屋良朝幸の最新主演ミュージカルがきょう開幕! コール・ポーターを歌って踊る

 屋良朝幸が主演するミュージカル『Red Hot and COLE』がきょう1日、銀座の博品館劇場で開幕する。 

 ブロードウェイで活躍し、アメリカのポピュラー音楽史を語るうえで欠かすことができないソングライターであるコール・ポーターの人生を、彼が世に送り出した楽曲で綴る。

 初日を翌日に控えて、2月28日に行われたフォトコールでは『Night and Day』、屋良が製作発表でも披露した『I’m a Gigolo』、そしてメドレーで『Ridin’ High & Red,Hot and Blue』を歌唱するパートが公開された。屋良はもちろん百戦錬磨のキャスト陣が美声を響かせ、洗練されたダンスで圧倒した。


 フォトコール後、屋良、彩吹真央、鈴木壮麻が取材に対応。

 屋良は「稽古中はいろいろ悩んだりしていたんですけど、今日、皆さんの前で本当に一部分お見せして、何かガッと開いたものが自分の中であった。初日が楽しみになりました」と、さわやかな表情。具体的には「全編通して音楽が多いので歌い上げるというところに苦戦」していたそう。
 
 2月初旬に行われた製作発表では、コール・ポーターの楽曲について「(歌っていて)気持ちよくない」と話していたが、その部分については「試行錯誤していくうちに、コール・ポーターの性格が歌詞やメロディーになったりしてっていうのが、腑に落ちて、どんどん楽しくなってきた」といい、解消されたよう。

 歌はもちろんだが、「ダンスも見どころ」と屋良。

「コンテンポラリー風なダンスで、いつもやっているダンスとは違うんですけど、ダンスパフォーマンスだけでもショーとして見られるぐらいのものになっている。振り付けの加賀谷(一肇)くんという人がいるんですけど…すごく振り付けが好きなんです。2人で作っていたりして、すごくクリエイティブな時間で。ダンスは見ていただきたい」

 彩吹もダンスの魅力を強調。「振り付けをしてるところを見ていたら、屋良っちはスイッチ入ったなと(笑)。踊っていることがうれしいと思って踊っていた。それが分かってうれしかった」。フォトコールで彩吹イチオシの屋良のダンスシーンがあったとし「1段も2段も上がっている屋良っちが見られた。初日大丈夫だと思いました」と、太鼓判を押した。



 鈴木はカンパニーを率いる屋良について「誰よりも早く振りを覚えて、正しく歌って……僕らはお父さんの背中を見て育つみたいな感じだった」と絶賛すると、屋良は「この感じでお父さんっておかしいでしょ」。すると鈴木は「主役の背中を見て僕らが育っている感じです。この人と一緒に作っていける、この人を支えていけるということが、役者として、人としてうれしい」と、改めて大絶賛した。

「プレッシャーはいつもかけられているので慣れている」と屋良は笑ったが、「千秋楽までブラッシュアップできると思う。一個ずつ階段を上がれたらいいな」と改めて気合を入れていた。

 17日まで同所で。