SearchSearch

“Mr.MITB”ビッグEがラシュリー相手にキャッシュインに成功して新WWE王者に【WWE】

2021.09.14 Vol. Web Original

 WWE「ロウ」(日本時間9月14日配信、マサチューセッツ州ボストン/TDガーデン)で“Mr. MITB”ビッグEがランディ・オートンとのWWE王座戦を制したボビー・ラシュリーを相手にキャッシュインに成功して新WWE王者となった。

 ロウ・オープニングでビッグEと王座戦が決まっているオートン(with リドル)、ラシュリー(with MVP)がそれぞれリングに登場。ビッグEが2人に「今日、キャッシュインを狙うぞ」と宣言すれば、オートンも「俺がラシュリーを倒して新WWE王者になる」と王座奪取を宣言した。さらにビッグEがMITBブリーフケースをラシュリーに見せつけて挑発すると、そのすきにオートンがRKOをラシュリーに決めて雄叫びを上げた。

 メイン戦となったWWE王座戦ではオートンがスーパープレックスやクローズラインの連打を放てば、ラシュリーもショルダータックルの連打やネックブレイカーを決めて白熱の攻防を展開。終盤の大技の攻防ではラシュリーがスピアーからハートロックを狙うと、これをかわしたオートンがRKOを叩き込んだが、セコンドのMVPがラシュリーを場外に引きずり出して救出すると最後はラシュリーがオートンに豪快なスピアーを叩き込んで王座防衛に成功した。

中邑真輔が男子MITBラダー戦出場もブリーフケース奪取ならず。Mr.MITBはビッグEに【WWE】

2021.07.19 Vol.Web Original

 WWEのPPV「マネー・イン・ザ・バンク」(日本時間7月19日配信、テキサス州フォートワース/ディッキーズアリーナ)で“WWEのキング”中邑真輔がラダー上のブリーフケースを奪い合う男子MITBラダー戦で善戦するも、ビッグEにブリーフケースを奪取された。

 中邑は試合前に「MITBブリーフケース、この手でつかんでみせるぜ」と意気込むと大観衆の合唱の中で登場。中邑はスピンキックやリバースパワースラムでケビン・オーエンズを投げ飛ばすとラダートップでは危険を顧みないアーム・バーでジョン・モリソンに攻め込んだ。続けて中邑とモリソンが打撃の攻防を展開するも、ドリュー・マッキンタイアがダブル・クレイモアを2人に放ってリングを占拠。しかし、突如因縁のジンダー・マハルらに襲撃されてマッキンタイアは連れ去られてしまう。終盤の攻防では中邑がロリンズを蹴散らしてブリーフケース奪取を狙ったが、モリソンの水鉄砲で妨害されるとオーエンズのスタナーを食らって撃沈。最後はビッグEがラダー上からの豪快なビッグ・エンディングでロリンズを沈めるとラダー上のブリーフケースを奪取した。

 試合後、Mr.MITBとなったビッグEはブリーフケースを掲げて歓喜の雄叫びを上げた。

アスカが4ウェイ前哨戦でピンフォール負け。女子MITBラダー戦2連覇に暗雲【WWE】

2021.07.13 Vol.Web Original

 WWEのPPV「マネー・イン・ザ・バンク(MITB)」で2連覇を狙う“女帝”アスカに暗雲が漂った。

 アスカは「ロウ」(日本時間7月13日配信、フロリダ州タンパ/イングリングセンター「WWEサンダードーム」)でフェイタル4ウェイ戦でニッキー・アッシュ、アレクサ・ブリス、ナオミと対戦したものの、ニッキーの執念の丸め込みで3カウントを奪われてしまった。

 アスカは「ワシが勝つところ見せたるわい! 2度目のMITB権利書を手に入れるぞ」とPPVを見据えて4ウェイ戦に挑むとアレクサにスピンキック、ニッキーにはナオミとのダブル・ドロップキックを放って攻め込んだ。

王者ボビー・ラシュリーがPPV防衛戦を前にエグゼビア・ウッズに不覚【WWE】

2021.07.13 Vol.Web Original

 WWE「ロウ」(日本時間7月13日配信、フロリダ州タンパ/イングリングセンター「WWEサンダードーム」)で王者ボビー・ラシュリー(with MVP)がPPV「マネー・イン・ザ・バンク(MITB)」での防衛戦を前にエグゼビア・ウッズ(with コフィ・キングストン)にピンフォール負けを喫した。ラシュリーは先週のタッグ戦に続いてニュー・デイを相手に2連敗となった。

 ラシュリーとウッズはオープニングのノンタイトル戦で対戦。ラシュリーがウッズを鉄製ステップに叩きつければ、ウッズもスーパーキックやDDT、トペ・コンヒーロを繰り出すなど激しい攻防を展開。終盤には王者ラシュリーがウッズをポストに叩き付けてから、すかさずスピアーでとどめを狙うも、ウッズが不意を付いたスモール・パッケージ・ホールドでラシュリーを丸め込んで3カウント。

オーティスとミズのMITB権利書争奪戦が法廷で決定【WWE】

2020.10.24 Vol.Web Original

「ヘル・イン・ア・セル」で対戦へ

 WWE「スマックダウン」(日本時間10月24日配信、フロリダ州オーランド/アムウェイ・センター「WWEサンダードーム」)で、MITBブリーフケースを巡って抗争するMr. MITBのオーティスとミズ&ジョン・モリソンが“ロー&オーティス”と題した法廷で対決した。

 JBLが裁判官、ファルークが法定職員を務める中、ミズがMITBブリーフケースの権利を主張すると、オーティスは「MITBブリーフケースはMITBラダー戦で勝利した俺が持っているべきだ」と反論した。この発言にミズの弁護士が「良い意見だ」と同意を示すと、ミズは自身の弁護士を解雇。さらに証人として共にラダー戦を戦ったレイ・ミステリオが「オーティスが勝者だからいつでもキャッシュインできるようにすべき」と主張すれば、アスカも「私、ミス・マネー・イン・ザ・バンクとしては彼は正々堂々と勝ったんやからいつでもキャッシュインできるはずや」と大声でオーティスの味方をした。

 さらにタッカーが「オーティスはミズをやっつけることにフォーカスしている」と言ってミズと舌戦を展開すると、裁判官のJBLは判決として「キャッシュインの権利は1年間有効だ」と伝えた。

 しかし、ミズが「証拠を出し忘れたから待ってくれ」と懇願して現金の入ったブリーフケースをJBLに渡すと、突如JBLは豹変してオーティスとミズにPPV「ヘル・イン・ア・セル」でMITBブリーフケースをかけて対戦するように言い渡した。オーティスvsミズのマネー・イン・ザ・バンク権利書争奪戦が行われるPPV「ヘル・イン・ア・セル」は日本時間10月26日にWWEネットワークで配信される。

“Mr. MITB”オーティスが王者ストローマンとタッグ結成。キャッシュインは未遂に終わる【WWE】

2020.05.16 Vol.Web Original

ミズ&モリソンに挑発されてストローマンをパートナーに指名

 WWE「スマックダウン」(日本時間5月16日配信、フロリダ州オーランド/WWEパフォーマンスセンター)のメインで「マネー・イン・ザ・バンク(MITB)」(日本時間5月11日)で行われた男子MITBラダー戦を制した“Mr. MITB”のオーティスとユニバーサル王者ブラウン・ストローマンがタッグを組んでザ・ミズ&ジョン・モリソンと対戦した。

 これはミズTVでミズ&モリソンがゲストのオーティスにタッグ戦を要求したのだが、オーティスはパートナーのタッカーが不在のためストローマンにタッグを組むように提案したことから実現したもの。

 オーティスはいつでもどこでも王座に挑戦できる権利を持っていることからストローマンはその権利行使(キャッシュイン)を警戒しながらもメイン戦に出場。オーティスと共にダブル・キャタピラーをモリソンに決めて攻め込むも、オーティスがミズのサミング攻撃を食らって劣勢の展開となってしまう。

ストローマンがワイアットのお株を奪う心理戦を仕掛け王座防衛【WWE】

2020.05.11 Vol.Web Original

試合終盤、突如、黒羊マスクをかぶるストローマン

 WWE「マネー・イン・ザ・バンク(MITB)」(日本時間5月11日、フロリダ州オーランド/WWEパフォーマンスセンター、WWE本社)でユニバーサル王者ブラウン・ストローマンがかつての師匠ブレイ・ワイアットと王座をかけて対戦した。

 序盤、ストローマンがショルダータックルを放って“巨獣”と呼ばれるそのパワーを見せつけると、反撃をものともせず鉄製ステップやポストにワイアットを叩き付けて圧倒する。しかし、ストローマンがランニング・ショルダータックルを避けられて解説席に誤爆すると形勢逆転。ワイアットはDDTやセントーンから必殺のシスター・アビゲイルを決めるもカウント2。

 2発目のシスター・アビゲイルを狙うワイアットだったが、逆にストローマンはチョークスラムやランニング・ショルダータックルで反撃すると、突如かつてワイアットの手下として使用していた黒羊マスクをかぶってワイアットと対峙する。

アスカがMs. MITBの快挙!ブリーフケースを奪取して女子MITBラダー戦を制す【WWE】

2020.05.11 Vol.Web Original

WWE本社1階から屋上までブリーフケース争奪戦を展開

 WWE「マネー・イン・ザ・バンク(MITB)」(日本時間5月11日、フロリダ州オーランド/WWEパフォーマンスセンター、WWE本社)でアスカが女子MITBラダー戦でブリーフケースを奪取してMs. MITBとなる快挙を成し遂げた。

 今年は男女同時にWWE本社地上階からのスタートとなったMITBラダー戦でアスカはいきなり2Fからダイブ攻撃して女子5人を蹴散らすと、その隙に1人エレベーターで移動して試合を有利に進めた。

 さらに最上階に到着したアスカは「どこにあるの?」と迷いながらも追いかけてくるシェイナ・ベイズラーにハイキックを決めると、ブリーフケースを吊るしたリングがある屋上に繋がる階段を駆け上がった。屋上ではアスカ、ナイア・ジャックス、レイシー・エバンスの3人による激しいブリーフケース争奪戦を展開。

中邑が6人タッグ戦でコービンを援護射撃【WWE】

2020.05.09 Vol.Web Original

中邑がオーティスとブライアン蹴散らす

 WWE「スマックダウン」(日本時間5月9日配信、フロリダ州オーランド/WWEパフォーマンスセンター)で中邑真輔がキング・コービン&セザーロとタッグを組んで因縁のダニエル・ブライアン&ドリュー・グラック&オーティスと6人タッグ戦で激突した。

 中邑はけいれん式ストンピングでグラックを踏みつけて攻め込むがグラックとタッチしたオーティスは中邑にクローズライン2連打から必殺のキャタピラーを放つ。さらにコービンのピンチに中邑がライダーキックでグラックを攻撃すると、すかさずオーティスが中邑に体当たりして応戦。

 中邑はオーティスに手こずりながらも襲ってきたブライアンにハイキックを放つと最後はコービンがディープシックスでグラックを沈めて勝利を収めた。

ストローマンがワイアットファミリー入りを拒否【WWE】

2020.05.09 Vol.Web Original

5月11日の対戦を前についにリング上で対峙

 WWE「スマックダウン」(日本時間5月9日配信、フロリダ州オーランド/WWEパフォーマンスセンター)でブラウン・ストローマンがPPV「マネー・イン・ザ・バンク(MITB)」で対戦する元師匠ブレイ・ワイアットのファミリー復帰の勧誘を拒否した。

 この日、先に登場したストローマンは「確かに俺はワイアットファミリーとしてデビューした。あいつは俺をクリエイトしたと主張するが、何か言いたいことがあれば出て来い」とワイアットを呼び出した。リングで対峙したワイアットは「俺がクリエイトしたんだからお前のことはよく分かってるよ。俺の元に戻ってこい。そしてそのベルトを返してくれ」とストローマンが以前使用していた黒羊マスクを差し出してファミリー入りを勧誘。これにストローマンは「俺は王座を防衛する。お前はパペットと遊んでろ。バーイ! MITBで会おう」とワイアットの勧誘を断った。

 ストローマンvsワイアットのユニバーサル王座戦が行われるPPV「マネー・イン・ザ・バンク」は日本時間5月11日にWWEネットワークで配信される。

ロリンズが王座戦を前にマッキンタイアを奇襲【WWE】

2020.05.05 Vol.Web Original

試合ではマッキンタイアがロリンズの弟子マーフィーに完勝

 WWE「ロウ」(日本時間5月5日配信、フロリダ州オーランド/WWEパフォーマンスセンター)でWWE王者ドリュー・マッキンタイアがPPV「マネー・イン・ザ・バンク(MITB)」で激突するセス・ロリンズの弟子マーフィーと対戦した。

 ロリンズが試合を見守る中、パワーに勝るマッキンタイアはマーフィーを吹き飛ばすとバリケードやエプロンに叩き付け、グラスゴー・キス(ヘッドバッド)を決めると「あきらめるな! お前のリーダーが見ているぞ」と対戦相手に声援を送って挑発。これに触発されたマーフィーがコーナーから豪快なパワースラムを決めて「3・2・1」とカウントしてとどめを狙うと、逆に起き上がったマッキンタイアが必殺のクレイモアを炸裂させてマーフィーを撃破した。

Copyrighted Image