新海誠監督「夢のよう」最新作『天気の子』舞台あいさつ

 新海誠監督による3年ぶりの最新作『天気の子』が19日に公開、同日、都内で行われた舞台あいさつに、新海監督始め、醍醐虎汰朗、森七菜、吉柳咲良、本田翼、小栗旬の主要キャストが登壇した。

 完成は公開11日前だったという本作。鑑賞後の客席から拍手を浴びながら、監督は「ちょっと嘘のような気がします。完成させるつもりで作っていたんですが本当に完成するのかという瞬間がずっと最後まであった。見ていただけて夢のようです」とあいさつ。さらに「まだ不安なんです。この映画って、とても自分勝手な映画かもしれない。すごく大事な人と、もっと多くの人たちの幸せのどちらを選ぶだろうかってときに、少しわがまままな選択をする話でもあると思う。これからたくさんの意見を浴びることになると思いますが、少し怖くもあり、何よりも楽しみにしています。みなさんが何を感じたかをたくさん聞いていけたら」と、続けた。
1 2 3>>>
小雪、上昇志向の強い女性政治記者役に苦労「セリフを何度読んでも気持ち悪い」
フジロックが出演アーティスト追加、ステージ割も発表! 
コメディアン大統領誕生なるか?
ついに巨人戦も! DAZNがジャイアンツホーム全試合の配信を開始
トランプ氏、また言っちまう
TOKYO[5weeks]TOPICS Last 2weeks 2017.7.6〜20