【2・11 SB後楽園大会】北斗が“顔砕拳”でタイトル奪取宣言。坂本は「10Rでもやってやる」

シーザー会長を真ん中に、今大会に出場するMIO、内藤、MASAYA、水落、宮崎、リン(左から)
 シュートボクシング(SB)の2017年最初の大会となる『SHOOT BOXING 2017 act.1』(2月11日、東京・後楽園ホール)の前日計量と直前会見が10日、浅草のシュートボクシング協会で行われた。

 今大会はメーンで昨年の『S-cup2016』で準優勝したMASAYAがREBELS65kg級王者の水落洋佑と対戦。セミファイナルではSB日本スーパーウェルター級王者・坂本優起が北斗拳太郎を相手に防衛戦。SB日本スーパーバンタム級王者・内藤大樹はRISEバンタム級3位の宮崎就斗を迎え撃つ。
 3カードともSB勢vs他団体の図式となっている。

 MASAYAは2015年12月に水落と対戦し、ダウンを奪われたうえで判定で敗れており、約1年越しのリベンジマッチ。坂本はこれまで北斗に小差の判定ながら2連敗を喫しており、背水の陣でのタイトル戦。宮崎は昨年11月、RISEのリングでSB日本フェザー級王者の深田一樹を破っており、内藤としてはSB王者が2人続けて軍門に下るわけにはいかず、第1弾大会からSB勢には過酷な大会となっている。
シーザー武志会長を挟んで、タイトルマッチを戦う王者・坂本(左)と北斗
 なかでも注目を集めるのはセミのタイトル戦。調印式と合わせ、会見も別枠で行われた。

 坂本は「北斗選手には2度負けていますが、僕は負けたとも勝ったとも思っていません。判定の延長でこの3戦目があると思っています。今回タイトルマッチですが、タイトルを渡すわけにはいかないので僕が必ず防衛して、チャンピオンとして70㎏の頂点を目指していきたいと思います」とやや硬い表情で語る。

 一方、『北斗の拳』の主人公ケンシロウスタイルで試合に臨む北斗はいつものケンシロウトークが冴え渡る。

「ボス神拳の伝承者・北斗拳太郎だ。素晴らしい試合を組んでいただき非常に感謝している。牙大王(坂本のこと)に2回勝っているが、決しておごりはない。今回も壊す! 以上だ」と会見を北斗ワールドに染め上げた。

 タイトル戦は3分×5Rで行われるのだが、北斗が「今回修得してきたボス神拳の名は、顔面を砕く拳と書いて“顔砕拳”だ。3Rだろうが5Rだろうが、ボス神拳は関係ない。チャンスがあれば1Rから倒しにいく。もし5Rに行くことになっても私の攻めは終わらないだろう」と勝利を誓えば、坂本も「5Rでも10Rでもぶっ倒れるまでやってやろうと思っています」と呼応。死闘の予感が漂う会見となった。

 会見には今大会で香港のクォク・ホイ・リンと対戦するSB日本女子ミニマム級王者のMIOも出席。リンは香港で3度ムエタイの王座に就く強豪。

 この対戦について日本シュートボクシング協会のシーザー武志会長は「MIOと対戦できるような選手が日本人にはいなかった。48kgで良ければ、日本中誰でもいいので挑戦して来てほしい」と説明。

 これを受けMIOも今年の目標として「日本の強い選手とはだいたい戦ってきたと思うので世界の強い選手とどんどん戦っていきたい」と話した。