千葉雄大の衝撃的なドーピング願望に、女性ファンの歓声も大音量に!

 映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の完成披露試写会が22日、都内にて行われ、主演の阿部サダヲとヒロイン役の吉岡里帆、共演の千葉雄大、ふせえり、松尾スズキと三木聡監督が登壇した。

 本作は、阿部演じる驚異の歌声を持つロックスター・シンと、吉岡演じる声が異様に小さいストリートミュージシャン・ふうかの出会いから始まる騒動を、三木監督の完全オリジナルで描くコメディー。

 イベントは、明治大学応援団による大音量の応援パフォーマンスからスタート。キャストと監督も一人ひとりが応援団員さながら、声を張り上げ登壇の挨拶をし、会場を沸かせた。
「三木監督の作品にさせていただくのは今回が初めてで(三木組常連の)松尾さんやふせさんのように溶け込めるだろうかと心配していた」という阿部。ところがそんな彼を待ち受けていたのは「自分の命は自分で守らないといけない現場だった」という。阿部は「撮影初日から、溺れて死にかけまして。雨のシーンだったんですが、口を開けていろというので開けていたら水がどんどん入ってきて。降ってくる雨で溺れるとは思いませんでした」と、やや遠い目。三木監督も「(雨にあたる)顔を撮っていたんだよね。顔が面白かったのでカットかけずにいたら“死んじゃう!”って…(笑)」と苦笑しながら振り返ったが、さらに阿部は「撮影に入る前に石膏で型を取ったんですが、そのときも口を開けていろと言うので開けていたら石膏が入ってきて、これは死ぬ、と」と明かし、会場からも同情混じりの笑いが起きた。

 一方、吉岡は「口の中にカメラが入ってくる撮影がありまして。小型カメラをつけた棒を持ったカメラマンが向こうから走ってきて、カメラを私の口の中に入れるという…」と、特殊な撮影が多かったことを明かし「それがあったからこそ今、強くいられるんだと思います」とまとめ、笑いを誘った。
 すると今度は千葉が「僕は口(にまつわる撮影)は無かったんですけど、あるシーンの撮影で2日後くらいに鼻からチーズが出てくるということがありました。ずっとピザの匂いがするなあと思っていて、頑張って“フンッ”ってやったらチーズが出てきた」と衝撃的なエピソードを明かしつつ「本当に楽しい現場だったので、もっとぐちゃぐちゃになりたいと思っていました」と笑顔。そんな千葉が本作で見せる怪演にも注目とのこと。

 作品の着想について質問された三木監督は「ある高齢のボイストレーナーの方がいて、その方は頭蓋骨を触るとその人に合う音程が分かるという面白い人なんですが、その人から、思いが強すぎて声が出なくなる人もいるという話を聞いたんです。それと、そのころ陸上のベン・ジョンソンが歩く歩道を走ったらどうなるのかという話題で盛り上がったことがあって、そこから声帯ドーピングというアイデアを思いついたんです」と説明したが、キャストたちは「ああ…」と分かったような分からないような微妙な反応。
 その設定にちなみ「ドーピングしたいこと」を質問されると、阿部は「しないですけど」と前置きしながらも「役作りで太ったり痩せたりするときにドーピングでそれができればうれしいかも。松尾さんの舞台に参加するとよく“そこの壁、歩けない?”とか“少し飛べない?”とか聞かれるので、ドーピングで何とかなれば」と切実に語り、会場も大笑い。千葉は「雑誌『an・an』のSEX特集の表紙をやることになったら、筋肉ドーピングをしたい。もうギリギリこの辺まで、何ならもう…」と下半身を示し、会場中に女性ファンの黄色い声が飛び交うことに。

 さらに三木監督が「実は鎖骨が折れたままで、骨が丸くなってしまい、つながらないのでドーピングで何とかしたい」と明かすと、隣にいた千葉は興味津々の様子。「触ってみる?」と言われると監督の鎖骨部分にそっとタッチ。鎖骨の断面を感じ取ったのか「すごい…!」と驚きの表情を見せていた。

 同作は10月12日より公開。