セーリング・海との闘い【アフロスポーツ プロの瞬撮】

 スポーツ専門フォトグラファーチーム『アフロスポーツ』のプロカメラマンが撮影した一瞬の世界を、本人が解説、紹介するコラム「アフロスポーツの『フォトインパクト』」。他では見られないスポーツの一面をお届けします。
撮影/文章:森田直樹(2019年8月31日 セーリング W杯シリーズ 江の島大会 男子 470級)
初めてのセーリングの撮影。
私の狙いはただ一つ。


海と闘う日本人選手たち


ボートに乗り込み海の上での撮影となるので、私にとっても海との闘いになる。

波に揺られなかなか構図が定まらない。
それでも必死に選手を追いかけ、ひたすらシャッターを切った。

写真は、今大会3位の土居・木村組。

なんとか一枚、狙い通りの写真が撮影することができた。

【カメラマンプロフィル】
撮影:森田直樹
1993年、奈良県生まれ。2014年、ビジュアルアーツ専門学校・大阪卒業後アフロに入社。
4年間のスタジオアシスタントを経て2018年よりアフロスポーツ所属。
スポーツ選手の心情を追い、選手たちの努力、成長や挫折、感動を写真で表現することを目指す。
スポーツ撮影を中心にポートレイトなどジャンルを問わず活動中。

アフロスポーツ

1997年、現代表フォトグラファーである青木紘二のもと「クリエイティブなフォトグラファーチーム」をコンセプトに結成。1998年長野オリンピックでは大会組織委員会のオフィシャルフォトチーム、以降もJOC公式記録の撮影を担当。
各ジャンルに特化した個性的なスポーツフォトグラファーが在籍し、国内外、数々の競技を撮影。放送局や出版社・WEBなど多くの報道媒体にクオリティの高い写真を提供し、スポーツ報道、写真文化の発展に貢献している。

■アフロスポーツHP
https://sport.aflo.com
https://www.aflo.com
■Facebook
https://www.facebook.com/aflosport
■Instagram
https://www.instagram.com/aflosport
■Twitter
https://twitter.com/aflosport

城戸康裕が中村プロデューサーの「最後の挑戦」発言にびっくり【3・22 K-1】
スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント開催。木村ミノル「歴史に残るファイターになる」【3・22 K-1】
山崎秀晃が堀井翼を1RKOし「Krush、愛してます」【1・25 Krush】
ゴンナパーが横山に判定勝利で2度目の防衛。K-1王座への挑戦を表明【1・25 Krush】
「e日本シリーズ」は巨人がロッテを破り初の日本一【eBASEBALL プロリーグ】
“ザ・フィーンド”ワイアットが調印式で血判サイン【1・24 WWE】