SPECIAL INTERVIEW 時空ジャーナリスト”沢嶋雄一”

『劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日』

我々が生きる2013年からしばらく先の未来では、タイムワープ技術を使い過去のさまざまな出来事を取材する、タイムスクープ社という通信社が存在する。今回我々は、同社第二調査部に所属する時空ジャーナリスト・沢嶋雄一氏の直撃インタビューに成功。彼が名もなき人々を追い続ける理由とは。そして彼が“安土城焼失の謎”をスクープした最新取材とは。現代の人気俳優・要潤によく似た!?イケメン時空ジャーナリストを直撃!

—沢嶋さんといえばやはり、市井の人々の日常を記録するという姿勢が幅広い世代の共感を得ていますね。
「もともと僕もタイムスクープ社の番組を見てジャーナリストを目指したんですよ。弊社には歴史的に有名な人物・出来事を扱う第一調査部と、市井の人々の日常を調査する第二調査部があります。僕が第二調査部の仕事に興味を抱いたのも、日常の中にあるドラマに引かれたからなんです。これまでの取材でも教科書に名前が載らない市井の人々を取材してきましたが、その日常には驚くようなドラマがたくさんありましたね。今でもよく思い出すのが、シーズン2で放送した『江戸“婚活”最前線』の取材です。江戸時代のお見合い事情を取材していたんですが、最後の最後で取材対象者に驚きの展開がありまして、僕も密着取材していてすごく幸せな気分になりました(笑)」

—私もあの回を拝見して、いつの時代でも人と人との間でこういうことは起こるだろうなと共感しました。
「日常の姿というのは、どんな時代でも共感できるんじゃないかと僕も思います。ただ個人的には、第一調査部があっての第二調査部だと思っています。つまり、教科書に載っている歴史的な出来事を“年号”で覚えるだけではなく、より深く理解するためにも、我々第二調査部の取材が役立つと思うんですよ。政治の動きだけでは分かりにくいことも、庶民がどんな状況だったかを知ると、当時の歴史をより理解できる。そのせいか、よく “学校の授業で番組を見ました”という声も頂きますね」
—その『タイムスクープハンター』が2013年ついに映画化されます。
「今回もともとは、本能寺の変による混乱の中で一般庶民の救助にあたっていた矢島権之助さんという武士を取材していたんですが、その取材中に島井宗叱さんという歴史的にも著名な豪商の方と出会いまして、それがきっかけで“安土城焼失”の謎に迫ることができたんです」

—映画化にふさわしい大スクープですね!
「確かに僕も、安土城がなぜ焼失したかという歴史的な謎に興味はありましたが、あくまでそこは第一調査部の担当ですので。第二調査部としては、その背景にいた人々を記録するのが仕事です。今回はそのギリギリのところだったかもしれません(笑)。そうなったのも、実はタイムスクープ社の内部に関わるトラブルが発生してしまったことが原因なんです。新人記者の細野ヒカリとともに“歴史修復作業”を行わなければならなかったんですが、僕のジャーナリスト人生の中でも初めての経験でしたので、とても戸惑いました。作業のために、あらゆる時代に向かわなければならなかったことも、今回が初めてでしたしね」
—時空取材は危険も多いんですね。
「金山で生き埋めになったこともありますし、賊に襲われることもよくあります。シーズン1の“お氷さま”での襲撃から数えて、何度賊に襲われたことか(笑)。大抵は特殊な交渉術で切り抜けることができるんですけど、それを使う余裕もない状況に陥ることも多々ありますので…」

—そんな沢嶋さんをサポートするのが“未来の道具”の数々。
「今回の取材で身に付けた装備は、ほとんどモデルチェンジしています。僕が着ている“フィジカル・バージョンアップ・システム”のデザインも今までで一番スタイリッシュになっていると思います(笑)。このスーツは体力消費を1/3に抑えるので疲れにくいという特徴の他、1mmほどのバリアが張られているので、汚れとか多少の衝撃は平気なんです。さすがに、石をぶつけられればケガしますけど(笑)。他にもフリーズガンやスパイダーカムなど、今回初めて登場するものも多いですね。小型タイムワープ装置も使ったんですが、あの外見には僕も驚きました(笑)」

—最後に、この時代のファンにメッセージをお願いします!
「今回も歴史上の名もなき人物に取材を試みまして、安土城焼失の謎という非常に興味深い事件に偶然迫ることができました。映画ならではの、スペクタクル感ある映像に仕上がっているのでぜひ楽しんでください」

 特殊な交渉術についても質問するつもりでいたのだが…気づくとインタビューは終わっていた。その謎にはいつか迫るとして、まずは時空ジャーナリスト・沢嶋雄一の最新取材の全貌を映画で楽しむべし!
(本紙・秋吉布由子)

NULL
『劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日』
監督・脚本:中尾浩之 出演:要潤、杏、夏帆、時任三郎他/1時間42分/ギャガ配給/8月31日(土)より新宿ピカデリー他にて公開 ©2013 TSH Film Partners
【読プレ】魔法動物たちにまた会える!
【今週の“人”】東電新会長・川村隆氏
【読プレ】家でもアウトドアでも使い勝手がいい
4・8シュートボクシング  “ヒジ”で復活KO勝ち鈴木がKNOCK OUT参戦アピール
大和哲也5年ぶり参戦
ヘビー級サバイバル戦