GENERATIONS 小森隼の【小森の小言】第27弾 「2019年6月13日の今。」

2019.06.13 Vol.Web Original
6月13日 本日をもって 小森 隼 24歳になりました。 今年で24歳に。。。 わかりやすい話、 1995年にこの世に生を授かってから 24年経ったことになる。 今から24年前 どんな場所で どういう状況で どんな人が どんな気持ちで 僕が生まれるのを手伝ってくれたのか 家族がどんな思いでその瞬間を迎えたのか。 僕は生まれてすぐ家族になんて言われたのか。 そんなことなんて、まるっきり知らないが 自分は自分だと 自分勝手に生きてきたのである。 時には悩み 時には涙して 周りにいる友達に助けられ 遠くから見守る家族に感謝の言葉を述べ 自分の想いを伝える事ができず 今居る場所からでは何も出来ず無意味に周りのみんなを傷つけたり 自分なりに色々な事を感じながら時間を積み重ねてきたのだが、 10代の頃に思っていた24歳とは全く違う人生を歩んでいる。 唯一合ってるのはLDHに所属している事だけである。 24歳の僕が コーヒーと紅茶を趣味にしてるとは 高校生の僕は思ってなかったし。 バスソルトとアロマを入れてお風呂に浸かってるとは 中学生の自分は想像してなかったし。 今GENERATIONSとして活動してるなんて 小学生の頃の僕は夢見てもなかった。 それでも今 僕は小森隼を生きている。 昨日でも明日でもない 今 僕はここにいるのである。 自分がイメージしている3年後なんて きっとちがう3年後になってるし 未来なんてわからないから 不安になりながら 明日を迎えようと思う。 今日は昨日の続きじゃないから 毎日がnew startなのではないかと最近思う。 一言 24歳も素敵な歳にしようと思います。 僕は僕。 落ち着いていこう。 それでは前回募集した 世間の小言【小森くんに聞きたいこと言いたいこと!】にいきましょう!

ハローメンディー、サンリオキャラクターコラボ部門の頂点に!関口メンディー「どっきりかと思った」

2019.06.04 Vol.Web original
「2019年サンリオキャラクター大賞」の結果発表会が4日、サンリオピューロランドで行われ、EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBEの関口メンディーが登壇。自身をモデルにしたキャラクター「ハローメンディー」がコラボ部門1位を獲得し、「おメンディー!」と喜びを語った。  ハローメンディーは、関口とサンリオがコラボして誕生したキャラクター。昨夏の登場以降、関口のトレードマークである金髪ヘアと、キュートなストリートファッションが可愛い!と、SNSを中心に人気を集めてきた。見事、コラボ部門第1位を獲得した関口は、「1位になれると思わなかったので嬉しい。ファンの皆さんを始め、LDHの皆さんが盛り上げてくれた。感謝しかないですね」と喜びを語った。

GENERATIONS、初の5大ドームツアー決定!7月から3カ月連続で新曲リリース

2019.05.26 Vol.Web Original

 GENERATIONS from EXILE TRIBEが26日、グループ初となる5大ドームツアー「GENERATIONS LIVE TOUR 2019 “少年クロニクル”」の開催を発表した。発表は、『GENERATIONS高校TV』(AbemaTV)の生放送内で行われた。8月31日の札幌ドーム公演を皮切りに全12公演の予定で、過去最多の48万人の動員を見込む。  片寄涼太は「今年に入ってからずっとメンバーで話し合いを続けて準備をしてきたツアーなので、自分たちの中でどんなツアーにしたいのか明確だと思う。ジェネ7人が一丸となって自信を持って届けられるライブになると思うので全国のみなさん楽しみにしていてください」と、コメントした。    グループは昨年初めてドームツアーに挑戦。その際には、札幌ドームを除く4大ドームで全10公演を行い、41万5000人を動員している。番組ではメンバーが「札幌行けるねー」と笑顔を見せていた。  合わせて、7月から3カ月連続で新曲をリリースすることも発表された。7月17日リリースの第1弾シングルは「Brand New Story」で、メンバーの片寄涼太が声優に初挑戦したアニメ映画『きみと、波にのれたら』の主題歌。軽快なミディアムテンポのサウンドに、ボーカル2人のハーモニーとメロディーラインがマッチした前向きな楽曲で、「(映画の)主題歌として制作した曲。作品にもぴったりの曲なので、新しい生活だったりとか、波に乗れない人を少し波に乗せてあげられるような曲になっている」(片寄)。番組内ではまた、ミュージックビデオは同映画の制作チームが担当し、メンバーがアニメキャラになって登場することも明かされた。   7月3日には、後輩グループのTHE RAMPAGEやFANTASTICS、BALLISTIK BOYZらと、Jr.EXILE世代でのアルバムリリースを控えている。翌4日からは4日間連続で4チーム総当りのコラボライブ「BATTLE OF TOKYO ~ENTER THE Jr.EXILE~」を幕張メッセで開催する。  大みそかに福岡ヤフオク!ドームでLDHとしてカウントダウンライブを初開催することが発表されている。そのライブを幕開けに、2020年には6年に一度のエンタテインメントの祭典「LDH PERFECT YEAR」がスタートする。このツアーは、LDHにとって大事な1年に向けて、GENERATIONSをさらに成長させるはずだ。 GENERATIONS LIVE TOUR 2019 “少年クロニクル”の日程は以下の通り。 8月31日(土) 北海道・札幌ドーム 開場17:00/開演19:00 11月7日(木) 東京・東京ドーム 開場16:00/開演18:00 11月8日(金) 東京・東京ドーム 開場14:00/開演16:00 11月15日(金) 愛知・ナゴヤドーム 開場17:00/開演19:00 11月16日(土) 愛知・ナゴヤドーム 開場16:00/開演18:00 11月17日(日) 愛知・ナゴヤドーム 開場15:00/開演17:00 12月6日(金) 大阪・京セラドーム大阪 開場17:00/開演19:00 12月7日(土) 大阪・京セラドーム大阪 開場16:00/開演18:00 12月8日(日) 大阪・京セラドーム大阪 開場14:00/開演16:00 12月13日(金) 福岡・福岡ヤフオク!ドーム 開場17:00/開演19:00 12月14日(土) 福岡・福岡ヤフオク!ドーム 開場16:00/開演18:00 12月15日(日) 福岡・福岡ヤフオク!ドーム 開場15:00/開演17:00

GENERATIONSが東京スカイツリーを7色に点灯! 片寄「隼が興奮しすぎ」

2019.05.12 Vol.Web Original

 GENERATIONS from EXILE TRIBEが12日、東京スカイツリータウンで行われた7色の特別ライティングの点灯式に登壇した。  特別ライティングは、デビュー7周年を迎えたGENERATIONS、同じく7周年を迎えた東京スカイツリータウン、そして今年25周年を迎えたサマンサタバサが展開している特別プロジェクト「25周年の感謝を込めて。-365の夢を叶える。-」が連動し行われるもの。7色の特別ライティングは、GENERATIONSのメンバーをイメージしているという。  メンバーは、日も暮れて闇に包まれたころ、会場に入りきれなかったファンの歓声を浴びながら登場すると、招待された観客とともに、「7、6、5……」と声を合わせてカウントダウンして、スカイツリーを虹色に点灯した。それと同時に客席エリアも七色に光りだした。東京スカイツリーを見上げていたメンバーはそれに気づくと、「すごい、すごい」「七色になってる!」「ちゃんと分かれている!」とテンションが高かった。

GENERATIONS 小森隼の【小森の小言】第25弾 長いようで短かったこの日。そして伝説へ…

2019.05.09 Vol.Web Original
早いもので 小森の小言も遂に1年。 気づけば平成も終わり 令和元年を迎えた 暖かい光が降り注ぐ春の季節。 思い返せば 1年前の今頃は コラムを始めるお話をいただき 自分の今までの経験にはない事で あまりに荒唐無稽な話に聞こえていた。 昔から話す事は好きで 周囲の人間から うるさく口数の多い人だと 言われていた。 とても慌てん坊で、おっちょこちょいで、無くし物も多く それに加えて運動神経まで悪いときたら 周囲の人間から、間抜け王の称号を欲しいがままにかっさらう男である。 そんな僕が、言葉を使って読者の皆さんに 月に2回もコラムをお届けするなど 不安しかない。 心の片隅に1ミリも成功する要素や気持ちが無かった。 今は満足している。成功しているとは1ミリも思ってないが 人間面白いものでやり続ければ少しばかりの自信はつくものだ。(笑)

ハローメンディーがイベント! ハグ求めて長い行列

2019.05.02 Vol.Web Original
 関口メンディー(EXILE / GENERATIONS など)とハローキティ、シナモロール、ポムポムプリンなどで知られるサンリオキャラクターズとコラボしたHELLO MANDY ★ SANRIO CHARACTERS(以下、ハローメンディー)が、2日、サンリオピューロランドで初めてのハグ会を行った。  ハグタイムと呼ばれるライブキャラクターによるグリーティングイベントを行ったもの。この日最初のイベントには、始まる前から多く多くの来場者が列を作った。  イベントは、5日まで毎日11時40分と15時10分の2回、ランド内の知恵の木ステージ前で行われる。

令和になってさらに盛り上がりを見せるハローメンディー

   10連休中、全国各地でハローメンディーが盛り上がっている。全国20店のサンリオショップでは取扱が始まった。    連休明けにはキデイランド原宿でポップアップの開催が決定。初日となる5月11日と翌12日にはライブキャラクターが店舗に登場する。同25日には池袋のSanrio vivitixサンシャインシティアルパ店で、ライブキャラクターのミート&グリートが行われるのにあわせて、サンシャインシティ内の練り歩きも決まっている。  また、現在投票受付中の『2019年サンリオキャラクター大賞コラボ部門』にも参加している。投票は5月27日11時まで。

GENERATIONS 小森隼の【小森の小言】第24弾 出会いはすぐそこに、、、フリーダーーム

2019.04.25 Vol.Web Original
先日、仕事で次の現場にタクシーで向かっていた時の話である。 前にも小言でタクシーの運転手さんが行き先をわかってないのに どんどん進んでいってしまうというコラムを書いたことがあるのだが 改めてタクシーの運転手さんは本当に様々な種類の方がいるなぁー、と。 まるでグミですよ。様々なやつ。いっぱい入っているグミみたいな。 僕はグミが本当に好きなのでよく食べるんです。 あれば本当に全部食べちゃう。 右手がグミに触れたら止まらなくなる魔法にかかってしまったように。 前にGENERATIONSでグミのCMをやらせていただいたことがあるのですが その期間中は現場のケータリングに必ずといっていいほどグミが入っていた。 本当に幸せ迷惑なのだ。だってあればあるだけ食べたいんだもん。 でもその目の前にあるグミはみんなのグミ。 自分だけのグミじゃない。 しかも開けて5分足らずで全て食べてしまった時の みんなのドン引きした顔も想像できる。 だからグミのことを見て見ぬ振りをする。 なんなら他のメンバーに教えてもらってから、あたかも初見の様な反応をする。 それくらいグミを意識している。 話がだいーぶ逸れた、、、 でも運転手さんも様々な人がいる。 行き先を想像で突き進む人、 ナビがあるのに頑なにナビを使わない人、 永遠に無言の人。 本当に様々な人がいて、その都度対応が変わる。 つまり僕もその時々の出会った運転手さんに対応を変える八方美人である。 これは本当に別の小森隼を装っているのである。 無口になったり、道に詳しいふりをしたり、饒舌になったりと。 さっきのグミを初見で見た反応をするのも、言えば別の小森隼を装っているのである。 タクシーの本来の魅力はなんだろう? とか考えながら目の前に流れるモニターのCMをずっと見る。 でも本来はなんだろうか? 目的地に直接行ける。 個人の空間を確保できる。 とか? そんなところだろう。 と、足りない頭で考えてとても安易な答えに行きつく。 そんな自分のボキャブラリーの無さにがっかりだ。

バトル勃発!? THE RAMPAGEのライブにGENERATIONSがサプライズ出演  

2019.04.25 Vol.Web Original

EXILEの弟分グループのひとつ、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEが24日、さいたまスーパーアリーナで行ったライブ『THROW YA FIST』にGENERATIONS from EXILE TRIBEがサプライズ登場、両グループが“コラボバトル”した新曲「SHOOT IT OUT」をパフォーマンスした。

Jr.EXILE世代のグループで新プロジェクト「BATTLE OF TOKYO」ALリリース&幕張ライブ4デイズ

2019.04.20 Vol.Web Original

 EXILEの弟分グループ、GENERATIONS、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BLLISTIK BOYZら「Jr.EXILE」による新プロジェクト「BATTLE OF TOKYO」が20日、埼玉・さいたまスーパーアリーナで行われたTHE RAMPAGEのライブツアー「THE RAMPAGE LIVE TOUR 2019 "THROW YA FIST”」で発表された。  プロジェクトは、GENERATIONSを筆頭としたJr.EXILE世代による、新たな総合エンタテインメント・プロジェクトで、GENERATIONS、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BLLISTIK BOYZの4組がコラボして楽曲を制作。GENERATIONS vs THE RAMPAGE 、FANTASTICS vs BALLISTIK BOYZのようにプロジェクト名の「BATTLE OF TOKYO」の通りに、楽曲やミュージックビデオで、それぞれのパフォーマンススキルをぶつけ合い、互いのプライドをかけたバトルを繰り広げる。  7月3日には4組によるアルバムおよびDVDをリリース。さらに、翌日の7月4日からは、千葉・幕張メッセで「Jr.EXILE」によるライブ「BATTLE OF TOKYO 〜ENTER THE Jr.EXILE〜」を、4日間連続で開催することも発表された。チケットは、6月16日発売。  4組、総勢38名に及ぶJr.EXILEは、来年デビュー20周年を迎えるEXILEに憧れてダンスを始めた世代の総称。多くのメンバーが、LDHの展開する総合エンタテインメントスクール「EXPG STUDIO」の出身。幼いころからEXILEのエンタテインメトを学び、EXILEの想いを継承する新世代アーティスト。

EXILE NAOTOらのHONEST BOYZが『名探偵ピカチュウ』のエンディングソング

2019.04.17 Vol.Web Original

 ヒップホップグループHONEST BOYZが、5月3日に日本先行公開されるハリウッド実写映画『名探偵ピカチュウ』のエンディングソングを担当することが16日、分かった。HONEST BOYZは、VERBAL、NAOTO、NIGO、MANDY、SWAYからなる5人組。  エンディングソングに起用されるのは新曲「ELECTRICITY featuring Lil Uzi Vert」で、米アーティストのファレル・ウィリアムスがプロデュース。さらに、全米チャート1位の米ラッパー、リル・ウージー・ヴァートも参加している。  楽曲の起用について、同映画のプロデューサーを務めるケール・ボーイターは「VERBALから今回のHONEST BOYZ とファレルのコラボについて聞いたとき、映画とのつながりを即座に感じた。なぜなら彼らもまた、日本から世界へと乗り込んでいる、才能あふれるフュージョングループで、私たちの映画にとってもHONEST BOYZ のもつワールドワイドなオーディエンスへリーチする、素晴らしい取り組みになると思う」と、期待を寄せている。  楽曲は、日本のみならず、欧米、アジア、アフリカなど、世界各国で配給される”オリジナル版”で起用される。リリースも海外メジャーレーベルからの配信が予定されている。

Copyrighted Image