『ベルファスト71』試写会に10組20名

【日時】7月17日(金) 19時〜【会場】なかのZERO 小ホール(中野)
“血の日曜日事件”(1972年1月30日)発生前夜の1971年。IRA、北アイルランド問題を背景に、敵地に1人残されてしまった、政治的思想も戦う意義も持ち合わせていない若き兵士の悪夢の一夜を描いたサバイバル・スリラー。主人公の若き英国軍兵士・ゲイリー役にはアンジェリーナ・ジョリーの監督第2作『Unbroken』で主役に抜擢された若手英国イケメン俳優ジャック・オコンネル。突如、民族対立の最前線に立たされた青年の壮絶な緊迫感を見事に演じきる。

 1971年、紛争が激化している北アイルランドのベルファストに、イギリス軍の新兵ゲイリーが着任する。町は、複雑に絡み合う活動家たちの思惑が交差し、それぞれの側で主導権を握ろうと暗躍していた。ゲイリーは、パトロールの最中に争いに巻き込まれ、その間に、敵対派の少年に銃を盗まれてしまう。彼は、群集の中に逃げ込んだ少年を追うが、自分が敵のテリトリーにたった1人で入り込んでしまっていることに気づく。はたして、ゲイリーは生き残ることができるのか…。

 8月1日より新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開。