『ドラゴン・タトゥーの女』



「ミレニアム3部作」第1弾をハリウッド映画化!





ph_movie0100.jpg





 スウェーデンで刊行され、爆発的ヒットを博した「ミレニアム3部作」の第1弾を『ソーシャル・ネットワーク』のデヴィッド・フィンチャー監督が映画化。『セブン』を超えるフィンチャー・ワールドを堪能できる、注目の一本だ。





 告発記事を書き名誉棄損の裁判で負けた社会派ジャーナリストと、エキセントリックな風貌をした天才ハッカー。異色のコンビが、40年前の少女失跡事件に端を発する衝撃の事件を暴いていく…!





 社会派ジャーナリスト・ミカエル役には『007』シリーズの新ボンドでおなじみ、ダニエル・クレイグ。正義を求めながらも他人の心を許すことができないという陰のあるヒーローを、持ち前の渋い魅力で演じきる。タイトルロール“ドラゴン・タトゥーの女”リスベットを演じるのは、新星ルーニー・マーラー。フィンチャーが描く新時代のダーク・ヒロインとして見事な存在感を見せている。原作も3部作であるだけに、クレイグ&マーラーによる異色コンビの活躍を今後も期待したくなる。







STORY:休職中のジャーナリスト・ミカエルのもとに、大財閥の元会長・ヴァンゲル老人から家族史編纂の依頼が舞い込む。しかし本当の目的は40年前に起きた親族の娘ハリエット失踪事件の真相究明だった。





監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ他/2時間38分/ソニー・ピクチャーズエンタテインメント配給/2月10日よりTOHOシネマズ日劇他にて公開 http://dragontattoo.jp