今年の漢字都内でも発表! 吉岡里帆「瞬」、千葉雄大「渡」



 吉岡里帆と千葉雄大が12日、都内で行われたUR賃貸住宅の新CM発表会に出席した。2人はUR賃貸住宅カラーのジャストサイズの衣装で登場。今回から新たに加わった千葉は「これが似合うのは僕しかいない。一点もで(サイズがぴったり)、太ることもやせることも許されない(笑)。身が引き締まる思いです」とあいさつした。

 イベントでは、2018年を振り返って、それぞれの1年を漢字一文字で示した。

 吉岡は「瞬」の一文字。「1年があっという間で、新しい挑戦をたくさんさせていただいた都市で、一つひとつの仕事が瞬く間に過ぎていった。気づいたら2018年が終わり?っていう想いをしたというのもあるんですが、それと、女優の江口のりこさんと会う機会がありまして、今年の漢字表すとどうですかねって話したら、一瞬の瞬でいいんじゃないって提案してもらったのを思い出して、披露しました」

 千葉は「渡」の一文字。「役者としてもいろんな役を渡り歩かせていただいたというのもありますし、個人的にすごく海外に行く機会が多くて、アメリカ行って、フランス行って、エジプト行って、今度上海に行くんです。すごく貴重な経験を渡り歩かせていただきました」と、話した。


 きょう12日からオンエアがスタートした最新CMは、2016年からCMキャラクターを務めている吉岡が、千葉に心得をレッスンするという内容。

 千葉は、おなじみの「URであーる」のCMソングも歌う。千葉は「まさか歌わせててもらえる人生になるとは思わなったのですごい光栄に思っている」としたうえで、「住宅については、新入社員のような気持ちで頑張らせていただきたい」と、控えめなコメント。

 吉岡は「千葉さんが新入社員に見えてしまうすごさが衝撃的だった。先輩なんですけれども、CMの中では自分が先輩として教えさせていただいた」と笑った。

 千葉の数十パターンもテイクを重ねたという「はい!」というセリフについて、吉岡が「突然の笑顔ですよね(笑)、簡単にはできない」と感想をのべると、千葉は「ちょっと狂気じみてますよね」。さらに「役者として試されているなと思いました」と続け、会場から笑いを誘っていた。