車椅子バスケ 勝敗よりも大切なものとは 【アフロスポーツ プロの瞬撮】

 スポーツ専門フォトグラファーチーム『アフロスポーツ』のプロカメラマンが撮影した一瞬の世界を、本人が解説、紹介するコラム「アフロスポーツの『フォトインパクト』」。他では見られないスポーツの一面をお届けします。

AOC 日本vsタイでゴールに迫る丸山選手
AOC イランvs日本 国家斉唱時
天皇杯・準決勝を前にした古澤選手の表情
天皇杯・決勝で優勝を決めた神奈川ヴァンガーズ
僕がバンコクに行ったのには二つの理由がある。
一つは、普段撮影をしている神奈川ヴァンガーズに所属している日本代表選手の必死な顔を撮りたかったから。もう一つは、自分がいない所で大きな決定が下されることは嫌だったから。
細かい枝葉はあるにせよ、そんな個人的な理由で僕は車椅子バスケ・パリ予選の地へと向かった。
 
ただ行ったら行ったで欲が出てしまう。
日本がこの予選で優勝し、パリへの切符を勝ち取るシーンが見たい、歓喜の瞬間を撮りたい。
自然に出てきてしまった感情ではある。ただ今にして思えばそれは雑念だった。
運命を決した準決勝イラン戦。終盤日本はイランにリードを許してしまう。
その時に、心のどこかで、最後は日本が勝ってくれる、と願いながら撮っていた。
日本の勝利に縋っていた。現実は色んな意味で残酷だった。日本は準決勝で敗れたことにより
パリへの道が途絶えた。
 
スポーツカメラマンである以上、試合結果はとても大切な要素である。
ただ、「試合に勝ったから良い写真が撮れました、試合に負けたから良い写真が撮れませんでした」と言っていたら成長はない。冷静に判断を出来ていれば、もう少し違う写真が撮れたのではないか。
幸いにも試合会場は、どこで写真を撮っても許されるような緩い環境だった。もっとやりようがあっただろ、とその時の自分に言いたい。
 
もう少し話を続けたい。
バンコクでの出来事から2週間後である先週末に車椅子バスケ天皇杯が開催された。
神奈川ヴァンガーズには5名の日本代表選手がいる。選手の失意は僕には図れないほどに大きなものだっただろう。ディフェンディングチャンピオンとしてのプレッシャーもあっただろう。苦しみながら、我慢しながら、決勝の最後の最後まで諦めないで戦い抜いたヴァンガーズの選手達は立派だと思った。
それだけに掴み取った優勝の瞬間は最高だった。
 
今回は上記2つの大会の写真を掲載させてもらいたい。スポーツが勝負である以上、続けていれば良いことも悪いこともあるかもしれないが、僕が見たいのは全力で取り組む選手の姿であり魂だったのだ。
今回はそれに気づけたことが、自分にとってとても大きなことだ。
 
■カメラマンプロフィール
撮影:長田洋平
1986年、東京出身。かに座。
早稲田大学教育学部卒業後、アフロ入社。
2012年ロンドンパラリンピック以降、国内外のスポーツ報道の現場を駆け回っている。
最近では平昌オリンピック、ロシアW杯を取材。
今年の目標は英語習得とボルダリング5級。
★インスタグラム★
アフロスポーツ

1997年、現代表フォトグラファーである青木紘二のもと「クリエイティブなフォトグラファーチーム」をコンセプトに結成。1998年長野オリンピックでは大会組織委員会のオフィシャルフォトチーム、以降もJOC公式記録の撮影を担当。
各ジャンルに特化した個性的なスポーツフォトグラファーが在籍し、国内外、数々の競技を撮影。放送局や出版社・WEBなど多くの報道媒体にクオリティの高い写真を提供し、スポーツ報道、写真文化の発展に貢献している。

■アフロスポーツHP
https://sport.aflo.com
https://www.aflo.com
■Facebook
https://www.facebook.com/aflosport
■Instagram
https://www.instagram.com/aflosport
■Twitter
https://twitter.com/aflosport
体操 杉原愛子 『魅せる』【アフロスポーツ プロの瞬撮】
平林清澄・初マラソン日本新記録【アフロスポーツ プロの瞬撮】
競泳 鈴木聡美は侮れない 【アフロスポーツ プロの瞬撮】
大谷翔平・ダルビッシュ有 『初対決』【アフロスポーツ プロの瞬撮】
なでしこジャパン・パリオリンピック出場 【アフロスポーツ プロの瞬撮】
バスケットボール日本代表 河村勇輝のペイントアタック 【アフロスポーツ プロの瞬撮】