バドミントン ジャパンオープン・桃田賢斗【プロの瞬撮】

 スポーツ専門フォトグラファーチーム『アフロスポーツ』のプロカメラマンが撮影した一瞬の世界を、本人が解説、紹介するコラム「アフロスポーツの『フォトインパクト』」。他では見られないスポーツの一面をお届けします。



撮影/文章:森田直樹 (2018年9月16日 バドミントン ジャパンオープン 男子シングルス 決勝戦)

ジャパンオープンで初優勝を飾った桃田選手。

躍動する桃田選手は、とても強く、格好良い。


2年後の東京五輪の会場で初めて開かれた今大会。

再びこの会場で躍動するであろう桃田選手に期待したい。


■カメラマンプロフィル

撮影:森田直樹

1993年、奈良県生まれ。2014年、ビジュアルアーツ専門学校・大阪卒業後アフロに入社。

4年間のスタジオアシスタントを経て2018年よりアフロスポーツ所属。

スポーツ選手の心情を追い、選手たちの努力、成長や挫折、感動を写真で表現することを目指す。

スポーツ撮影を中心にポートレイトなどジャンルを問わず活動中。



アフロスポーツ


1997年、現代表フォトグラファーである青木紘二のもと「クリエイティブなフォトグラファーチーム」をコンセプトに結成。1998年長野オリンピックでは大会組織委員会のオフィシャルフォトチーム、以降もJOC公式記録の撮影を担当。

各ジャンルに特化した個性的なスポーツフォトグラファーが在籍し、国内外、数々の競技を撮影。放送局や出版社・WEBなど多くの報道媒体にクオリティの高い写真を提供し、スポーツ報道、写真文化の発展に貢献している


■アフロスポーツHP


Photographer




https://www.aflo.com

■Facebook

https://www.facebook.com/aflosport

■Instagram

https://www.instagram.com/aflosport

■Twitter