「K-1 AWARDS 2018」延長ラウンドまで死闘を繰り広げた山崎秀晃VS安保瑠輝也が「最高試合賞」

山崎秀晃(左)、安保瑠輝也
 K-1グループの「K-1 WORLD GP」「Krush」「KHAOS」の3つのプロ大会と「K-1アマチュア」に出場した選手、および全試合を対象にした年間表彰式「K-1 AWARDS2018」が1日、都内のホテルで開催された。今回が2回目となる同表彰式。「最優秀選手賞」に武尊、「最高試合賞」に山崎秀晃と安保瑠輝也、殊勲賞に木村”フィリップ”ミノルが選ばれた。

「最高試合賞」は昨年12月に行われた、山崎秀晃と安保瑠輝也の対戦が受賞。延長ラウンドまでもつれ込んでのKO決着で、会場を大いに盛り上げ、 これぞK-1という試合を見せたというのが受賞理由。

 安保は「最高試合賞という一番僕の中で欲しかった賞をもらえて、ありがとうございます。山崎選手とじゃなかったら取れなかった」とコメント。山崎もその安保のコメントに応えるように「自分としてはこの試合は敗戦で、両手広げて喜ぶわけにはいかないんですけど、瑠輝也君と最高の試合ができて試合中も楽しかったです。選手をやっている以上、必ずリベンジしたいという気持ちでいるので、まだ瑠輝也君には高いところにいてもらって、また試合をしたいと思います」とリベンジに意欲を見せた。

 この2人のコメントにスペシャルプレゼンターの亀田興毅は「ファイターとして見ている人を感動させた。一番素晴らしい賞。今年もう一度見たいので、ぜひ再戦して壮絶な殴り合いをして下さい」と再戦へ期待を寄せた。

「K-1 AWARDS 2018」の受賞者


最優秀選手賞 武尊
最優秀試合賞 山崎秀晃VS安保瑠輝也
殊勲賞 木村”フィリップ”ミノル
敢闘賞 皇治
技能賞 野扖正明
ベストKO賞 武居由樹
新人賞 金子晃大
功労賞 登坂匠、神戸翔太、寺崎直樹、塚越仁志、上原誠、中澤純、山崎陽一
ベストGYM賞(プロ部門)  ウィラサクレック・フェアテックスジム
アマチュア最優秀選手賞 目黒翔大(優弥道場)、 菅原美優(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)
ベストGYM賞(アマチュア部門) K-1ジム総本部
ベストトレーナー賞 渡辺雅和代表(K-1GYM SAGAMI-ONO KREST)
ファンが選ぶ賞(ベスト・カップル賞) 卜部弘嵩&高橋ユウ