SearchSearch

王座戴冠の軍司泰斗「歴代のK-1王者たちを超えるためにKOを狙って試合をしていきたい」」【K-1】

2021.12.05 Vol.Web Original

「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」(12月4日、大阪・エディオンアリーナ大阪)の一夜明け会見が12月5日、大阪市内で開催された。

 ダブルタイトルマッチの第1試合で行われた「フェザー級タイトルマッチ」で王者・椿原龍矢(月心会チーム侍)を破り、悲願のK-1王座を獲得した軍司泰斗(K-1ジム総本部チームペガサス)が改めて前日の試合を振り返った。

 軍司は「椿原選手も戦い方を変えて、王者らしい戦い方で臨んでくれたので試合中は楽しかった。最初から僕の武器であるボディーは狙おうと思っていたが、その距離に入れないのはやる前から分かっていた。そこでどうやって入ろうかと考えた時に三日月蹴りで入るほうが入りやすいと思った。そこがキーポイントになったかなと思う」などと前日の試合を振り返った。また「僕はパンチが得意。ボディーも得意なので、効いていたのは分かった。そこで倒せなかったのは今後の課題かなと感じた」と反省点も。

K-1でのファイナルで敗れた木村ミノル「僕のチャレンジは始まったばかり。第2章のスタート」

2021.12.05 Vol.Web Original

「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」(12月4日、大阪・エディオンアリーナ大阪)の一夜明け会見が12月5日、大阪市内で開催された。

 メインイベントでK-1でのファイナルマッチを戦った木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/PURGE TOKYO)が改めて前日の試合を振り返った。

 木村は自らの持つスーパー・ウェルター級王座をかけて和島大海(月心会チーム侍)と対戦し、3R2分50秒、KO負けを喫した。一夜明け会見は通常、勝者のみが参加することからサプライズでの参加となった。

 木村は「昨日は試合前からすごい注目を集めていたと思うし、たくさんの人の協力があって最高の舞台だったと思います。その中で試合ができたことが気持ちよくて、最高に幸せな瞬間でした。結果はあれ(負け)ですけど、自分の気持ちはぶれることなくまだ前を向いているんで、これからも突き進んでいこうと思います」と振り返った。

 敗因については「やはり、K-1のリングは次のことを考えたままやったり、違うところにフォーカスしていては勝てない厳しいリングだと思う。気持ちの面で和島選手のほうがK-1のベルトを獲るということでは気持ちが強かったのだと思う」などと語った。自らの気持ちについては「甘さはない。逆で、自分にストイックになりすぎた。いろいろなことを背負ったではないが、いろいろなことを表現したかったし、K-1のためにも自分の未来のためにも僕の中でもたくさんチャレンジした大会だった。そういう意味では甘さはなかった。試合に対しても精いっぱいできるだけの体を作ってきたし、練習にも全部注ぎ込んできた。和島選手に勝つために一生懸命になっていたんで、そこ(甘さ)はないんですが、K-1のリングで戦うという覚悟などは和島選手のほうが強かったんだと思う」と敗れて悔いなしか。

安保瑠輝也が木村ミノルに突如の対戦要求。木村は「なくはないかな。考えてみたい」【K-1】

2021.12.05 Vol.Web Original

安保「いけてるアンサーを待ってます」

「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」(12月4日、大阪・エディオンアリーナ大阪)の一夜明け会見が12月5日、大阪市内で開催された。

 第13試合で海斗に1RでKO勝ちを収めた安保瑠輝也(CLUB es/team ALL-WIN)がK-1でのファイナルマッチで和島大海に敗れた木村“フィリップ”ミノル(PURGE TOKYO)に対戦を呼びかけた。

 安保は今後について「コンディションは全然いいんで、次、2月に試合はしたいと思っているんですが、ウェルター級では日本人に相手がいない。野杁選手と俺の2トップになっている」と話したうえで「今回、俺からの提案なんですけど、昨日、木村ミノル選手がファイナルマッチをされたじゃないですか。これでファイナルだと思うんですが、最後の試合で負けたまま次のステージに臨むというのは気持ち的にもすっきりしないんじゃないかなと思うんで、俺が木村選手とやりたいと思っています。俺からケンカを売らせてもらっているんで、70kgに合わせるんで、スペシャルマッチとしてやらせてもらえないでしょうか。今、K-1の日本人同士で一番盛り上がるカードはこれだと思うんで。いけてるアンサーを待ってます」と突如、木村との対戦をぶち上げた。

 そして木村については「ずっと試合をしたいと思っていた相手。僕は去年の山崎選手との試合(9月22日、K-1大阪大会)の時に“この試合の後に木村選手とやりたい”と先を見ていてやられた。多分、木村選手も同じ状況だと思うんです。先を見ていて和島選手に負けた。気持ちとしては分かる。このままどこかに行くのは違うのではないかと思っている」と昨年夏に山崎秀晃に敗れた自分に重ね合わせた。

初参戦の☆SAHO☆が真優に判定勝ちも「倒せたのに倒せなかった」と反省【K-1】

2021.12.05 Vol.Web Original

「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」(12月4日、大阪・エディオンアリーナ大阪)でK-1初参戦となった☆SAHO☆(日本/闘神塾)が真優(日本/月心会チーム侍)に判定勝ちを収め、初陣を飾った。

 ☆SAHO☆はS1レディースジャパン バンタム級、WMC日本女子スーパーバンタム級、元NJKFミネルヴァスーパーバンタム級とこれまで3本のベルトを巻く強豪。対する真優は今年行われた「第5代Krush女子フライ級王座決定トーナメント」では決勝に進出するも壽美に敗れベルトには手が届かず。しかし7月にはRAMを相手に再起の勝利を挙げ、今回、☆SAHO☆を迎え撃つこととなった。

 1Rから足を止めて打ち合うなどともに闘志をむき出しにした試合となったが、徐々に☆SAHO☆が押し込む展開が増えてくる。真優は得意の前蹴りだけでなくパンチで勝負を挑むが、☆SAHO☆は2Rにパンチの打ち合いの中で左ボディーを打ち込んでからヒザをボディーに連打し先制のダウンを奪う。

軍司泰斗が5度目の対戦の椿原龍矢を破り悲願のK-1王座獲得【K-1】

2021.12.05 Vol.Web Original

「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」(12月4日、大阪・エディオンアリーナ大阪)のダブルタイトル戦の第1試合で行われた「フェザー級タイトルマッチ」で王者・椿原龍矢(日本/月心会チーム侍)に軍司泰斗(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)が挑戦し、延長にもつれ込む熱戦の末、2-1の判定で勝利を収め、悲願のK-1王座を獲得した。椿原は初防衛に失敗した。

 1R、蹴りの攻防の中で椿原の右カーフキックが冴えわたる。軍司も右ローを放つが、椿原はパンチののコンビネーションから左ミドル。軍司は右ロー、左ハイ。軍司はプレッシャーをかけて前に出る。椿原が右ローを空振りすると一気に距離を詰める軍司。1R終了後、コーナーで左足をケアする軍司。

林健太「今まで戦った中で、一番気合がすごかった」不可思からダウンを奪って判定勝ち【K-1】

2021.12.05 Vol.Web Original

「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」(12月4日、大阪・エディオンアリーナ大阪)で行われたスーパー・ライト級のスーパーファイトで林健太(日本/FLYSKY GYM)と不可思(日本/クロスポイント吉祥寺)が対戦し、3-0の判定で林が勝利を収めた。

 林は前回の佐々木大蔵戦から階級を上げ、スーパー・ライト級での初勝利となる。

 1R開始から不可思がプレッシャーをかけて前に出る。林も下がらずパンチを返すが、プレッシャーの強さは不可思。林は前蹴りで突き放す。不可思の右ローに林はパンチを合わせる。前に出る不可思に林は左ジャブから右カーフ。カーフを効かされる不可思だが、ワンツー、右ロー、右フックと放っていく。

黒田斗真がKrush王者・壬生狼に連勝も「目指してるのはK-1のベルト」と改めてK-1バンタム級王座獲りをアピール【K-1】

2021.12.05 Vol.Web Original

「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」(12月4日、大阪・エディオンアリーナ大阪)で行われたバンタム級のスーパーファイトで黒田斗真 (日本/K-1ジム心斎橋チームレパード)と壬生狼一輝(日本/力道場静岡)が対戦し、延長にもつれ込む接戦の末、黒田が3-0の判定で勝利を収めた。

 2人は今年5月に行われた「バンタム級日本最強決定トーナメント」の決勝で対戦しており、その時は黒田が1R31秒でKO勝ちを収めており、これで黒田の2連勝となった。

 試合は本戦の3Rはともに一歩も引かず、ジャッジ3者とも30-30で決着がつかず。

 延長もバンタム級らしいスピード感満載の打ち合いが繰り広げられたが、今度はジャッジ3者とも10-9で黒田に軍配が上がった。

才賀に67秒KO勝ちの玖村修平がミルクボーイにK-1王座獲得を約束【K-1】

2021.12.05 Vol.Web Original

「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」(12月4日、大阪・エディオンアリーナ大阪)で行われたフェザー級のスーパーファイトで才賀紀左衛門(日本/PURGE TOKYO)と玖村修平(日本/K-1ジム五反田チームキングス)が対戦し、玖村が1R、わずか1分7秒でKO勝ちを収めた。

 才賀は昨年、K-1に電撃復帰を果たし12月の両国大会で卜部弘嵩と対戦。しかし卜部が前日計量で規定体重を大きくオーバー。試合では卜部のローブローで才賀が戦闘不能となり反則勝ちという消化不良の結果に終わっていた。

 2人は今年3月のK-1日本武道館大会で対戦の予定だったが、才賀がケガで欠場。今回は仕切り直しの一戦だった。

 カード発表会見からテンションが低めだった才賀だったが前日会見では「今日は若いころのようにぶっ飛ばしてやろうという気持ちが出てきた」とやっと気合が乗ってきた様子だったのだが、試合が始まると玖村とのスピード差は歴然。玖村のミドル、ローにパンチを合わせていく才賀だったが、才賀の放った左ジャブに玖村が右ストレートかぶせると才賀はばったりとダウン。わずか67秒で玖村がKO勝ちを収めた。

石井慧がRUIに判定勝ちでK-1 2連勝も「20kg差もあるのに倒せないのは僕の何かが悪い」と反省【K-1】

2021.12.05 Vol.Web Original

「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」(12月4日、大阪・エディオンアリーナ大阪)で行われたスーパー・ヘビー級のスーパーファイトで石井慧(クロアチア/チーム・クロコップ)とRUI(日本/K-1ジム福岡チームbeginning)が対戦し、石井が3-0の判定勝ちでK-1で2連勝を飾った。

 試合は前日計量で約20kg重かった石井がプレッシャーをかけて前に出て左フックにストレート、そして左ローを中心に攻め込んでいく。RUIは下がりながらも前蹴り、そしてヒザ蹴りを石井のボディーに打ち込んでいく。2Rにはそのヒザ蹴りで石井がガードを下げる場面もあったが、石井はプレッシャーを弱めることなく前に出続け、3Rには左フックでRUIをぐらつかせる。最後までアグレッシブに前に出続け主導権を渡さなかった石井がジャッジ3者とも30-29という小差の判定をものにした。

K-1ファイナルマッチで敗れた木村ミノル 今後については「決まったらすぐに報告します」と多くを語らず【K-1】

2021.12.05 Vol.Web Original

「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」(12月4日、大阪・エディオンアリーナ大阪)でK-1ファイナルマッチにして初防衛戦となる「スーパー・ウェルター級タイトルマッチ」に臨んだ王者・木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/PURGE TOKYO)は和島大海(日本/月心会チーム侍)にKO負けを喫し、有終の美を飾ることはできなかった。

 試合は和島の左ミドル、ロー、ヒザ蹴りと木村のパンチが交錯。木村は和島のミドルで3Rにダウンを喫し、立ち上がったもののファイティングポーズが取れず、KO負けを喫した。

 敗れた木村は試合後の会見で「自分の思ったような動きができなかった。対策をしていて、この試合に向けてしっかり準備を積んできたんだなということが伝わってきた。封じ込められたというか得意なパターンをさせてもらえなかったという印象。もちろん、試合中に焦るところはあった。強かった」などと試合を振り返った。和島の勝利に対する執念が自分より上回っていたと感じるかと問われると「もちろんそこで勝敗が決まるものだと思うので、向こうのほうがそういう気持ちが強かったのかなと思います」と語った。

 今後の進路が注目される木村だが「(次に)影響がないと言えばウソになる。より厳しくなったと思う。改めて考え直すというか、自分の意思を再確認したい」などと語った。始動の時期については「未定だが、少し体を休めてリフレッシュしたら、すぐに動き出したい」と話すが、現在、まだ言えることはないとのことで「決まったらすぐに報告します」と語るにとどめた。

和島大海が“ファイナルマッチ”の木村ミノルにKO勝ちで王座獲得【K-1】

2021.12.04 Vol.Web Original

「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」(12月4日、大阪・エディオンアリーナ大阪)のダブルタイトル戦の第2試合で行われた「スーパー・ウェルター級タイトルマッチ」で王者・木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/PURGE TOKYO)に和島大海(日本/月心会チーム侍)が挑戦し、和島が3RKOで勝利を収め王座を獲得した。

 今回の試合は「木村“フィリップ”ミノルK-1 FINAL」と銘打たれたように木村のK-1ファイナルマッチ。2人は過去に2度対戦し、木村の2KO勝ち。カード発表会見から木村を中心に話題が進む中、和島が意地を見せた。

 1R、和島は左ミドル、三日月蹴り、左ロー、木村は左右のフックとそれぞれ得意の攻撃を出し合う展開。和島は木村のパンチはガード。そして木村のパンチに恐れることなくプレッシャーをかけ左ミドルを放っていく。木村も左フック、右ストレートを放っていく。

Copyrighted Image