木村拓哉、アジア最大級のイベントで台北に「また戻ってきたい」



 アジアの最先端カルチャーを世界に発信するアジア最大級のイベント「ASIA FASHION AWARD」が1日、台湾の台北市内で行われた。イベントにはアジアを代表するアーティストやモデルら80名が登壇した。

 イベントのアンバサダーを務めたのは木村拓哉。オープニングで8年ぶりに林志玲(リン・チーリン)との共演した。流暢な中国語で「皆さんこんにちは、木村拓哉です。台湾に来ることができてうれしいです!」とあいさつすると、会場から悲鳴にも近い歓声があがった。

 イベント前の取材で、木村は「このような場所にまたチーリンと一緒にお邪魔することが出来て本当に光栄に思っています」とコメント。またリン・チーリンとの共演についても喜び、「11月29日に誕生日を迎えたということなので、この後、お祝いができたらいいなと思っています」と話した。

 また「まだ予定はないですが、またこういった ASIA FASHION AWARD のような催しや、自分がもし お邪魔してもいい場所があるなら、いつでもまた戻ってきたいと思いますので、また皆さん暖かく迎えて下さい」と話していた。


 イベントには、台湾で女優としてドラマのヒロインとしても活躍する池端レイナがMCをつとめたほか、 山田優、玉城ティナ、香川沙耶、AMIAYA、蜂谷晏海らが参加した。山田は「台湾でファッションショーができたことを、すごくうれしく思っています。アジアのモデルさんと一緒に共演できていい刺激を受けましたし、すごく楽しかったです」とランウェイの感想を語った。

 また、アジアの文化向上、発展、アジアの個性形成、学問的進歩に尽力し 国を超えてグローバルに顕著な功績を残したとして、未来創造への貢献者 、隈研吾、猪子寿之、リッチー・リンを表彰した。

 中国注目新人のリウ・ファン、 中国のトップアーティスト Summer、韓国からは BoA らが参加した。