広瀬すずと中川大志、もうすぐ二十歳でワクワク「保護者の同意いらない!」



広瀬すずと中川大志が出演する「シーブリーズ」の最新CMの発表会が27日、都内で行われ、広瀬と中川が登壇した。

 中高生の恋の始まりや片思いのドキドキを表現してきた人気CMシリーズ。最新作では大学生カップルの設定で、浜辺で追いかけっこをしたりとラブラブ。カフェで目配せしたり、大人の香りを香らせたりと、一歩進んだ“ドキッ”を感じさせる内容になっている。

 2人がこのCMに出演するのは今年で4年目。これまでよりも大人な内容に「うごきをゆっくりしてみる」(広瀬)など、新しいアプローチをしているという。

 初共演時には学生だった2人も、6月にはともに20歳のバースデーを迎える。

 広瀬は、同年代のキャストがいないドラマの打ち上げに参加したと話し、お酒が入って明るくなった現場で、「同じテンションでいろんなお話をしたかった。ああ、今、二十歳だったらなって思った」と、二十歳になるのを心待ちにしている。

「二十歳になったら…契約とか自分でやれる! 自分の手で、保護者のサインとかいらない!」と、中川も興奮気味。何をすると聞かれると、「親が携帯電話の契約をしているんですけど、自分の契約にしたいですね」と話し、報道陣をほんわかさせていた。

CMは、30日からオンエア。

お互いの「だけだよ」エピソードも発表……
キメフレーズは「すずだけだよ」

 発表会では、テレる広瀬と中川を見ることができた。

 広瀬は、司会者に促され、商品を首すじにつけるというCMのシーンを再現。フラッシュがたかれるなか再現に挑んだ広瀬に、中川は「シーブリーズをつけさせたら日本で一番の女優さんですから」と絶賛。

 一方、中川には、CM中の「…すずだけだよ」というキメフレーズをカメラに向かって再現してほしいとのリクエスト。広瀬も加わって寸劇調になって、どっと会場が湧いた。中川は「〇〇だけだよ、たくさん使ってほしい」とてれていた。