BRAVE BLOSSOMS 『ONE TEAM 〜ALL ATTITUDE, FOR JAPAN〜』【アフロスポーツ プロの瞬撮】

 スポーツ専門フォトグラファーチーム『アフロスポーツ』のプロカメラマンが撮影した一瞬の世界を、本人が解説、紹介するコラム「アフロスポーツの『フォトインパクト』」。他では見られないスポーツの一面をお届けします。
撮影/文章:西村尚己(2019年10月 ラグビーワールドカップ2019日本大会)
今から半年前。
日本中が沸いたラグビーワールドカップ2019日本大会。
史上初のベスト8を勝ち取った日本代表“BRAVE BLOSSOMS”のスローガンを思い出す。
“ONE TEAM 〜ALL ATTITUDE, FOR JAPAN〜”
勇猛果敢に戦う彼らの姿に日本中が熱狂した。
まさに日本国民が“ONE TEAM”となった瞬間でもあった。

そして今。
新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言下の日本。
あの時、勇敢な戦士たちから学んだあの姿勢を今こそ心に刻みたい。
“ONE TEAM 〜ALL ATTITUDE, FOR JAPAN 〜”

□カメラマンプロフィル
撮影:西村尚己
1969年、兵庫県生まれ。大阪大学大学院工学研究科修了。
人間味あふれるアスリートの姿に魅せられ、学生時代にスポーツ写真の世界と出会う。
大学卒業後は、国土交通省に勤務しながらアマチュアカメラマンとして活動するも、どうしてもプロの世界で挑
戦したいという想いが募り、2016年にアフロスポーツに転職。
現在は国内外のスポーツを精力的に撮影し、人間の情熱や鼓動、匂いなど五感で感じとれる作品づくりに励む。
2007年 APAアワード写真作品部門 奨励賞
2013年、2015年 写真新世紀 佳作 ほか
アフロスポーツ

1997年、現代表フォトグラファーである青木紘二のもと「クリエイティブなフォトグラファーチーム」をコンセプトに結成。1998年長野オリンピックでは大会組織委員会のオフィシャルフォトチーム、以降もJOC公式記録の撮影を担当。
各ジャンルに特化した個性的なスポーツフォトグラファーが在籍し、国内外、数々の競技を撮影。放送局や出版社・WEBなど多くの報道媒体にクオリティの高い写真を提供し、スポーツ報道、写真文化の発展に貢献している。

■アフロスポーツHP
https://sport.aflo.com
https://www.aflo.com
■Facebook
https://www.facebook.com/aflosport
■Instagram
https://www.instagram.com/aflosport
■Twitter
https://twitter.com/aflosport

鈴木健吾が初の2時間4分台の日本新記録も1億円はもらえず
名門・時津風部屋で親方が 2代続けて不祥事で退職
大仁田厚が米AEWでの電流爆破デスマッチの“立会人”オファーをコロナ禍のため断念
橋本聖子会長が海外からの観客受け入れに「聖火リレーの前には決めたい」。無観客は議題に上がらず
迫力・ラグビー【アフロスポーツ プロの瞬撮】
LDHが若者の夢を応援する「格闘家育成プロジェクト」始動! 髙谷裕之氏、岡見勇信らがバックアップ