テレビドラマ『チーム・バチスタ』が劇場で完結! 『チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像』

 2006年、現役医師の海堂尊が著した『チーム・バチスタの栄光』が325万部という驚異の部数を記録。以後、ミステリーながら心臓外科、救命救急、法医学といった本格医療を扱い、幅広い層から支持を得る超人気シリーズとなった。2008年、特別愁訴外来担当医・田口公平役に伊藤淳史、厚生労働省のエリート・白鳥圭輔役に仲村トオルを迎えたテレビドラマシリーズがスタートすると、高視聴率をキープ。その後『ナイチンゲールの沈黙』『ジェネラル・ルージュの凱旋』『アリアドネの弾丸』とシリーズがドラマ化され今年、3年ぶり登場した『チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』を経て、ついに最終章となる『チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像』がスクリーンに登場する。

 伊藤、仲村をはじめ、通称“ジェネラル・ルージュ”速水晃一役の西島秀俊、その下で研修医として学んだ冷静な救命医・滝沢役に松坂桃李、終末医療を主とする地方病院の医師・桜宮すみれを演じた栗山千明といった歴代キャストが総出演するほか、劇場版では新たに桐谷美玲、生瀬勝久ら豪華な顔ぶれも揃う。また原作にはないオリジナルストーリー要素が加わっているのも気になるところ。

 待望の国際Aiセンター(Ai=オートプシーイメージング:死亡時画像診断)発足に合わせるかのように起きた前代未聞の事件。果たして田口&白鳥は史上最大の難問を乗り越えられるのか?
STORY:国際Aiセンター発足の目玉として導入されたMRI“リヴァイアサン”が注目を集める中、東城医大に謎めいた脅迫状が届く。そのころ前代未聞の集団不審死事件が発生し…。
監督:星野和成 出演:伊藤淳史、仲村トオル、桐谷美玲、松坂桃李他/2時間7分/東宝配給/TOHOシネマズ日本橋他にて公開中 http://www.batista-movie.jp/