ドーム 開場16:00/開演18:00 12月15日(日) 福岡・福岡ヤフオク!ドーム 開場15:00/開演17:00

GENERATIONSが東京スカイツリーを7色に点灯! 片寄「隼が興奮しすぎ」

2019.05.12 Vol.Web Original

 GENERATIONS from EXILE TRIBEが12日、東京スカイツリータウンで行われた7色の特別ライティングの点灯式に登壇した。  特別ライティングは、デビュー7周年を迎えたGENERATIONS、同じく7周年を迎えた東京スカイツリータウン、そして今年25周年を迎えたサマンサタバサが展開している特別プロジェクト「25周年の感謝を込めて。-365の夢を叶える。-」が連動し行われるもの。7色の特別ライティングは、GENERATIONSのメンバーをイメージしているという。  メンバーは、日も暮れて闇に包まれたころ、会場に入りきれなかったファンの歓声を浴びながら登場すると、招待された観客とともに、「7、6、5……」と声を合わせてカウントダウンして、スカイツリーを虹色に点灯した。それと同時に客席エリアも七色に光りだした。東京スカイツリーを見上げていたメンバーはそれに気づくと、「すごい、すごい」「七色になってる!」「ちゃんと分かれている!」とテンションが高かった。

Copyrighted Image