とろサーモン久保田、新築マンション引っ越しで男性と同居か「一線は超えてない」

 お笑いコンビのとろサーモンと女性タレントの都丸紗也華が18日、都内で行われた、ドミノ・ピザの新しいサービス「ミッション20ミニッツ」の発表会に出席した。

 とろサーモンは、昨年末に行われた、漫才日本一を決める『M-1グランプリ 2017』で優勝。来月2月には賞金100万円が手元に届くという。イベント終了後の取材で使い道を聞かれた久保田かずのぶは「何よりも、新築のマンションに引っ越したい」。報道陣の誰かと住む?と突っ込まれると「そんなことを……」とニヤニヤ。そして「知り合いの男性と住みます!」。その答えに相方の村田も驚いた様子で、すかさず「そういう感じの人なんですか? 付き合ってるの? 40前で、男2人で住むってなんかの意味があるでしょ?」。久保田は「仲のいい作家さんがいるんですけど、一緒に住もうと言われていたので。一線は超えてません。一緒にピザとかも頼める」と、説明した。久保田はイベント中、優勝後1日だけあった休日(クリスマスイブ)にDIYで家の扉を直していたエピソードもを明かしていただけに、引っ越しは切実な問題のよう。
16分強でピザが会場に到着!
 イベントには、とろサーモンは一番忙しい芸人、都丸は今一番アツい女性タレントとして登壇。時間に追われる3人は、発表会中に、200円を追加して払えば20分以内にピザが届く新サービスを利用してオーダー。16分強での到着と制限時間まで余裕を持ったタイミングでアツアツのピザを受け取ると、村田は「30分と20分、10分の差は大きい。熱い」。久保田も「ミッション20ミニッツおいしい! 暖がありますね」とご満悦。都丸もとろりと伸びるチーズに「30分のものとチーズが全然違いますね。温かいほうがおいしい!」「これは頼む!」と、感激していた。


「ミューターント・タートルズよりも、ピザが好き!」だという久保田。相方村田もそろって、ドミノピザを愛用しているという。