【SDGsピースコミュニケーション宣言】広津崇亮「生物の力を使った 自宅で受けられるがん検査を全世界に広げることで がん社会を克服します」

ラジオで日本を元気にする『JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE』
「日本を元気に」を合言葉に毎週土曜日午後9時30分からTOKYO FMで放送中。
「JAPAN MOVE UP」では、日本から世界へ発信するコミュニケーションによる社会課題解決に向けた「SDGsピースコミュニケーション」を推進中!

毎回ゲストの皆さんに「SDGsピースコミュニケーション宣言」を聞いていきます。

SDGsピースコミュニケーションに向けて 広津崇亮は「生物の力を使った 自宅で受けられるがん検査を全世界に広げることで がん社会を克服します」

広津崇亮
一般社団法人Empower Children代表理事。1995年東京大学理学部生物学科卒業。2001年東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻博士課程修了。博士(理学)。日本学術振興会特別研究員(東京大学遺伝子実験施設)、京都大学大学院生命科学研究科ポスドク研究員、九州大学大学院理学研究院生物科学部門助教。2016 年HIROTSU バイオサイエンス創業、代表取締役就任
株式会社HIROTSUバイオサイエンスHPより
オンエアされた過去の放送はこちらのAudeeで聴くことができます。 公式サイト…http://www2.jfn.co.jp/moveup/
【SDGsピースコミュニケーション宣言】テリー伊藤「1日10分 人間が創れないものを見る」
【SDGsピースコミュニケーション宣言】菅原美優「昆虫食を推奨します!!」
【SDGsピースコミュニケーション宣言】水内猛「みずうち体操を広める」
【SDGsピースコミュニケーション宣言】山野幹夫「進化します」
【SDGsピースコミュニケーション宣言】荒木ちはる ジェンダーフリー・デジタルデバイトを無くし、誰ひとり取り残さない。コロナを乗り越え、未来の子どもたちにより良い環境を残します!!
【SDGsピースコミュニケーション宣言】佐藤寛太「日々の生活で無駄遣いしない!」