10周年の三代目 J SOUL BROTHERS、結成日に一夜限りのスペシャルライブ開催

2020.10.20 Vol.Web Original

 10周年を迎える三代目 J SOUL BROTHERSがグループ結成日の11月10日に、一夜限りのスペシャルライブ「三代目JSB 10周年記念 LIVE×ONLINE“JSB HISTORY”」を開催する。  今回のライブについて、NAOTOは、「三代目としての10年間の歴史をLIVEパフォーマンスを通じて皆さまに楽しんでいただきたいと思います!10周年というメモリアルな日に新しいエンタテインメントを表現できるので、一緒に楽しみましょう!」。  小林直己も「これまでの感謝の気持ちを込め、「JSB HISTORY」という一日限定のオンラインライブを行います。一緒に素敵な時間を過ごしていただけたらうれしいです」と、コメントを寄せている。  ライブは、共に歩んできたメンバー7人の想いや、10年間の思い出がたっぷりと詰まった一夜限りの特別なオンラインライブになることは間違いなさそうだ。  ライブは、LDHによる新しいライブエンタテインメントとして展開している有料配信ライブ「LIVE×ONLINE」で開催。また、「ABEMA PPV ONLINE LIVE」で世界同時配信される。  ライブに先立ち、11月9日に、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEが出演し、事前番組『三代目JSB 10周年記念LIVE"JSB HISTORY"-前夜祭SP-』(ABEMASPECIALチャンネル、23時から)を放送する。  各メンバーコメントは以下の通り。

EXILE MAKIDAIが第一子誕生を報告

2020.10.16 Vol.Web Original

 EXILE MAKIDAIが16日、第一子の誕生を報告した。  EXILEの公式モバイルサイト「EXILE Mobile」に「いつも応援してくださる皆様へ」として、「私事で恐縮ですが、昨日、無事に第一子となる男児が誕生したことをご報告させて頂きます。お陰様で母子共に健康です。」。  さらに「日頃から支えてくださっている皆さまへの感謝の気持ちを忘れず、幸せな家庭を築いていきたいと思います。そして、少しでも皆様に喜んでいただける事を発信し続けていきたいと思います。」としている。  EXILE MAKIDAIは2018年に一般女性と結婚した。 「EXILE Mobile」によせたメッセージは以下の通り。

サーフィンの小川直久がプロショート部門でファイナルDAY進出

2020.10.15 Vol.Web Original

 サーフィンの国内トップカテゴリーの大会、JPSAジャパンプロサーファーツアー2020特別戦「さわかみ チャレンジシリーズ 鴨川」のプロショート部門で15日、小川直久(48)が16日のファイナルDAYに進出した。  コロナ渦で開催された国内初のトップカテゴリーの大会。ラウンド2では、弟の幸男(35)と対決して勝利、ラウンド3に進出した。小川は1位通過を果たして最終日へ挑む。  小川は「激戦組であったり、弟との対戦でもありましたが、余計なことは考えず、いつもの今できることを集中して挑めたのが良かったと思います。明日は今日よりも波も高そうなので、今日のように気張らずに目の前のことに集中して挑みたい」とコメントしている。  小川は1987年に全日本選手権ボーイズクラス優勝から始まり、30年以上、第一線で活躍しているサーファー。2001年にはハワイオアフ島で毎年行われている「パイプラインマスターズ」で日本初のパーフェクト10(満点)を記録するなど、キャリアを通して、数多くのタイトルを奪取し、日本サーフィン界のカリスマとされている。    日本プロサーフィン連盟(JPSA)の今季国内ツアーが新型コロナウイルスの影響で全て中止されたため、今大会は特別戦となった。東京五輪の出場権の獲得を視野に入れた総勢180名のプロサーファーが参加した。プロショート部門には85名がエントリーし、小川はそのなかでも最年長の参加者だった。    小川はJPSAの副理事長も務めている。 「サーフィンがオリンピック種目になった事でメジャースポーツの仲間入りできた事が最高にうれしいです。できれば選手として参加したかったですが、今回のオリンピックでは叶わなかったので、代表選手に選ばれた選手を応援したいです」と、コメントを寄せた。  最終日模様はABEMAで6時30分から完全生配信される。

DOBERMAN INFINITYが12月に新曲!SWAYとKAZUKIがコンビを組んだ楽曲も収録

2020.10.14 Vol.Web Original

ヒップホップグループのDOBERMAN INFINITYがニューシングル「6 -Six-」をリリースする。発売日は12月2日。   シングルには表題曲の「6 -Six-」を含む3曲を収録。「SO WHAT」と、SWAYとKAZUKIのコンビで制作した「DESTINY -S.O.L- feat. SWAY, KAZUKI」で、2人がタッグを組むのはグルーブが結成してから初めて。  表題曲の「6 -Six-」は仲間の大切さを表現した楽曲。 固い絆でつながる者同士の家族とはまた違う自分の居場所のような安心感を表現している。「SO WHAT」は世の中に存在する “負” に対して「だからなんだよ?」と一蹴する彼ら流のストレス解消ソングだ。 「DESTINY -S.O.L- feat. SWAY, KAZUKI」はセクシーなR&Bナンバーで、SWAYのRAPとKAZUKIのボーカルが重なり、溶けるような世界を表現しているという。SWAYとKAZUKIは、11月21日にオンラインライブ「 DESTINY -S.O.L-」を開催することが決定している。

杉良太郎、ストリートダンスで日本を健康に!「FIDA JAPAN」の名誉会長に就任

2020.10.14 Vol.Web Original

 杉良太郎が日本発のダンスにおける国際連盟組織を目指している「FIDA JAPAN」の名誉会長に就任、14日、都内で記者会見した。  就任のあいさつで、杉は、厚生労働省の健康行政として「FIDA JAPAN」内に新設したダンスと健康をつなげるプロジェクト「ダンス健康倶楽部」について紹介しながら今後の取り組みについて説明。まずは65歳以上を対象にヒップホップのダンスチームを全国47都道府県にそれぞれ1チーム結成する。各都道府県の市町村や加盟ダンススタジオと連携して進めていく。すでにいくつかの県で進行中で、「来年4月ぐらいまでには3チームほど発表できればと思い準備を進めている」(神田勘太朗FIDA JAPAN会長)。その後は、ダンスコンテストを行ったり、祭りやディスコイベントなどを開催、また若いダンサーたちとコラボして交流することなども考えているという。  杉は「元気で頑張っているのを見た高齢者の方々が自分たちも体を動かせば健康になるかなって、お医者さんにかからない薬を飲まないという健康状態に向かっていったらいいなと考えています」。  日本におけるストリートダンス人口が爆発的に増加しているなかで、ストリートダンスに取り組む高齢者も増えている。神田会長によれば、ダンススタジオに通う高齢者も年々多くなっているそうで「お孫さんがダンスを始めて見に来るようになって、興味が出て、自分もやれるのかと始めていらっしゃる」。  杉は日本では祭りでエネルギーを発散して来たとし「エネルギーを発散しないと気が弱ってしまう。発散することは必要」だという。「何十万も何百万人にヒップホップ(ダンス)をお願いしますということではなく、受け皿としてこの協会がある。ひとりでジョギングや散歩もいいけど、大勢で発散していくのもまたいいもの。自分たちのパフォ―マンスを見てもらえるという快感も出てくる」と、アピールした。 「FIDA JAPAN」は日本発のダンスにおける国際連盟組織を目指す一般社団法人。現在は「日本から世界へ、ダンスで切り開く国際交流と社会貢献」をテーマに、国際交流、プロリーグ等の規約制定、ダンスにおける著作権関連、社会貢献、ダンスマーケットの仕組み作りなどを行っている。

佐野玲於、佐藤大樹らJr.EXILEのメンバーで『もう一度君と踊りたい』3・4日にオンラインで上演

2020.10.03 Vol.Web Original

 GENERATIONSの佐野玲於やFANTASTICSの佐藤大樹らが出演する朗読劇「BOOK ACT」が、3日と4日の2日間、オンラインで上演される。佐野、佐藤のほか、GENERATIONSの関口メンディー、THE RAMPAGEの岩谷翔吾、浦川翔平、藤原樹、長谷川慎、FANTASTICSの澤本夏輝、瀬口黎弥、木村慧人ら、Jr.EXILEのグループのメンバー総勢10名が、2組に分かれ公演する。  上演するのは、完全オリジナル作品『もう一度君と踊りたい』。トップダンサーになることを夢見る5人の青年の友情や夢の狭間で揺れ動く心情を描いた青春感動ストーリーで、実際にダンスを披露するシーンは、普段見ることのできない組み合わせでのパフォーマンスであることから見どころのひとつとされている。脚本・演出は、鈴乃音、鈴木おさむ。  終演後にはアフタートークの生配信も予定している。チケットは各公演先着1万枚の限定販売。24時間限定でアーカイブ配信もある。 「BOOK ACT」は、LDHが2019年にスタートした新たな形の朗読劇。これまで鈴木おさむによる『芸人交換日記』のほか、『ヒーローよ安らかに眠れ』などを上演している。今回上演される『もう一度君と踊りたい』は2019年9月に初公演が行われ、今年2月には「LDH PERFECT YEAR 2020」の演目として上演されている。

【プレゼント】FANTASTICS サイン入りチェキを2名様に!

2020.10.02 Vol.Web Original
 先ごろニューシングル『Winding Road~未来へ~』をリリースしたFANTASTICS from EXILE。さわやかで洗練されたサウンドやメロディーに際限なく広がるポジティブな未来へのメッセージが込められた曲で、FANTASTICSの持ち味を最大限に生かしている楽曲です。
【インタビュー】FANTASTICS、新曲『Winding Road~未来へ~』で聞かせる広がるミライ
  10月8日にはFANTASTICSで主演するドラマ『マネキン・ナイト・フィーバー』(日テレなど)の放送もスタート。今後のFANTASTICSの活躍からも目が離せません!

EXILEデビュー日にEXILE TRIBEがプレミアムライブ!TAKAHIRO「最高の時間を過ごせて、本当に幸せ」

2020.09.28 Vol.Web Original
 EXILEがデビューした9月27日に、EXILE TRIBEがEXILEを歌って踊る一夜限りのプレミアム配信ライブ「EXILE TRAIN」が開催された。ライブには、EXILE TAKAHIRO、EXILE THE SECOND、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE(以下、THE RAMPAGE)、FANTASTICS from EXILE TRIBE(以下、FANASTICS)、BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE(以下、BALLISTIK BOYZ)が出演。さらに、EXILE NAOTO、小林直己、岩田剛典も加わり、この日限りのスペシャルな演出によるEXILEの名曲で、オーディエンスとともに、EXILEの楽曲で盛り上がった。  

LDH、2021のテーマは「RISING SUN TO THE WORLD」! 元旦に同名のマキシシングルリリース

2020.09.28 Vol.Web Original

 LDHは27日、2021年の活動のテーマとして「RISING SUN TO THE WORLD」を掲げると発表した。発表は同日行われていた有料配信ライブ『LIVE×ONLINE IMAGINATION』の追加公演「EXILE TRAIN」で発表した。2021年1月1日にはEXILE TRIBEがマキシシングル『RISING SUN TO THE WORLD』をリリース、ライブ開催を予定している。AKIRAは「EXILE TRIBEチーム一丸となって、今年できなかった分めちゃくちゃ盛り上げて、突っ走っていきたい」と、来年に向け意気込んだ。  LDHは2020年、「LDH PERFECT YEAR2020」を掲げ、所属するアーティストや俳優、モデルなどがさまざまな形式のライブ公演を行う計画だったが、新型コロナウイルスの影響で、計画していたライブの多くが中止になっている。

【インタビュー】映画『小説の神様 君としか描けない物語』で見せる、新しい佐藤大樹!

2020.09.28 Vol.730
 売れない底辺作家の男子高校生と、今をときめく人気作家の女子高生、何もかもが正反対の2人が協力して大ベストセラーに挑む! 相沢沙呼の大ヒット小説『小説の神様』を、EXILE/FANTASTICSの佐藤大樹とトップ女優・橋本環奈のW主演で映画化!

E-girlsらがオンラインライブ! EXILE楽曲もカバー 【LIVE × ONLINE】第2弾

2020.09.26 Vol.Web Original

 オンラインならではの演出や映像を体験できる有料配信ライブ『LIVE×ONLINE IMAGINATION』の第7夜となる9月25日、E-girls、スダンナユズユリー、そしてHappinessの3組がライブパフォーマンスした

Copyrighted Image