髙田延彦がイチロー引退に「長嶋茂雄の引退以来」の衝撃

スポーツ選手の引退について語る髙田氏
長嶋引退の日、昭和の野球少年は泣きながらキャッチボール

 元総合格闘家の髙田延彦氏が3月25日、自らがMCを務める番組「髙田横粂の世相談義」で、先日、現役引退を表明したイチローについて語った。

 プロレスラーになる前は野球少年だった髙田氏は「長嶋さんは僕にとってはウルトラマンみたいな存在だから、“さん”なしでいかせてもらうよ。イチローもそう」と断った後、「びっくりした。こんなに心にぽっかり穴が開くのは長嶋茂雄が引退した時以来。長嶋がダブルヘッダーの第1試合後に引退セレモニーをしたんだけど、それを見て、友達と泣きながらキャッチボールをした。しばらく野球をやる気もなくなった。あれ以降、そんな思いをしたことはなかった。あれ以上かも。イチローはどこかで必ずどこかで野球をやってくれるものだと思っていた。イチローが辞めるというイメージはなかった。勝手な思い込みだけど、そう思っていた人は多かったんじゃないのかな。そのイチローが引退するということを現実として受け入れることができなかった、というのが正直な気持ち」と一気に語った。

 そして自身の現役時代について、ともにMCを務める横粂勝仁氏に問われると「現役時代の前半は楽しかった。年を重ねるごとに加齢や故障からくる苦しみとも戦うことになったが、がむしゃらに何も考えずに自分の好きなことを好きなようにやっていられた。余計なことは考えずに好きなことに没頭できる幸福感に支配されていた。でも“やりたい”が“やらなければいけない”という使命感に変わってきた後半は若い頃とは明らかに変わってしまった」と振り返った。

 また引退については「20代の時から40歳で辞めると決めていた。予定通りだった。40超えても、試合をするような状態で40を迎えたくなかった」と話した。そして「40で辞めると決めていても体は元気かもしれないし、もしかしたら気が変わるかもしれない。でも、そこに合わせるように体の終わりのブザーが鳴った。不思議なことに39歳でミルコとやらせてもらったが、そのミルコとの対戦に向けた2カ月はすごく調子が良かった。“39でこんなに動けるのか”と思った。そうしたら試合の2週間前に古傷の左の内側じん帯を痛めてしまった。休むわけにもいかず、痛み止めでごまかして練習をした。当日には怪我は完璧には治らなかったが、気持ちの面に関してはいいところまで上げることができた。1年後の引退試合の時も、それに向けて練習をしていたが、ミルコ戦とは全然違った。“なぜ1年でこんなに変わっちゃうのか”と思うくらいスタミナもキレも無くなっていた。何をやってもうまくいかない。40歳にピタッと合わせたように体調がガクッと落ちて、戦う気持ちと体のレベルの低下が自分の中で分かった。だから“40で辞める。引退試合だ”と言っていてよかったと思った。若い時に決めていたということもあったし、試合に向けて練習ができない。体がパンクすると思うと気持ちもついていかない。やはり40歳というのが引退のベストタイミングだったんだなと感じた。だからKOで負けたが何の悔いもなかった。自分の中ではいいタイミングで引退させていただいたと思った」などと振り返った。

 同番組は髙田延彦氏とトークバラエティー番組「バイキング」(フジテレビ系)などでコメンテーターを務める元衆議院議員で弁護士の横粂勝仁氏が「今現在、髙田延彦が気になっている時事ネタ」を徹底討論する、生ワイドショー番組。「FRESH LIVE」で月曜21時から不定期で配信中。次回は4月8日に配信の予定。