バドミントン・大堀彩【アフロスポーツ プロの瞬撮】

 スポーツ専門フォトグラファーチーム『アフロスポーツ』のプロカメラマンが撮影した一瞬の世界を、本人が解説、紹介するコラム「アフロスポーツの『フォトインパクト』」。他では見られないスポーツの一面をお届けします。
撮影/文章:森田直樹 (2018年7月14日 バドミントン ジャパンオープン 女子 シングルス)
選手にスポットライトが当たる。

自然と背景が落ち選手が浮かび上がる。

背景を気にせず撮影できると選手の細部まで注目することができる。



試合を撮影していくうちに大堀選手のサーブ時の眼差しに注目した。

背景に無駄なものが写らないようにぐっと寄る。

そしてシャトルを放す瞬間にシャッターを切った。


写真でしか伝えられない一瞬の眼差しを写すことができた。



■カメラマンプロフィル
撮影:森田直樹
1993年、奈良県生まれ。2014年、ビジュアルアーツ専門学校・大阪卒業後アフロに入社。
4年間のスタジオアシスタントを経て2018年よりアフロスポーツ所属。
スポーツ選手の心情を追い、選手たちの努力、成長や挫折、感動を写真で表現することを目指す。
スポーツ撮影を中心にポートレイトなどジャンルを問わず活動中。

アフロスポーツ

1997年、現代表フォトグラファーである青木紘二のもと「クリエイティブなフォトグラファーチーム」をコンセプトに結成。1998年長野オリンピックでは大会組織委員会のオフィシャルフォトチーム、以降もJOC公式記録の撮影を担当。
各ジャンルに特化した個性的なスポーツフォトグラファーが在籍し、国内外、数々の競技を撮影。放送局や出版社・WEBなど多くの報道媒体にクオリティの高い写真を提供し、スポーツ報道、写真文化の発展に貢献している。

■アフロスポーツHP
https://sport.aflo.com
https://www.aflo.com
■Facebook
https://www.facebook.com/aflosport
■Instagram
https://www.instagram.com/aflosport
■Twitter
https://twitter.com/aflosport

東京2020 聖火リレー 2週間の撮影【アフロスポーツ プロの瞬撮】
羽生結弦 『帰国』【アフロスポーツ プロの瞬撮】
近代五種・馬術【アフロスポーツ プロの瞬撮】
パラ競泳・中村智太郎の圧 【アフロスポーツ プロの瞬撮】
東京2020 開幕への道【アフロスポーツ プロの瞬撮】
マラソン 鈴木健吾 『最後のびわ湖』【アフロスポーツ プロの瞬撮】