「無理をして成熟した女性を演じていた」 知花くららが明かす、苦悩した想定外の人生

 “~になりたい”――。女性が思う“Be”の部分にフォーカスを当て、さまざまな立場の女性ゲストを招き、仕事や育児、ライフスタイルなどについてクロストークを展開するTBSラジオの新番組「Be Style(ビースタイル)」。

 Nagatacho GRiD[永田町グリッド]にて公開収録された第10・11回目の放送は、MCを務める菊池亜希子さんとともに、ファッションモデル、そして現在は歌人としても活躍する知花くららさんが登場。

 世間が抱くイメージに合わせるべく背伸びをしていた過去、「日常をフリーズドライする」という短歌の魅力。彼女の本音が聞こえてきた。



 2006年、上智大学卒業後、ミス・ユニバース・ジャパンに選出された知花くららさん。その後、美の祭典「ミス・ユニバース2006世界大会」で、準ミス(総合第2位)に輝いたのは周知の事実だろう。「想定外の人生」、そう振り返る。

 「編集者として働くつもりでした。某出版社の内定をいただいて、社員証も発行されている状況だったのですが、入社直前のミーティングで、「社会人になると時間が限られるので、まだ学生であるうちに、今しかできない経験をしておいてほしい」と伝えられたんですね」(知花さん、以下同)

 ぼんやりその言葉を受け止め、企業研究のために、とある企業のホームページを見ていると、 たまたまミス・ユニバースのリンク先が飛び込んできたという。「興味本位でクリックすると応募画面が」。人生は、どう転ぶか分からない。勢いで申し込んだ知花さんは、その後、 86カ国の代表が集うミス・ユニバース世界大会の日本代表に選ばれる。悩んだ末に、出版社の内定は辞退した。

1 2>>>
部下2000人! 国連職員・加藤美和さんに聞いた 「国連って働きやすいのでしょうか?」
ドッグコミュニケーショントレーナー・小林里香が教える ワンちゃんの個性を伸ばすための“褒め方”
森口博子、ガンダムへの恩と愛を語る 「人生のターニングポイントには、いつもガンダムがいてくれた」
スピーチコンサルタント・矢野香が教える キャリアアップを手繰り寄せる武器としての言葉の使い方
ハヤカワ五味の新たな挑戦、モノを通じて課題を解決する 「生理用品という語られてこなかった文化に、光を照らしたい」
イー・ウーマン代表取締役社長・佐々木かをりさんが授ける 女性が社会で生き生きするために必要なこと