アメフット悪質タックル問題で日大選手が監督とコーチの指示を詳細に明かす

会見の冒頭、深々と頭を下げた宮川選手
「顔を出さないでの謝罪はありえない」と名乗っての会見

 アメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の試合で、日大のDFの選手が関学大のQBの選手に悪質なタックルでケガを負わせた問題で、5月22日、日大の当該選手である宮川泰介選手が会見を開いた。

 宮川選手は20歳になったばかりではあったが、「顔を出さないでの謝罪はありえない」と顔を出し、名前を名乗っての会見となった。

 この問題では6日の試合以降、公の場に姿を見せていなかった日大の内田正人監督が19日にケガをした選手や保護者に直接会い、謝罪。監督辞任を表明したが、21日には被害を受けた選手の父親が会見を開き、被害届を出したことを発表した。

 会見は冒頭、代理人の弁護士が問題が起こった後の経緯を時系列で説明。ここに至るまでに大学本部からの事情聴取は行われたものの、アメリカンフットボール部からの事情聴取は行われていないことが明かされた。24日に再び出されるとされる内田監督の再回答までに事情聴取が行われる可能性が低いことからこの日の会見に至ったことが説明された。

 続けて宮川選手が陳述書を読み上げ、試合当日の行為に至る状況が語られた。

 陳述書では5月3日の実戦形式の練習でのプレーが悪かったことから練習を外され、監督から「試合に出さない。辞めてもいい」、井上コーチから「練習も試合も出さない」と言われたこと。翌日に監督から日本代表を辞退するように迫られたこと、理不尽な理由でコーチから叱責されたこと。そして試合前日に井上コーチから「監督に、お前をどうしたら試合に出せるか聞いたら、相手のQBを1プレー目で潰せば出してやると言われた。“QBを潰しに行くんで僕を使ってください”と監督に言いに行け」「相手のQBがケガをして秋の試合に出られなかったらこっちの得だろう」「これは本当にやらなくてはいけないぞ」と念を押され、頭を坊主にしてくることを指示されたことを明かした。

 そして迎えた試合当日、メンバー表に自分の名前がなかったことから、試合前の練習時に井上コーチに確認し「今行ってこい」と言われたことから、監督に直接「相手のQBを潰しに行くんで使ってください」と言いに行ったところ、そこで監督に「やらなきゃ意味ないよ」と言われたという。戻って、井上コーチに監督の言葉を伝え「リード(DLの本来のプレー)をしないでQBに突っ込みますよ」と確認すると、井上コーチは「思いっきり行ってこい」と言い、さらに試合前の整列の時に「できませんでしたじゃ、すまされないぞ。分かってるな」と念を押されたことを明かした。
会見では終始、熟考して質問に答えた宮川選手
一貫して「監督やコーチからのプレッシャーがあったにせよ、自分が正常な判断をするべきだった」

 また試合後には監督が「周りから聞かれたら、俺がやらせたと言え」と言ったこと。また井上コーチから、宮川選手が退場になった後に、宮川選手に相手選手にケガをさせる役割をさせたことをすまなく思ったDLの別の選手が「自分にもやらせてほしい」と言ってきたことを宮川選手に話し、「お前にそれが言えるのか」「お前のそういうところが足りないと言っているんだ」、退場後に事の重大さに気づき涙を流していたことについて「優しすぎるところがダメなんだ。相手に悪いと思ったんだろう」などと叱責されたことを明かした。

 相手への謝罪については内田監督に申し出たものの、止められたことから、代理人の弁護士に相談し、18日には宮川選手と父親で怪我をさせた選手と両親を訪問し、謝罪した。その時に相手には「謝罪をうなずく形で聞いていただいた」という。

 その後の質疑応答では、内田監督や井上コーチについてのものもあがったが、宮川選手は一貫して「監督やコーチからのプレッシャーがあったにせよ、自分が正常な判断をするべきだった」「監督、コーチの指示を自分で判断できなかった自分の弱さだと思う」などと話したが、「同じようなことが起きないことを望みます」と絞り出す場面もあった。また監督やコーチがきっちりした会見を開いていないことについては「自分がやってしまったことなので、監督、コーチがどうこうということではない。でも謝罪の一歩として真実を話さなければいけないのではないかと思ってここにいます」と話した。

 今後については「アメリカンフットボールを続けていく権利はないと思うし、この先、アメリカンフットボールをやるつもりもありません。今のところ、何をしていくべきかも分からない状態です」と話した。