スイーツ真壁が映画『マッドマックス』で声優初挑戦!狙うはハリウッドデビュー!?

神妙な面持ちでアフレコに挑戦する真壁
 映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で声優デビューを果たした新日本プロレスの真壁刀義が18日、都内のスタジオで吹き替えアフレコイベントを行った。

 スイーツ男子として情報番組でリポーターを務めるなど、プロレス以外での活動も難なくこなす真壁だが、さすがにアフレコは勝手が違ったようで、「難しい」を連発。別室のディレクターからダメ出しを食らい、即座に「すいません…」と頭を下げる場面もあったが、なんとか無事に終了した。

 真壁の役は主人公マックスと敵対する最凶の“ラスボス”イモータン・ジョーの息子のひとり、レクタス・エレクタス。画面では日本にも来日経験のある元プロレスラーのネイサン・ジョーンズが演じており、イメージもぴったり。

「マッドマックスは一番最初の作品から見ていた映画」という真壁は今回の“ハリウッドデビュー”に「とうとうこの日が来たか、と思った。試合を休んででもやるつもりだった」とポロリ。「台詞は感情を込めればいいが、戦っているときなんかの息遣いやタイミングの取り方が難しかった」と初体験のアフレコを振り返った。

 また本格的な!?ハリウッドデビューにも「やっぱり世界中がほうっておかないだろう? ぜひ、皆さんの推薦お願いします」と意欲満々だった。

 ちなみに真壁が着ているTシャツは映画と新日本プロレスがコラボレーションしたもので、全国のサークルKサンクスで、映画の前売り券とセットで予約できる。

 映画はは6月20日より新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国にて公開される。