「E-1サッカー選手権」12月開催。W杯に向け国内組は正念場

高倉監督(左)とハリルホジッチ監督は優勝カップをがっちり!
ハリルホジッチ監督「国内の選手は頑張ってほしい」
 東アジアサッカー連盟が9月25日、都内で会見を開き、「EAFF E-1 サッカー選手権2017 決勝大会」(12月8~16日)の開催概要を発表した。

 同大会は男子は今年で7回目、女子は4回目の開催となる。前回大会は「東アジアカップ」の名称で開催されていたが、世界における東アジアの存在感が大きくなっていく中で、次なるステージを目指すべく今大会から名称を変更。新しい大会名には「East Asiaの№1を決める」「East Asiaを1つに結束する」「East Asiaならではの『先進性』で、世界へ新しい提案を行う」という3つの思いが込められているという。

 男女ともに日本、中国、韓国、北朝鮮の4チームが参加。男子は味の素スタジアム(東京)、女子は千葉市蘇我球技場(フクダ電子アリーナ)(千葉)で開催される。

 この日の会見には東アジアサッカー連盟の田嶋幸三会長、岩上和道事務総長とともにサッカー日本代表(SAMURAI BLUE)のヴァイッド・ハリルホジッチ監督、日本女子代表(なでしこジャパン)の高倉麻子監督も参加。

 ワールドカップ(W杯)メンバー選考に向け大事な試合となるハリルホジッチ監督は「このトーナメントは非常に興味深いものになる。(W杯メンバーに)最後に残るであろう選手を見極める大会になる。国内組を試すいい機会になる。候補の選手を探す場としてこの試合を位置付けたい。ただ前大会の中国のことを思い起こしてみれば、いろいろよくない結果もあったということで、今回はより良い結果を目指したい。前回は準備期間が短く、1試合目は選手がかなり疲労していて難しい試合だった。今回は1週間の準備期間をもらっている。しっかり準備をしてすべての試合を勝利したい。2つの目的がある。まずは勝つこと。そして最後に残るであろう選手の見極め。12月に向けてまたリストを作っていきたい。国内の選手は頑張ってほしい」などと話した。
会見には高倉監督、東アジアサッカー連盟の岩上和道事務総長、田嶋幸三会長、ハリルホジッチ監督が登壇した(左から)
政治的に緊張関係の北朝鮮も参加
 またなでしこの高倉監督は「東アジアには世界でもレベルの高いチームが揃っていますので、決して簡単な大会ではない。いつもお互いに切磋琢磨しながら成長してきたライバルであり仲間ではあるが、4月のW杯予選に向けて、この3チームは必ず倒さなければいけない相手になるので、新しいチームになって、新しい選手たちが自覚を持ってどれくらい戦えるかということを楽しみにしている。選手には誇りをもって戦ってもらいたい。日本を背負って戦うということを全力でグラウンドで表現してもらいたい。チームとしては経験し、成長し、勝利を目指して全力で戦いたい」と話した。

 現在、政治的に緊張関係にある北朝鮮が参加国に名を連ねているが、田嶋会長は「この4チームでやるということに変更はない。予定通りに進めている」と話した。
【試合日程】
〈女子〉
12月8日
中国vs北朝鮮、日本vs韓国
12月11日
北朝鮮vs韓国、日本vs中国
12月15日
韓国vs中国、日本vs北朝鮮
※キックオフは第1試合は16時10分、第2試合は18時55分

〈男子〉
12月9日
韓国vs中国、日本vs北朝鮮
12月12日
北朝鮮vs韓国、日本vs中国
12月16日
中国vs北朝鮮、日本vs韓国
※キックオフは第1試合は16時30分、第2試合は19時15分