新型コロナ対策で気になる「オンライン診療」とは?

対面診療も事前予約制のため、待合室で同じ空間にいるリスクは少ない
 受診の際に必要なものは「保険適用の診療科目を受診する方は健康保険証、自由診療の診療科目をご希望の場合は本人確認できる書類(保険証、運転免許証、パスポートなど)をお持ちください。あとは健康診断の結果や既往歴など、ご自身の医療情報ですね。他院からの転院も受け付けていますので、その際には紹介状があればスムーズに診療を始められます」。初診で検査が必要な診療科目では血液検査や心電図検査などを行うが、後日届く検査結果は必要に応じてオンラインでやり取りすることも可能。薬も基本的には院内で処方するため、調剤薬局に行く必要はなく、対面診療の場合はその場で直接受け取ることができる。オンライン診療の場合は自宅に郵送され、配送方法も薬がすぐ手元に届くよう、ポストに投函されるゆうパケットでの配送を行なっている。

「2回目以降である程度症状の落ち着いている方であれば、経過を聞かせていただいてオンライン診療で診察することが可能です。もちろん、オンライン診療をしていて詳しい検査が必要であれば、来院して血液検査などをしていただくこともできますし」
高まるSDGsの意識「エコメッセ2019inちば」
今回はしっかり政策を聞いて投票したい!! 【東京都知事選7月31日投開票】