50代超運動不足の女性でもラクラク! がんばり禁止の運動理論で体を鍛える

 そしてこの理論のすごいところは、パーキンソン病や、そのほか脳の障害などにより、体の機能に影響した人のリハビリにも効果があるという事。実際、遠方から通っているパーキンソン病の方もいっぱいいるそう。ほかにも、ダンサーがレッスンの前に来たり、70歳、80歳の人がアンチエイジングのために来たりと、聞けば聞くほど驚きの理論なのだ!

 詳しくは「表参道セラサイズ・スタジオ」で検索!

 と、難しい説明はホームページにお任せする事にして(笑)、実際にどのくらい簡単でなのか、早速チャレンジ! 

 本当に着てきたままの服で、ほかの会員さんたちがスタンバイ。足を肩幅に立ち、両手を左右に広げ、左右の腕を逆向きにひねる。ふーん、まずは軽いストレッチからねー。と鼻歌混じり(心の中で)の探偵。お次はその腕をわき腹を縮めるように伸ばし、右と左に。おー、伸びとる伸びとる。と、軽いストレッチが続く。一体いつから運動が始まるのだ…と思っているうちに終了。な、なんですと?!これだけ! 確かに息切れもしないし、汗もかかない。マジで、まったく疲れる要素がないっす。それはほかの方も同じで、みなさんにこやかに微笑んでいる。狐につままれたような探偵。かといって、疲れてないわけでない。何と言うか、めっちゃ頑張って仕事をした後のような疲れなのだ。と感想を話すと、代表の小川さんが「それが脳を使ってるという証拠なんです」と言う。マジか…。

 どうやらこれを続けると体の調子がよくなるらしい。それも割と分かりやすく感じられるとか。「ちなみにリハビリには、効果がなかったら返金保障をつけています。ホームページにも記載していますが、1回ごとに効果が出るので、これまで返金した事はありません」とのこと。
高まるSDGsの意識「エコメッセ2019inちば」