通常国会70日間延長も野党の協力は絶望的

2011.06.27Vol.515未分類
ニュースの焦点  会期末を迎え延長問題ですったもんだしていた国会だったが、22日の衆院本会議で、通常国会を8月31日まで70日間延長することを、民主、共産、社民、みんな、国民新など各党の賛成多数で議決した。自民、公明、たちあがれ日本の3党は菅直人首相の延命につながるとして反対した。自民党の河野太郎、岩屋毅両衆院議員は党の反対方針に造反して賛成した。  これに先立ち、民主、自民、公明3党は、特例公債法案などの成立と引き換えの首相退陣を水面下で模索したが、首相の抵抗により交渉は決裂していた。  民自公3党幹事長は21日には50日間延長した上で重要法案を早急に成立させ、平成23年度第3次補正予算案編成は「新首相のもとで検討を本格化させる」と明記した確認書を交わすことで大筋合意していた。しかし首相は70日間の延長で譲らず、3次補正の扱いも「新体制のもとで」と修正するよう要求。22日朝、岡田氏は首相に言われるまま修正した確認書を自公幹事長に示したが、自公両党は「『新体制』では退陣の確約にならない」と反発、合意は破綻した。  首相は残り70日間で、特例公債法案や第2次補正予算案に加え、再生エネルギー特措法案を成立させた上で、本格復興のための平成23年度第3次補正予算案編成も自らの手でやり遂げたいようだが、野党の協力は絶望的。8月下旬には「菅降ろし」が再燃することは避けられない見通しとなった。  第2次補正予算案と東京電力福島第1原発の被害者に対する仮払金支払いを可能とする原発事故賠償仮払い法案は早急にメドがつく可能性が大きい。  ところが、ほかの法案については膠着状態に陥ることは避けられない。  事故の賠償を円滑に進めるための原子力損害賠償支援機構法案は、電気料金値上げの形で国民に負担を強いる上、電力各社の負担額が明確になっていないことなどから財界なども反対しており、政府案を野党がすんなりのむとは思えない。  首相がこだわる再生エネルギー特措法案はさらに難しい。太陽光パネルの普及につながるため、野党にも賛成勢力がいるが、太陽光パネルを購入できる人が得し、そうでない人が電気料金値上げの形で負担増を強いられる。「金持ち優遇」との批判が強まれば棚上げされる可能性がある。  そして野党側が政府・与党を揺さぶるための最大のテコとみるのが特例公債法案だ。23年度予算執行に伴う国債発行に不可欠な法案で9月までに成立させなければ国債市場への影響も大きいが、野党はこの法案の成立と引き換えに首相退陣を迫る公算が大きい。  野党はもとより民主党の渡部恒三最高顧問からも「党の幹部が『辞めないでくれ』と言っている時、首相がパッと『辞める』と言ったら美談なんだが、逆に本人だけが『辞めない』って言っている姿を国民のみなさんに見られるのは残念だ」と言われてしまっているようでは、正常な国会運営は全く期待できない。

Yahoo!チャリティーオークションにTUBE・前田亘輝が出品

2011.06.26Vol.514インタビュー
  TOKYO HEADLINEが協力している夢の課外授業とRESTART JAPANのコラボ企画が進行中だ。現在、被災地支援のため、「Yahoo!チャリティーオークション」に参加しているのだ。現在、TUBE・前田亘輝が愛用したショルダーバックを出品している。 バッグには、“NOBUTERU MAEDA TUBE”の刻印入りという激レアもの。 購入していただいた代金は、被災地の小学校へのプレゼント購入資金などに充てるのだ。参加を待っているぞ。 出品ページ:http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c301039415?u=yumeclass_charity(※オークションが終了すると、アクセスできなくなります)

被災地応援ファンド、さらに充実。東京での説明会3回目

2011.06.24Vol.514プレゼント
説明会の第二部では、事業者の商品を参加者にも試してもらう交流会も行われた  都内で23日夜、被災地支援のためのマイクロファンド「セキュリテ被災地応援ファンド」の説明会が開催され、80名を越える一般参加者の前で、ファンドを募集する被災地の事業者の面々が事業計画などの説明を行った。都内での説明会はこれが3回目となり、今回新たに3事業者が加わり、現在11社がファンドを募集している。 説明会の冒頭でマイクロファンドを運営しているミュージックセキュリティー(株)の取締役・猪尾愛隆氏がこのファンドについて説明した。以前も弊紙にて紹介したが、このファンドは(1)中小企業に対し即効性のある資金注入ができる、(2)一般の募金と異なり、お金を提供する側が、どこにどうお金が使われるのか明らかになる、(3)出資者と事業者の関係が長くなるため、今後の復興にも役立つ、などのメリットがある。また、事業者側にしても、直接顔の見える支援者からの出資となるため、「しっかりやらなきゃ、がんばろうと前向きな気持ちになれる」(丸光食品株式会社・熊谷敬子さん)という、精神的な被災者支援にもなるという作用もある。 この日は東京に来ることのできた7事業者がそれぞれ説明。ニュースや特番でも取り上げられることの多い陸前高田・八木澤商店の社長・河野通洋さんは、津波で倉庫などの建屋、製造機械などがすべてなくなり、2億数千万の被害で債務超過であることを明らかにしたうえで、さらに、「頭がおかしいと思われる方もいると思いますが、中小企業基盤機構が仮設工場を無償貸与すると言っていますが、その仮設工事を陸前高田の地元企業に発注しない限り、それを受けるつもりはない」、また債務超過の企業ではあり得ないことと断りを入れつつ、それでも「来年度は地元から2名の新規採用者をとる。もしかしたら3名になるかもしれない。でも、家族も家も流された高校生たちに、外へ出て働けなんて、そんな残酷なことができますか? 陸前高田を復興させることでしか、この敵討ちはできない。私は、彼らに敵討ちをさせてやりたい」と、投資に付きもののリスクが、さらに高いということを明言。そして「米ビツが空になっても前のめりでやります。それでもいいという方、ご協力を」と堂々と語った。 また、いち早く目標額に達し、事業再開に向けて着実に動き始めている斉吉商店の専務取締役・斉藤和枝さんは、全国の食品工場と手を取り合って生産に向けて動けたらと話し、「震災で“当たり前”のことができなくなったと以前お話ししたが、それが正しい“当たり前”だったのかと考えています。そして、被災地だからこそ、自分たちが何か大切な役割を負っていると思って、仕事をしていきたい」と、復興がマイナスから現状への復帰ではなく、新しいアプローチで新しいステップアップを目指すべきであるとの考えを示した。さらに追善供養で「熱心な仏教徒じゃないんですが、“無一物中無尽蔵”という考え方を知った。何もない、ということは無限にあると同じことだと。和尚さんから、『何もなくても、堂々と生きなさい』と言われました」と被災してなお、逆に一般参加者に生きる勇気を与えてくれた。 現在ファンドを募集しているのは、丸光食品株式会社(気仙沼・製麺業)、株式会社八木澤商店(陸前高田・醤油、味噌などの醸造業)、株式会社斉吉商店(気仙沼・水産加工、販売)、株式会社オノデラコーポレーション(気仙沼・コーヒーショップ)、株式会社ヤマウチ(南三陸町・水産加工、販売)、株式会社石渡商店(気仙沼、フカヒレ加工)、津田鮮魚店(石巻・鮮魚卸売業)、有限会社タツミ食品(南三陸町・ワカメなどの生産加工販売)、株式会社及善商店(南三陸町・かまぼこ製造)、星のり屋(七ヶ浜・海苔生産)、合名会社寒梅酒造(大崎市古川・酒造業)の11社。セキュリテ被災地応援ファンドのサイトはhttp://oen.securite.jp/。

ディズニー・オン・アイス開催!浅田舞「競技で使えない技が見られる」

2011.06.23Vol.514演劇・ミュージカル
 2011年ディズニー・オン・アイス「オールスターカーニバル」の発表会が23日に行われ、スペシャルサポーターとして、フィギュアスケーターの浅田舞、真央姉妹が応援に駆けつけた。スケートを始める前からディズニー・オン・アイスを見に行っていたという舞、真央姉妹。今年も見所が満載とのこと。 リトルマーメイドが好きという浅田舞は、「3回転を飛ぶところもあるし、試合ではできないバック宙もあるし、競技では見られないスケートが、ディズニー・オン・アイスで楽しめます」と、一足先にアメリカで見てきただけのことはあって、華麗でダイナミックなパフォーマンスをアピールした。 ミッキーマウスとミニーマウスが好きという真央は、「小さなころ、毎年行っていました。自分もスケートをしていたので、こんなに滑りたいなと思っていました」と、子どものころの思い出話に終始笑顔。会場では、小さいときの秘蔵写真も公開され、真央はミニーの衣装で、舞はリトルマーメイドの衣装で大会に出ていたとのことで、ディズニー好きはまさに本物だった。 最後に、舞は「52のキャラクターが出演するのですが、始めから終わりまでどんどん物語が進んでいって、最後まで目が離せないと思います。ご家族でもカップルでもお年寄りの方でも、みなさんが楽しめるショーです」、真央は「本当にたくさんのキャラクターが出演していて、豪快な技を披露するので、自分も見に行きたいですし、みなさんも、ぜひ見に行ってください。」とPRした。 ディズニー・オン・アイスは、日本で1986年の初公演以来、2200万人以上を動員した氷上のエンターテインメントショー。今年の「オールスターカーニバル」は、世界中のお祭りやお祝いがテーマで、着物姿のミニーが日本の「お花見」をイメージして舞うなど、16のストーリーが用意されている。

レディー・ガガが日本の“リトルモンスター”にエール!! 「日本への愛は無償のものよ!」

2011.06.23Vol.514鈴木寛の「2020年への篤行録」
 来日中のレディー・ガガが23日、都内で緊急記者会見に出席。週末に行われる「MTV VIDEO MUSIC AID JAPAN」への参加の意気込みと、日本への愛を改めて語った。 同イベントは、これまで9年にわたり開催されてきた「MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN」が、今年は“AWARD(授賞)”を“AIDS(支援)”に変え、震災復興支援を目的として開催されるもの。「オハヨウ!」と、なぜか手にティーカップを持ち登場したレディー・ガガ。震災の一報を聞いたときには「とてもショックで、何も考えられず何も言うことができなかった」という。それでもすぐにリストバンドをデザインし、その売り上げをすぐに日本へ送付。さらにメディアで“日本を支援するためにも日本へ行こう”と呼びかけるなど、彼女の温かいサポートはは日本でも広く知られているところ。今回の来日でも「東京中を走り回って、この美しい日本は安全だと世界に知らせたいと思う」。さらに「実は私が手にしているこのティーカップをオークションにかけるつもり。口紅がついているから私のだという証拠になるわ!」と支援への気持ちを改めて表明してくれた。 会見にはMTVが所属するバイアコム・インターナショナル・メディア・ネットワークス プレジデント兼CEOのボブ・バキッシュ氏、ジョン・V・ルース駐日米国大使、溝畑宏観光庁長官も出席。レディー・ガガが自らのファンを“リトルモンスター”と呼ぶことにならい、一堂モンスターのポーズをとり会場の笑いを誘う一幕も。溝端長官から福島の伝統玩具“おきあがりこぼし”と日本政府からの感謝状を手渡されたレディー・ガガは「日本の人々に伝えたいのは、私はプレゼントも感謝状もいらないということ。私の日本への愛は無償のものなの。でも感謝状は一生大切にします!」。最後に「いつもみんなとともにいたいし、いつも私といてほしい」というメッセージをくれたレディー・ガガ。そんな彼女に勇気をもらった日本は、今やまるごとリトルモンスターだ。「MTV VIDEO MUSIC AID JAPAN」は25日18時より幕張にて開催。生中継で、スカパー! および一部のケーブルテレビにてノースクランブル無料放送。

東京から、南相馬市を支援する――杉並区のイベント目白押し

大規模修繕劇団『血の婚礼』舞台上は約7トンの雨

後藤真希、年明けからの芸能活動を休止

2011.06.22Vol.514スポーツ
 後藤真希が22日、2012年の1月から芸能活動を休止すると発表した。自身の公式ホームページで、「今日は大切なお知らせがあります」とファンと関係者に向けて直筆のメッセージを掲載し、報告した。「今までずっと、自分ではない誰かのために生きてきました。そんな私が、今度はほかの誰でもなく、自分のために生きてみたいと思うようになりました。それは、ゴマキではない自分、後藤真希という普通の自分に戻ってみたいという願望につながりました」と、後藤は休止に至った経緯を説明。今後については「ゴマキではない自分は一体何がしたいのか、何が出来るのか、考えたり挑戦したいのです」とした。活動再開時期については触れていない。 残された活動期間は半年。7月には新曲を配信し、また、7月30日からスタートする「a-nation」に参加。秋にはavexからフルアルバムをリリースする。12月にはワンマンコンサートを行う予定。

KEYWORDでみるニュース

12万6720人

 新年恒例の一般参賀が1月2日、皇居で行われ、天皇、皇后両陛下や皇太子ご夫妻をはじめとする成年皇族方が宮殿「長和殿」のベランダに計5回立ち、手を振って応えられた。宮内庁によると、平成で最多だった6年(計8回で11万1700人)を上回る12万6720人の参賀者が訪れた。天皇陛下の譲位日が31年4月30日と決まってから初めての新年一般参賀で、国民の関心の高まりが要因とみられる。

39.4%

 平成29年の大みそかに放送された「第68回NHK紅白歌合戦」の第2部(午後9時から11時間45分)の関東地区平均視聴率が39.4%にとどまった。前年と比べて0.8ポイント減。二部制になった平成元年以降では3番目に低い数字。テレビ東京の「第50回!大晦日恒例 年忘れにっぽんの歌」が8.4%と大健闘。民放では日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 大晦日年越しスペシャル!」が17.3%でトップ。

2万2764円

 平成29年最後の取引となる大納会を迎えた12月29日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は2万2764円94銭と、年末の終値としては3年末(2万2983円77銭)以来26年ぶりの高値水準となった。前年末の終値(1万9114円37戦)を3650円57戦(19.1%)上回っており、年間ベースでは6年連続の上昇。昭和53年~平成元年に12年連続で上昇して以来の長さで、バブル経済が崩壊して以降では最長となった。

口座維持手数料

 銀行口座の維持にかかる費用。海外の商業銀行はほぼ全て導入しており、「無料」は日本のみ。三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の3メガバンクが、日銀のマイナス金利政策で利益を出しにくくなったことから、この口座維持手数料を預金者から徴収できるか検討を始めた。平成30年度中にも結論を出すもよう。三井住友銀行子会社のSMBC信託銀行は、米国系シティバンク銀行が日本で手掛けていた個人向け事業を買収したのに伴い、27年から残高が一定額を下回ると、月2000円の口座維持手数料を徴収している。

世田谷一家殺害事件

 東京都世田谷区の住宅で平成12年12月、会社員、宮沢みきおさん=当時(44)=ら一家4人が殺害された事件の発生から昨年の12月30日で丸17年となった。事件は12年12月30日深夜に発生。宮沢さんと妻の泰子さん=当時(41)、長女のにいなちゃん=同(8)、長男の礼君=同(6)=の4人が自宅で殺害された。現場からは多くの遺留品が見つかり、犯人の指紋やDNA型も判明している。殺人事件の時効が廃止されたことから事件の捜査は継続中。情報提供は成城署捜査本部(TEL:03-3482-0110)まで。

長谷川理恵からWeb専用プレゼント「ランブレス」が到着

2011.06.22Vol.514音楽
 TOKYO HEADLINEでコラムを連載している長谷川理恵から、『Smile&Runチャリティプロジェクト』の一環として販売しているチャリティバンド「ランブレス」をプレゼント。  東日本大震災で被災された方々に、少しでも支援を行いたいと考え活動している『Smile&Runチャリティプロジェクト』。10年以上続けているランニングを通じて元気を届けたいという想いでいっぱいだ。 今回は、その趣旨に賛同してくれる方に、ぜひともということで、なんと20組40名もプレゼントを用意してくれたのだ。 この「ランブレス」を付けてランニングをして、日本を元気にしていこう! 応募はヘッドラインプレゼントページから。締め切りは7月3日(日)。 あわせて、このプロジェクトへの賛同を示す長谷川理恵へのメッセージを募集している。「私も見習って、『ランブレス』を着けて走ります」「復興支援に少しでも協力できるようにがんばります」「もう一度、皇居周辺を走ろうと思います」など、みなさんの熱い想いを、プレゼントの応募と共にフリーワード欄に書いてほしい。みんなの声を長谷川理恵に届けるぞ。   長谷川理恵1993年、『Can Cam』に読者モデルとして初登場。以来、『Domani』等ファッション誌の人気モデルとして活躍。また、2000年よりホノルルマラソンに参加。以来、数々の大会に出場している(自己ベストタイム3時間15分36秒)。2011年5月にはホノルルトライアスロンに初挑戦。マラソンを始めたことがきっかけで、食に関して興味が芽生え、ベジフルティーチャーとして小学校などで、食の大切さを伝えたり、リエズファームを開いて農学に携わったりもしている。本人がプロデュースする美と健康がテーマのカフェ&エクササイズスペース「R's berry」がオープン予定。長谷川理恵の最新コラムはこちらから。

帰り道がちょっと怖いかも? 佐々木蔵之介らが『幽霊たち』

2011.06.22Vol.514【ひめくりワンダホー】
撮影:加藤幸広  ブルー、ホワイト、ブラックと色の名で呼ばれる人たちが、舞台上をせわしなく行き交い、すれ違い、追いかけ、隠れ、時には酒をあおり、眠ってしまう……。佐々木蔵之介が主演する舞台『幽霊たち』が渋谷・パルコ劇場で上演中だ。 現代アメリカを代表する作家、ポール・オースターによる同名の小説を舞台化したもので、ある男を監視することを依頼された探偵を軸に展開するストーリー。依頼主から部屋も生活費も用意されたものの、観察する相手はというと、毎日本を読み、タイプライターを打つだけ。そして、探偵はその男を延々と観察するしかないのだ。依頼主が「もういい」というまでは。 見ていると、何やらソワソワする作品だ。セットや配置されている家具に着目すると、上演時間の大半、舞台の上の景色はそう大きく変わらない。それなのに、物語の場面は、ぐるぐるサクサクと次々に変化、そのスピード感を味わっているうちに、ハラハラやドキドキ、切なさややり切れなさ、絶望そして希望と、感情の波が入れ替わり立ち代りやってくる。見ているほうも何だか心が落ち着かない。そんな自分を見られているようで……。 前半のスピード感から一転、後半はズドンと重いものがのしかかってくる。ゆったりとしたテンポが、佐々木演じる探偵ブルーの背負ったものの重さを効果的に表す。 ポール・オースターは、作品を通じ、自己について、そして生きる意味について説く。今回それを舞台に仕上げたのが演出家・白井晃。台本は作らず、稽古をしながら、佐々木や奥田瑛二らキャストとともに作品を作り上げたという。 7月3日まで同所で。

東京都が隅田川花火大会の市民協賛を募集

2011.06.22Vol.514長島昭久のリアリズム
 8月27日に開催する隅田川花火大会の市民協賛者を募集している。協賛すると、協賛口数に応じて、特設観覧席に招待される。 開場、協賛金額は、�@墨田区側両国親水テラス(第2会場が観覧できる椅子席)1口5000円、�A台東区リバーサイドスポーツセンター野球場(第1会場が観覧できるビニールシート席)1口6000円�B台東区リバーサイドスポーツセンター野球場(団体用、第1会場が観覧できるビニールシート席)1口2万4000円。�@は4口まで協賛でき1口につき1人招待、�Aは1口のみ1口につき5人以内を招待、�Bは1口のみ22人以内を招待。 申し込みは往復はがき(1グループ1枚まで)に、希望会場(1カ所のみ)、代表者氏名、郵便番号、住所、電話番号と、�@会場を希望の場合は協賛口数、�A�Bの会場を希望の場合は来場者人数を明記して申し込む。申し込み先は、〒110-8615 台東区東上野4-5-6 台東区役所内「隅田川花火大会台東区側事務所・市民協賛係」。締め切りは7月11日で当日消印まで有効。 それぞれ募集口数が決まっており、申込者多数の場合は抽選。同一人による複数のはがきによる応募は無効となる。なお、大会が順延・中止となった場合も協賛金は返還されない。

猫ひろし、ロンドン五輪へまっしぐら!

2011.06.22Vol.514スポーツ
 マラソンのカンボジア代表として、ロンドンオリンピックの出場を目指す猫ひろしが21日、カンボジアオリンピック委員会(以下、NOCC)と合同記者会見を開いた。  6月18日に首都プノンペンで行われた「2011 プノンペン国際ハーフマラソン大会」で2位という成績をおさめた猫は、昨年行われた「アンコールワット国際ハーフマラソン」でも1時間16分で3位に入賞。その実績がかわれ、NOCCからオリンピック選手団入りのオファーを受ける証明書が送られた。これを受け猫は、カンボジア国籍を取得し、カンボジア代表としてオリンピックを目指すことを決意。すでに国籍取得を申請していると言う。  現在、カンボジアのオリンピック選手であり猫のライバルとなるヘムブンティンとの自己ベストの差は11分。4年前にはじめてマラソンに挑戦してから、毎年20分ずつタイムを縮めている猫は「この調子で記録を伸ばして、ロンドンオリンピックに出場したい」と語った。  家族はカンボジア国籍になることについて理解していると言い「後天的な国際結婚。子どもはハーフです。日本で働くと外タレということになるので、ギャラが高くなると思うとウキウキです」と夢を膨らませていた。  11月にインドネシアのジャカルタで行われるシーゲームで、優勝するか2時間15分を切れば出場が可能になるという。
今週のひとこと One-Word-Header 一覧へ
日本相撲協会評議員会の池坊保子議長が理事を解任した貴乃花について「上司であり先輩でもある八角理事長が何度も携帯に電話してもまったく応答なく折り返しの電話をしなかった。著しく礼を欠いていたのではないか」(1月4日、臨時評議員会後の記者会見で)
→横綱の格は貴乃花のほうが北勝海より断然上だったけどな。

猫ひろし、ロンドン五輪へまっしぐら!

2011.06.22Vol.514スポーツ
 マラソンのカンボジア代表として、ロンドンオリンピックの出場を目指す猫ひろしが21日、カンボジアオリンピック委員会(以下、NOCC)と合同記者会見を開いた。  6月18日に首都プノンペンで行われた「2011 プノンペン国際ハーフマラソン大会」で2位という成績をおさめた猫は、昨年行われた「アンコールワット国際ハーフマラソン」でも1時間16分で3位に入賞。その実績がかわれ、NOCCからオリンピック選手団入りのオファーを受ける証明書が送られた。これを受け猫は、カンボジア国籍を取得し、カンボジア代表としてオリンピックを目指すことを決意。すでに国籍取得を申請していると言う。  現在、カンボジアのオリンピック選手であり猫のライバルとなるヘムブンティンとの自己ベストの差は11分。4年前にはじめてマラソンに挑戦してから、毎年20分ずつタイムを縮めている猫は「この調子で記録を伸ばして、ロンドンオリンピックに出場したい」と語った。  家族はカンボジア国籍になることについて理解していると言い「後天的な国際結婚。子どもはハーフです。日本で働くと外タレということになるので、ギャラが高くなると思うとウキウキです」と夢を膨らませていた。  11月にインドネシアのジャカルタで行われるシーゲームで、優勝するか2時間15分を切れば出場が可能になるという。

トレンドアイテムをお得にゲット!

2011.06.20Vol.514スポーツ
 JR川崎駅西口直結の商業施設「ラゾーナ川崎プラザ」は、6月24日から夏のバーゲンを開催する。夏本番に活躍する今年のトレンドファッションアイテムをはじめ、生活雑貨、食品などが最大70%OFF。また、レストランやネイルサロンなどのサービス施設でも割引やスペシャルプレゼントなどを用意。24〜26日、7月8〜10日の6日間は、タイムセール、7月8〜10日は、3日間限定のお得な均一セールも開催する。2000円分のお買い物券を読者3名にプレゼント(係名:「ラゾーナ」)。 【バーゲン】6月24日(金)〜7月7日(木) 【クリアランス】7月8日(金)〜31日(日) 【問い合わせ】TEL:044-874-8000 【URL】http://www.lazona-kawasaki.com/

東北地方の販路再興をサポート

2011.06.20Vol.514スポーツ
 ご当地商品のソーシャル連動型情報サイト「日本発掘プロジェクト・ピカイチジャパン」は、震災で被害を受けた東北地方のご当地商品をサイト内通信販売ページ「ピカイチバ」で販売。現在、岩手県7社33商品、宮城県5社83商品、福島県5社11商品が登録。震災後、直接交渉により、5つの商品が販売可能となり、販売を開始した。震災直後の被災者の目線から開発した無添加・無農薬の「おかゆの缶詰」や、物流の混乱から餌の調達が危ぶまれた「ほろほろ鳥の燻製丸」など、一つ一つに被災者である生産者の思いが込められた商品ばかりだ。 【発売日】発売中〜8月31日(木) 【URL】http://www.pika1.tv/pikaichiba/

浜名湖を一望できる国民宿舎

未来のエネルギーをどうするのか?

2011.06.20Vol.514スポーツ
 瀬戸内海に浮かぶ祝島の人々の約30年に及ぶ原発反対運動と、脱原子力エネルギーを推進するスウェーデンの人々を描き、多くの共感を呼んできた『ミツバチの羽音と地球の回転』の上映会と鎌仲ひとみ監督のトークショーが開催される。今だから考えなければならないエネルギー問題。ここに未来を変えるためのヒントが描かれている。 【上映日時】6月30日(木)、7月1日(金) 9時45分〜12時(映画)・12〜12時30分(講演)/13時45分〜14時15分(講演)・14時15分〜16時30分(映画) 【会場】アートフォーラムあざみ野 【料金】1500円(前売1300円) 【問い合わせ】オーガニックカフェソワ TEL:045-904-1286 【URL】http://azaminobunbun.blogspot.com

Copyrighted Image