【冬休み映画2016-2017】ホンモノの映像、ホンモノのドラマ

『MERU/メルー』

 山岳カメラマンでありトップ・クライマーのジミー・チンが仲間とともに難攻不落のヒマラヤ・メルー峰シャークスフィンに挑戦。そのすべてをとらえた壮大な登頂記録!


監督:ジミー・チン 出演:コンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズターク他/ピクチャーズデプト配給/12月31日より新宿ピカデリー他にて公開  http://meru-movie.jp/
cpictures dept. 2016 all rights reserved.
カメラを持ったトップクライマーが語る最難関への挑戦。
監督 ジミー・チン INTERVIEW


 ナショナル・ジオグラフィックの山岳カメラマンにして世界有数のトップクライマー、ジミー・チン。ヒマラヤ山脈メルー中央峰にそびえる“シャークスフィン”のダイレクトルートに、コンラッド・アンカー、レナン・オズタークとともに挑み、壮絶な記録を自らのカメラで撮りきった。

「7?8歳のころ登山を体験して、すっかり山の魅力にはまってしまったんだ。うちの両親は僕に、医者とか弁護士とか、典型的なアジア人の親が願う職業についてもらいたいと思っていた。登山家なんてとんでもなかったね。最初は大学を卒業して1年間、登山をやらせてくれってお願いしたんだ。けどそれが2年になり、4年になり…結局7年、車上暮らしだった(笑)。ナショナル・ジオグラフィックの表紙になったり、メディアで取り上げられるようになってやっと許してもらえたよ」

 それがいまや世界的なクライマーに。

「メルーは完全に信頼している仲間たちとだったからこそ、成し遂げることができたと思ってる。僕が信頼するのは、プレッシャーがかかる中にあっても落ち着いて仕事を全うできる人、そしてチームプレーを優先できる人。クライマーとして優れていても、一緒に登りたくない人? もちろんいるよ(笑)。自分の功績を自慢げにいつまでも話している人は苦手だな。そんな人と山でずっと一緒にいたくないからね(笑)。真のクライマーとは、あまり自分の功績を誇らないものだ。優れたクライマーたちには本当に謙虚な人が多いんだよ」

 この映画も偉業自慢ではない。

「映像を見てもらえば、いかにメルーが過酷な山かというのは十分に伝わると思った。僕はこの作品を、登山の映画というよりも登山家の映画、人間を描く映画にしたかったんだ。偉業を達成するのは簡単なことじゃない。だからどんなにわずかでも、一歩前に進めばいい。大事なのは自分の人生に意義を見つけ情熱を注ぐことなんだ」
cJill Furmanovsky
『オアシス:スーパーソニック』

 イギリスの伝説的ロック・バンド“オアシス”初の長編ドキュメンタリー。バンドの中心的存在リアム&ノエル・ギャラガー兄弟が製作総指揮に参加。初公開映像満載で、オアシスの軌跡をたどる全音楽ファン必携のドキュメンタリー。94年のCDデビュー以来、全世界のミュージックシーンにさんぜんと輝きながらも2009年に解散したオアシス。バンド結成から、25万人を動員し伝説となったネブワースでのライブ公演までをたどり、成功に至るまでの真実の日々を明かす。


監督:マット・ホワイトクロス 出演:オアシス他/KADOKAWA配給/角川シネマ有楽町他にて公開中  http://oasis-supersonic.jp/
cMOVEMOVIE - FRANCE 2 CINEMA - MELY PRODUCTIONS
『TOMORROW パーマネントライフを探して』

 2016年フランス・セザール賞ベストドキュメンタリー賞受賞作。『イングロリアス・バスターズ』などのハリウッド映画でも知られる女優メラニー・ロランが、活動家・ジャーナリストのシリル・ディオンとともに、フード、エネルギー、マネー、教育の今を探る旅に出た! 旅の中で、さまざまな価値観やライフスタイルと出会い、見えてきた“パーマネントライフ”とは…? 「我々がいまのライフスタイルを続ければ人類は滅亡する」という、21人の科学者たちが学術雑誌『ネイチャー』で発表した論文がきっかけに始まった、生き方再発見ドキュメンタリー。


監督・出演:メラニー・ロラン、シリル・ディオン 他/セテラ・インターナショナル配給/シアター・イメージフォーラム他にて公開中  http://www.cetera.co.jp/tomorrow/