大谷翔平が右ヒジ負傷で今季は打者専念へ

8月5日、大谷は右腕負傷後もチームに帯同し打撃練習(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
 米メジャーリーグが7月23日(日本時間7月24日)開幕した。

 ここまで開幕時期やそれに伴う試合数をめぐり選手会とオーナー側が対立。一時はシーズンの開催が危ぶまれる雰囲気も漂ったが、コミッショナーの裁定でなんとか開催にこぎつけ、開幕日が決まったのは7月6日のことだった。今季は60試合制という異例のシーズンとなる。

 一昨年に右ヒジの靱帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受け、昨年は打者一本のシーズンとなったエンゼルスの大谷翔平は、今季は開幕が遅れたこともあり、二刀流でシーズンをスタート。

 キャンプ中の実戦形式の登板ではまずまずの仕上がりを見せていたが、初登板となった26日のアスレチック戦では先発したものの1つのアウトも取れず、3安打3四球と乱調。メジャー自己最多の5失点で敗戦投手となった。

 2度目の登板となった8月2日のアストロズ戦も1回3分の2で5四球と崩れ2失点。最後は球速もガクンと落ち、登板後には右腕の違和感を訴え磁気共鳴画像装置(MRI)の検査を受けた。検査の結果、右ヒジ付近の屈筋回内筋痛と診断され、今季中の投手としての復帰が難しくなったことから、4日にはジョー・マドン監督が今季は大谷に登板させないことを明言した。

 度重なる右腕の故障で二刀流の是非が再燃することとなったが、本人は二刀流の継続を希望。監督も「できると思っている」と話すなど、来季以降も継続されることとなりそうだ。
 大谷は残りシーズンは打者として出場。これまで(8月6日現在)2本塁打を放っている。
車いすテニスプレイヤーであり、大工だった私が見つめる、東京のバリアフリー【二條実穂】
藤井伸樹が修斗初参戦の後藤丈治との究極の削り合いを制す【修斗】
王座奪取のSASUKEが朝倉未来戦浮上の世界王者・斎藤裕に「それを片付けてから僕とやりましょう」【修斗】
2年ぶり復帰戦で1RKO勝ちの大尊、闘病中の母に「俺も勝ったから、ママも絶対に勝てよ!」【修斗】
猿丸ジュンジが飯野を破り5度目の世界挑戦へ王手【修斗】
レインズが見せ場取られた従兄弟ジェイへ秘めた遺恨深める【WWE】